テイルウォーカーの長倉です。


今季の沼津エリアのタチウオは、水面直下まで浮いてくることが多いです。

夜釣りで船の灯りに小魚やイカが集まり、それをタチウオが捕食するシーンも見かけます。

 

20191022_nagakura_tachiuo_001

ワインドなどでは比較的容易に釣れます。

私は今はメタルジグで攻略することに拘っているので、強引な手法で攻略します。

 

30g程度の小型のジグを水面直下でリフト&フォールやタダ巻き。

灯りが届かない暗い場所までキッチリと投げ込むことが重要です。

ミスバイトやバラシが多い釣りですが、食う魚がいれば勝負が早い。


20191022_nagakura_tachiuo_002

今回メインで使用したロッドは、

tailwalk SALTYSHAPE DASH SLJ S6500/FSL

 

タチウオがジグを咥えたときに、「クッ」と入るティップが気持ちいい。

そのままワインドもできちゃうので、1本あると便利です。

 

 

【水面用タックル】

ロッド : tailwalk SALTYSHAPE DASH SLJS6500/FSL

リール : C5000

ライン : PE 0.8

リーダー : フロロ4号&14

ジグ:3060gのヒラヒラ系