デリーケートゾーンの黒ずみを改善する成分の選び方と効果を実感するまでの期間は?



①メラニン生成抑制
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、カミツレエキス、トラネキサム酸
②メラニンの排泄を促進
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス
③メラニンを還元して白くする
ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体
3つすべての効果がある万能成分。ほかにも、皮脂分泌抑制、抗酸化作用、コラーゲン生成促進あり。数ある中で化粧品に多く配合されるのは、アスコルビルリン酸Mg

人によって成分の効き目は変わります。
ベースになっているものの浸透具合も人によって違います。
プラセンタで明るい肌になったという人のいれば、アルブチンで肌トーンが上がったという人もいます。成分だけの話ではなく、処方などいろいろな要素がうまく働き効果が出ています。
自分に合うものを探すことが重要。

プラセンタは肌全体を元気にし細胞が生き生きし、緩やかな美白作用あり
若いころからアンチエイジング世代までずっと使いたい成分
ビタミンC誘導体はアスコルビル型は避ける
なぜ?
アルブチンは美白だけ
アルブチンを使うならビタミンCを使う方がいい
トラネキサム酸は肝斑に有効な成分

◆プラセンタとビタミンCの違い

どちらも美白に効果的だが効き方が違う
プラセンタ
肌の奥から新しい細胞を押し出して肌を再生する効果が強く、
シミが奥から肌の表面に押し出されるので、シミが濃くなるように見える人もいるようです。
シミが完全に肌から消えるまでにちょっと時間がかかるようです
でも肌を再生する能力が高いので、つかれた肌が生き生きとしてきてハリが出てきます




乳首やデリケートゾーンの黒ずみを改善するための方法には、

黒ずみの度合いなどに応じて2つの方法があります。


(1)黒ずみの濃い人

美容皮膚科や美容クリニックでのハイドロキノン、トレチノイン治療・レーザー治療

どちらも1カ月~3か月で効果が表れます。


a)ハイドロキノン、トレチノイン治療

ハイドロキノン、トレチノイン治療は、メラニン抑制とターンオーバーを促す塗り薬で、

刺激は伴いますが、市販の美白クリームの60倍~100倍の効果があります。


b)レーザー治療

レーザー治療は、メラニン色素はレーザーで破壊するので、最も効果の高い方法です。

現在のレーザー治療は安全性が高くなっているので、乳首が斑になるようなことはありません。



(2)軽度~中度の黒ずみの人

厚生労働省が美白効果を認めた成分を配合したデリケートゾーン専用の美白クリーム[医薬部外品]


デリケートゾーンに使っても副作用が少ない成分は、

主なものに、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタ、アルブチンなどがあります。


乳首などは他の場所と比べてターンオーバーが遅く、

クリームの成分の反応もクリニック治療に比べて遅いので、解消までに時間がかかります。


目に見えて実感するのは、約3か月~1年と思ったほうがいいと思います。

モチベーションを維持するためには、一ヶ月ごとに写真をとっておいて比較するのがいいと思います。


基本的に、どの成分も黒ずみのもとになるメラニンの生成を予防して、

新陳代謝(ターンオーバー)(20代で28日周期、加齢により遅くなる)によって、

徐々に今の黒ずみをはがしていく仕組みなので、時間がかかることは覚悟した方がいいと思います。


ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタ、アルブチンのどの成分を配合されたクリームも、

医薬部外品で効果が承認されている成分なので、

乳首の効果を改善していく効果はほとんど同じだと思っていいと思います。



それぞれの成分が配合された評判のいいクリームの口コミを調べてみても、

効果についてはほとんど同じで、効果があった(感じている)という人が約80%くらい、

効果がなかったという人が約20%くらいという感じですね。




効果がなかったという約20%の人の口コミを分析してみると、

すぐに効果が出ると勘違いしている人(1カ月使ったけど効果がないと言ってる人)も多いので、

3か月以上使っても効果がなかったという人は、約10%位だと思います。



考えられる主な原因は3つだと思います。

①配合されている成分が体質に合っていない

②ターンオーバー(新陳代謝)が乱れていて、角質が剥がれ落ちにくくなっている。




配合されている成分が体質に合っていない場合は、残念ですが、

違う成分が配合されたクリームを試してみるしかないと思いますね。



ターンオーバーが乱れている場合は、ターンオーバーを正常化しないといけないので、

ストレスや生活習慣や喫煙などを見直さないといけないですね。




それぞれの有効成分の特徴をまとめましたので、

クリームを選ぶ時の参考にしてみて下さい。


成分を選ぶポイント

・敏感肌、乾燥肌=トラネキサム酸+コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド

・一般肌=ビタミンC誘導体+アルブチン+コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド

・ターンオーバー&美肌=プラセンタエキス+コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド




メラニン生成を抑制する効果は、トラネキサム酸>アルブチン>リン酸Lアスコルビル




ビタミンC誘導体

敏感肌、乾燥肌の人は注意が必要!

