テイルウォーカーの新潟の加藤です。

前回は浮いた青物.真鯛狙いで遊んだので今回は"アラ"に的を絞った"アラ"エビングを
楽しんできました。

20200311_katou_ebing_madai_tai_003

20200311_katou_ebing_madai_tai_002

水深は120m前後、ボトムから1m以内を1/4ピッチ又は1/8ジャークでネチネチと攻め、
アラとカレイ。ジグが真下のボトムに突き刺さる程、潮が無い状態でも誘いで食わす事ができました。

今回もタックルは使い慣れた【SLOW BUMP TZ 635】と【ELAN SUPER WIDEPWOER】の
組み合わせ。

"使い慣れたタックル"だからこそ、その日の状況に合わせた誘いができたと考えられます。

しばらく低水温.アミの偏食でジグに反応しにくい状況が続くかと思われますが
マッチ・ザ・ベイトを演出できる"エビング"を試してみてはいかがでしょうか?

20200311_katou_ebing_madai_tai_001

お持ちのスロージギングタックルを、そのまま併用可能です。
反応があるのに食わない…そんな時の1手になりますように。