NCM_6454
HITIDE TZ(ハイタイド)の発表は大きな反響いただきました。

ありがとうございます。

最終の調整にはいっていますからどうぞ楽しみにしていてください。

そんな期待の溢れる秋ではございますが

ムーンウォーカーとの違いは?

というお問い合わせもいただくようになっています。

確かに迷わせてしまいますね。申し訳ありません。

今回は、ちょっとそこについて書いてみます。


ムーンウォーカーのご説明を・・・

「素材の良さ」「デザイン」「バランス」「良いものを手軽に!=プライス」

当時、自分達ができる環境の中で(後先考えず)

全て盛り込む!ことをテーマにしたアイテムです。

チタンフレームSIC搭載

ストレートテーパー

4軸補強など肉厚感とトルク

を売りにしたロッドです。

その評価は今も変わらず、販売本数を見てもコンスタントに売れ続けています。

当時の我々にとって「チャレンジアイテム!」でリリースされたはずの

チタンシーバスロッドが「定番」になった証ともいえます。

プライスとスペックのアンバランスなところもウケた理由ですね。

頑張りましたから。

今だ店頭に並び続け、その後次々とリリースされた

同クラスと比較していただいても、その実力はいまだ衰えていないと思います。

ムーンウォーカーはサーフや磯も意識し、シーバスだけでなく青物まで

耐える余力と少々ラフに扱える手軽さがウケており日本国内のみならず

海外でも受け入れられております。

そんな中で「さらに!」を求めたハイタイドTZの登場です。

カンタンに言いますと「よりシーバス!」というイメージで開発しています。

ハイタイドTZはキャストのブレや戻りの早さを引き出すためにブランクには

高弾性を採用しました。

チタンフレーム&トルザイトリングガイド搭載するなど

ブランクだけでなくガイドやメタルパーツも

贅沢に良い素材だけを集め組み上げたものです。


トルザイトの軽さは、単なるガイドの載せ換えではなく

新規で起したブランクのレスポンスをさらに引き出す設定になっています。

金属フィーリング(HITIDE TZ)

と、

トルクフィーリング(MOONWALKER)

の差
とでもいいますか・・・

チタンモデルといえど。開発テーマも少し違いますね。

ハイタイドはシーバスのメッカ

東京湾、日本海のアングラーに協力いただきテストを続けてきました。

魚も沢山釣ってくれていましたよ。

・闇夜で振り続ける中で拾える情報量(感度)

・ウェーディング中でのトラブルの少ないセッティング

私の想像枠を越えた要求もありまして。

同じ動作で釣りこんでいる人達ならではの要求をクリアしていきました。

スペック表だけではわからない”そのフィーリング”を

贅沢な響きを。

店頭やイベント、そしてフィールドでぜひ体感していただきたいおすすめロッドです。

と、いうことで

磯や堤防、青物までのラフな使用を考えるならムーンウォーカー。

感度、キャスタビリティーなどよりテクニカルにシーバスを意識していくならHITIDE TZ。

の使い分けになるでしょう。

道具は使い分けですからね。

皆さんにの環境にあわせた道具選びでテイルウォークを酷使(笑)していただけたら幸いです。

Nakachaaan!