少数ですが肌荒れがあったという口コミがあります。


肌の奥まで浸透するのでメラニンの生成抑制効果が高い

また、今の黒ずみを薄くする作用、ターンオーバーを改善する作用もあります。

少し刺激があり、配合されたクリームの口コミを見ると、

少数ですが肌荒れがあったという口コミがあります。

デリーケートゾーンに使える成分としては、優秀な成分だと思います。



トラネキサム酸

敏感肌、乾燥肌の人でも安心して使えます。

肌と同じアミノ酸の一種なので、デリーケートゾーンに使える成分の中では一番やさしい成分です。


メラニン色素の生成を抑制する作用、炎症を抑える作用があります。

肌と同じアミノ酸の一種なので、デリーケートゾーンに使える成分の中では一番やさしい成分です。

メラニン色素を抑制する力の強い成分



プラセンタエキス

ターンオーバーの正常化や肌を美しくするのには最適。

メラニン色素の生成を抑制する作用がありますが、他の成分と比べると、

黒ずみ改善としては力不足の感は否めません。


プラセンタエキスの最大の特徴は、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する働きが大きいことです。

古い角質がはがれやすくなるので、今の黒ずみがはがれやすくなりますね。

また、プラセンタエキスには、コラーゲンやヒアルロン酸が多く含まれているので、

肌を美しくすることができます。




アルブチン

ビタミンCと併用すると効果が高まります。


メラニン色素の生成を抑制する、安全性の高い成分です。

ビタミンCと併用すると効果が高まります。



有効成分と同じくらい、

ターンオーバーを改善するには保湿成分が重要です。




デリケートゾーンの黒ずみを改善するには、肌のバリア機能、ターンオーバーの正常化

が重要です。

そのためには、効果の高い保湿成分を含んだクリームを選ぶのが言いと思います。

保湿効果が高い成分には、肌に水分、油分を与えて保持する、

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド(敏感肌向き)などが配合されたものがいいですね。



特に敏感肌の人は、

角質層の水分(半分がセラミド)量が減っていて、皮膚のバリア機能が弱まっている状態なので、

角質層の水分量を補うセラミドが配合されたものがおすすめです




また、肌のバリア機能が低下すると、コラーゲンやヒアルロン酸の減少につながるので、

コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものがおすすめです。

より健やかで弾力のある肌を取り戻せます。


美白クリームとは、保湿をしながら美白効果を得られる美白化粧品です


敏感肌、乾燥肌におすすめの有効成分「トラネキサム酸」配合の

デリケートゾーン専用美白クリームは?



トラネキサム酸配合のデリケートゾーンの黒ずみ改善クリームは、

たくさん発売されています。


これは、女性の8割以上が敏感肌の自覚があるということなので、

敏感肌の人が多いからなんですね。


自分の肌が敏感ではないという人は2割くらいしかいないですね。


トラネキサム酸は、肌と同じアミノ酸の一種なので、

デリーケートゾーンに使える成分の中では一番やさしい成分なので、


敏感肌、乾燥肌の人でも安心して使えますね。


トラネキサム酸配合のクリームの価格を比べてみると、保湿成分や美白成分の

配合量で価格が高くなっていきます。


トラネキサム酸配合のデリケートゾーン専用クリームを価格で安い順番に並べてみました。

効果を感じるのがおおむね3か月なので、定期コースの3回の料金です。


1.ホワイトディープクリアジェル 13740円

炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kは配合されていますが、保湿成分は少ない感じがします。

ディープクリアジェル500

有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸2K
グリチルリチン酸は、お肌をきれいに整える効果があり、
お肌の正常なターンオーバーをサポート、
すでにできたメラニンも古い細胞と一緒に減りやすくなります

他、アルピニアカツマダイ種子エキス、カミツレ花エキス、ゆずセラミドなどの植物成分が
デリケートな場所をやさしくケアします
これら成分の総合効果でデリケートゾーンがケアされ、黒ずみが解消されていく








