tailwalkテスター、古家達郎です。

今回は、テイルウォークのスローピッチジャークロッド


スローバンプTZSaltyShape DASH SPJ


この2機種の使い分けについて解説させて頂きたいと思います。


・スローバンプTZ 

SSDよりも、価格差?もありしなやかさと軽さがワンランク上に仕上がっています。

ガイドと表面塗装を簡素化しているので感度もかなりアップ。

深場での繊細なアタリやラインのフケ具合もわかりやすいです。

しなやかに竿が入る分、オーバル形状のフォールに特化したジグの扱いにも対応します。

若干、先調子なのでセミロングタイプも使いやすいですね。

 

・SaltyShape DASH SPJ

竿を曲げ込まないと反発が生まれ無いため、しゃくりで曲げ込む必要もありますが

ジグを動かす際のパワー入力でクイックに力を入れれば勝手に曲がって強めの反発でしっかり返ってくれます。

逆に言うと他社のモノよりも固くて先調子だから曲げるのにコツが必要とも言えます。

反発の返り方はスローバンプTZよりも強いというかトルクがある感じで、

ロング、セミロングのスローピッチで狙う青物、大型根魚への誘いに向いていますね。

ショートジグでスライドを得意とするジグにも相性が良いです。


総合すると、

ジグを飛ばす、誘いを強めにしたい、水深が深い(100m以深)場合はSaltyShape DASH SPJ、

近海から深場まで多種多様なジグの扱いが必要な時、フォール系も使う時、細糸を使った繊細な釣り方の時は

スローバンプTZと使い分けます。

 

また、SaltyShape DASH SPJはタフで反発が強いので鹿児島や伊豆大島あたりの太平洋側で水深のある海域の大型魚がいるエリアにはうってつけですね。

そしてスローバンプTZは、北部九州や日本海の近海全般に使いやすいといえます。

20171102_huruya_001


是非ロッド選びの参考にしてみてください。