2.イビサクリーム 14482円

グリチルサンリチン酸2Kと、保湿成分ではヒアルロン酸が配合されています。

イビサクリーム天地300

トラネキサム酸、
色素沈着の原因を防ぐグリチル酸2K
保湿成分 ヒアルロン酸などの保湿成分













3.ビアネージュ  14191円

浸透力の高い保湿成分スクワランとセラミドが配合されています。

ビアネージュ500


シークレットレディービアネージュ













4.ホスピピュア  17820円

スクワランとシアバターで表面をコーティングして長時間保湿できるように

設計されています。

その他の美白成分の配合数が多いですね。


ホスピピュアが医者が監修している、湘南美容外科は信用できる

最大の特徴

美容クリニックとして名高い湘南美容外科が皮膚科の専門医とともに開発したクリーム

黒ずみの原因となるメラニンを抑制するトラネキサム酸配合

メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑える

黒ずみ解消のために意外と重要なのが保湿対策

メラニンの色素沈着を解消するためには、しっかり保湿してお肌の生まれ変わりである

ターンオーバーがスムーズに行くようにケアすることが重要

ホスピピュアには、スクワラン、シアバターが含まれ、しっとりとした肌に導く

脱色剤や人工的に作られた成分は一切配合せず、

天然の成分で肌に優しい処方なので、

敏感肌やデリケートな肌質の人にも安心して使うことができる

一時的ではなく、持続する効果に効果に定評があり、

本気で黒ずみの解消を目指している人にオススメの乳首ケア専用クリーム

敏感肌の人でも安心して使えるように厳選して成分を選んでいる



白色のクリームで状で伸びがよく保湿力が高い、伸びがよく潤う

競争率が激しい楽天でも1位の人気

モンドセレクション受賞、商品の品質が認められた証

ホスピピュアを使えば、一生黒ずみなしのバスとトップで要られますよ♪


ホスピピュア500



5.ヴィエルホワイト 5回縛りになるので25760円(3回だと14310円)

ヒアルロン酸、コラーゲンが配合されています。

ヴィエルホワイト500

特徴
全成分の浸透力を高める「リポソーム化」、有効成分を効率的に浸透
リン脂質には肌の水分、脂分療法になじむ特性
かゆみやニオイケアにも

ビタミンCの270倍あるといわれるカンゾウはエキスをリポソーム化で包み込み
リポソーム化されたカンゾウは低分子で肌へのなじみよく、
角質層の隅々まで密着浸透

ターンオーバー正常化、保湿成分、ヒアルロン酸、セラミド3など

軽度中殿黒ずみで、1-3kagetu ,
2-4ヶ月、半年ー1年


















ビタミンC誘導体+プラセンタ配合

ホワイトラグジュアリープレミアム


極度の敏感肌でなければ、黒ずみ予防と還元効果もあるビタミンC誘導体と

ターンオーバー促進効果が高いプラセンタが配合され、

保湿成分もヒアルロン酸、プラセンタ、セラミドが配合されている

黒ずみ予防改善効果の高いクリームです。


美白に効果が高いといわれる3種類のビタミンCを独自処方「スーパーVCT」で、

肌の表面から基底層まで浸透させ、通常では届かない肌の奥までしっかりアプローチ。

肌に潤いをもたらし、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促すことで、

メラニン色素を排出する働きを助けます。

肌の奥までとどまった黒ずみの予備軍にも効き、続けていくうちにどんどん黒ずみが解消し、

ナチュラルな色に変化していくのを実感することができます。

アルコール、着色料、鉱物油など肌に刺激を与えるものは一切含まれていない安心の処方で

どなたでも安心して使用することができます。


肌の奥から黒ずみを解消することができるだけでなく、

美肌効果の高いビタミンCでハリやツヤのある肌を目指すこともでき

魅力的な美肌を作るためのサポート役として頼もしい乳首専用クリームです



美白成分と保湿成分が7種類配合

ホスピピュアに成分数は劣りますが、美白効果の高い成分が配合されています


白色のクリーム状でホスピピュアよりも柔らかく伸びがいい

ホスピピュアと比べると保湿力は劣りますが、やわらかく塗り心地がいいといわれます


美容成分で有名なビタミンCですが、普通では絶対に肌の奥深くまで浸透することは不可能です

それを可能にするために独自処方したスーパーVCTが、肌奥深くまで届き黒ずみを取り除きます

ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンと美容成分の核ともいえる成分が

ぎっしり入っているのでつやのあるバスとトップに。


多くのメディアにしょうかいされ信頼度も知名度も高い。
ホワイトラグジュアリープレミアム500


水溶プラセンタエキス配合

ピンキッシュボーテ


黒ずみ予防とすると、他の有効成分と比べると実力不足です。

有効成分水溶性プラセンタ、保湿成分はヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンが配合されていて

充実しています。

ただし、ターンオーバーに重きをおいて古い角質をはがれやすくして、

コラーゲンなどが肌を美しくしてくれます。

ピンキッシュボーテ500

ピンキッシュボーテ

ポイント
黒ずみ乳首の原因になる摩擦から守る
黒ずみを引き起こす炎症から肌を守る
うるおいを守ってターンオーバーを正常化

美白成分 水溶性プラセンタ
色素沈着抑制作用 ビサボロール
チロシナーゼ抑制作用 加水分解コメヌカエキス
→メラニンの生成を抑制し透明美肌へ導く


炎症ケア グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用、抗アレルギー作用
→肌荒れを防ぐ


うるおいケア
トリプルヒアルロン酸、トレハロース


お肌の潤いを守る
セラミド


大きなポイント
成分ナノ化 
成分を独自技術でナノカプセルに閉じ込め、角質層まで浸透させる

お肌にハリ
ヒメフウロエキス、水溶性コラーゲン

医薬部外品
有効成分
水溶性プラセンタエキス
グリチル酸2K








美白成分について


すでにできてしまったシミを薄くする
エナジーシグナルAMP


シミを予防する
アルプチン、トラネキサム酸


シミ予防+シミを薄くする
ビタミンC誘導体


漂白効果
ハイドロキノン



美白クリームと保湿



乳首が黒ずんでしまうのは、

外からに刺激から肌を守るため、メラニンが生成されます。



そのメラニン色素が含まれた角質は、

ターンオーバーという肌が生まれ変わる周期がくれば、

古い角質が剥がれ落ちて、元の色に戻ります。



しかし、メラニンが過剰に作られて皮膚にとどまってしまうと、

黒いままになってしまいます。



これが色素沈着ですね。



妊娠や出産でのホルモンバランスの変化で黒ずみになってしまうこともあります。


ホルモンバランスが崩れてメラニン色素が増えると、

乳首の色も黒くなってしまいます。


授乳の刺激も黒ずみの原因になりますね。


ただ一時的に乳首が黒くなってしまっても、

ターンオーバーでキチンと排出されれば、色は元に戻ります。



不規則な生活もホルモンバランスが崩れ、

黒ずみができやすくなります。



ターンオーバーの速度は、個人差はありますが、約28日~56日

加齢により遅くなる。

肌がくすむ、しみが増えた、濃くなったなどの症状が現れたら、

ターンオーバーの機能が低下しているサイン。




ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因になる。


遅い場合は、角質がたまり、黒ずみになってしまう。

早い場合は、未熟な細胞のまま表面に上がりごわごわしてる状態なので、

水分を保持することが難しく、乾燥しがちです。



ターンオーバーを正常化するには?

・毎日の生活習慣見直し

食事、睡眠、運動、飲酒、喫煙、ストレス



・ターンオーバーにおすすめの成分

ターンオーバーに欠かせないセラミド
ターンオーバーを正常に行うためには、お肌の保湿が欠かせません。
角質層の約80%の水分保持力のある細胞間脂質の主成分であるセラミドは、
お肌に必要な潤いをしっかりと保つことができます。
お肌が潤うことによって、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーもスムーズに進みます


ヨーグルトエキス
ターンオーバー促進効果


プロテオグリカン
お肌の細胞の新陳代謝を促進


スクワラン
天然の保湿剤に近い成分で、保湿効果が高く、肌のバリア機能を高める


プラセンタ
豊富に含まれるアミン酸は細胞を作り出す原料のため、
新しいお肌の細胞を作りだし、ターンオーバーを促進します。



コラーゲン
角質の潤いをしっかり保持、みずみずしさを保ちます


ヒアルロン酸
皮膚の水分を保持し、潤いを保ちます


ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)

ヒアルロン酸

レチノール

プラセンタエキス

グリセリン
  
カモミラエキス

ユズセラミド

ペンチレングリコール

アルギニン

ダイズエキス

ウメ果実エキス

シロキクラゲ







乳首をピンクにするクリームを選ぶときのポイント


乳首の黒ずみを薄くしていく仕組み

新しくできる黒ずみの予防+ターンオーバーによる今の黒ずみをはがしていく

・予防成分
・ターンオーバー促進成分

※おすすめ配合成分
黒ずみ改善に効果が高い
予防+還元+ターンオーバー促進 ビタミンC誘導体、プラセンタ ヒアルロン酸、コラーゲン
ちょっと刺激を感じる人が要る、保存に注意


予防効果が高くて、肌に優しい
一番肌に優しく使える
トラネキサム酸

ターンオーバー重視、美肌効果重視
プラセンタ















美白が効く人は肌が潤っていて代謝が良くターンオーバーがと整っています

肌が健全であること
健康な肌とは
バリア機能が高くメラニンの排出をスムーズに促すのでシミになりにくい

まずこっち


②そのうえで自分の肌タイプに合った美白成分でケア選び方

参考に

見分け方
・紫外線を浴びたときに赤くなって黒くなりにくい人 
メラニン色素が少ないので赤くなりやすい
抗炎症効果のあるトラネキサム酸


・赤くなって黒くなるタイプ ビタミンC
日本人の肌質に最も多いタイプ
しわやたるみもできやすく、ケアしないと色素沈着しやすい



・赤くならずに黒くなるタイプ アルブチン、コウジ酸 チロシナーゼの活性を抑える
メラニン色素を多く持っている
赤くならない→シミになりやすい





美白クリームの選び方

基本は、保湿効果と美白効果を兼ね備えたクリーム

2種類
×1.肌を漂白する ハイドロキノン 敏感肌乾燥肌 刺激が強すぎて炎症さらなるダメージ
肌トラブルない人、即効性、クリニック、トレチノイン、ハイドロキノン

2.メラニンの生成を抑えるタイプがいい
トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体


保湿成分豊富
コラーゲン、ヒアルロン酸、敏感肌にはセラミド

低刺激で肌に優しい
香料着色料ぼうふざいあるk-るなどは負担になる

選ぶ時の注意
乾燥肌の人→ビタミンCは乾燥が進む

敏感肌、乾燥肌→肌と同じアミノ酸一種で肌に優しい「トラネキサム酸」
       →安全性が高いアルブチン


肌の種類
普通肌
脂性肌
顔が皮脂で脂ぎってべたついている皮脂の分泌が多い人
乾燥肌
肌がカサカサしている、肌表面の水分が蒸発しやすい、乾燥肌が進むと角質がどんどんはがれて皮膚のバリア機能が弱くなり敏感肌になる、敏感肌は感想を防ぐため脂分と水分のりゅほうを与え保湿力とバリアー機能を高める必要あり
混合肌(脂性乾燥肌)
脂性肌と乾燥肌の両方が存在
※アレルギー肌


乳首黒ずみ 刺激→外からの刺激が主な原因
乾燥
毎日の刺激、何らかの刺激をうけている
刺激の要因
お風呂、ボディタオルでギシギシ洗う
ブラなど下着による摩擦
上半身の血行不良
授乳時の摩擦
※乳首はバストの中でも一番高い位置にあり、外からの刺激を受けやすい箇所
※日々の刺激が積み重なっていつの間にか乳首がかさつく

 
保湿力の高い成分が配合された美白クリームを選ぶこと

湿気を保つこと
一番おすすめはセラミドが配合されたもの

※ターンオーバー低下でも減少
保湿力ランキング
人間の角質層にもともと存在する成分
1.セラミド 
最も効果の夜会成分、セラミドは角質細胞間脂質の40%しめる
肌の水分の80%を維持する最強の成分
安いものは少量の可能性あり、3000円羽状のものを
スフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロール、大豆レシチン
2位
ヒアルロン酸
コラーゲン

※真皮に存在売するコラーゲン事態増やすには、半永久的な真皮のコラーゲンが生成される
ピーリング、ビタミンC誘導体、レチノール配合

エラスチン、ヘパリン類似物質

3位中くらい
天然保湿因子NMF
PGグリセリン



炎症
グリチル酸2K(ジカリウム、2Kとも呼ばれる)

トラネキサム酸
人工的に生成されたアミノ酸の一種
・メラニン生成を抑える
・炎症を抑える
・抗アレルギー
・美白効果のある成分厚労省から承認


2018y11m29d_145812278

フラーレン
ビタミンCの125倍の抗酸化作用

メラノサイト
メラニンを産生する細胞、色素細胞

チロシナーゼ
メラニンにチロシナーゼ酵素が働き、黒メラニンに変化する
ちろしのーぜを抑制することで、黒色メラニンを防ぐことができる


活性酸素
刺激を受けると皮膚を守ろうとして活性酸素が多く発生
この活性酸素から細胞を守るため、メラニン色素が発生
これが黒ずみのもとになる

したがって活性酸素を止める抗酸化作用がシミの発生を防ぐうえで
重要になる


大量発生しやすい理由
強いストレス
喫煙
過度な飲酒
肥満
など


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ハイドロキノン誘導体
2016
白斑が生じた問題

トラネキサム酸
メラノサイトのメラニン生成を抑制
敏感肌に


ビタミンC誘導体(Lシステイン、アスコルビル酸)
抗酸化作用がメラニン生成を抑える
メラニン生成とは酸化反応
ビタミンCは酸化反応を抑制して、メラニン生成を抑制する
ビタミンEも抗酸化作用が強い
→ビタミンCとビタミンEを同時が効果が上がる


成分の特徴

トラネキサム酸
アミノ酸の一種
1932年に日本の医者によって開発された成分なので、日本人の肌に会いやすいといわれる
・黒ずみの原因になるメラニンの生成(メラノサイトに送られる信号)をブロックして、メラニンが過剰に生成されるのを防ぐ効果
その結果皮膚にメラニンがたまらなくなり、ターンオーバーによってメラニンをどんどん排出していけるようになります。
メラニンが輩出していければ、肌は本来のきれいな色に戻っていきます。

・メラニンの生成を抑制する作用
・抗炎症作用
・認可された医薬部外品

シミへの作用のほか肌荒れの原因になる分解酵素を抑える働きがある
効果を実感するまでに人によっては三か月、早い人では二週間など個人差があり、
ターンオーバーの周期、体質やその時の体調などでも変化します。
そのためにか月ほどトラネキサム酸の配合されている化粧品を続けて様子を見て
シミがうっすら薄くなるか、シミがふえていないか効果をチェックしましょう

プラスミンにはアレルギーを引き起こす作用あり
プラスミンの働きを抑制するトラネキサム酸には湿疹やかゆみなどを改善する作用があります
肝斑の原因は女性ホルモンの乱れですが、トラネキサム酸は女性ホルモンに対する影響はありません
トラネキサム酸は、副作用が少なくて安全な薬です。

炎症性色素沈着は、美白化粧品が効果的

抗炎症作用
炎症が起こると肌はますます黒くなります
炎症のない肌はターンオーバーは正常になるし、ほかの美容成分も効き目をしっかり示せる環境になる




ビタミンC
すでにできてしまったシミにはターンオーバーを促進し肌からはがれやすくすることが大事
できてしまったシミを薄くするメラニンの還元作用がある
メラニンをチロシナーゼの働きを抑制する府だけでなく、シミに直接働きかける効果や
抗酸化作用、新陳代謝を促す作用がある


プラセンタ
たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの美白に元になる5大栄養素が豊富に含まれている
若々しく美しい肌を保ち続けるうえで重要な要素が、血行促進作用、抗酸化作用、そして線維芽細胞増殖作用の三つがプラセンタは兼ね備えた美薬
血行促進作用
血行を促進することで肌の細胞一つ一つまで栄養を届け、肌のターンオーバーを促し、美肌の再生を助けます
血行が悪くなると肌に老廃物がたまりやすくなり、シミなどの原因になります
プラセンタは血行を良くすることでこれらのトラブルを改善します

抗酸化作用
プラセンタは活性酸素をおさえる抗酸化作用により、肌のハリ弾力をさせるコラーゲンのダメージを抑制し、シミの原因となるメラニンの派生を抑えます

線維芽細胞増殖作用
ま皮層に有肌の弾力や梁を作り出すコラーゲンやエラスチン、肌の水分を保ち潤いを作り出すヒアルロン酸などの美肌成分を生み出す細胞
プラセンタは線維芽細胞の増殖を促す働きがあり美肌成分の生成を助け内側からハリと潤いがあふれ出る肌をサポートします





美白できるちくびの色のイメージ
ちくびの黒ずみを薄くするのに効果的な成分
効果的なちくびの黒ずみクリームの選び方
ちくびの黒ずみをピンクに!おすすめ美白クリームベスト3
価格を比較してみた
まとめ



成分

口コミ
ちくびピンクにするクリームの選び方


ちくびの美白方法として、病院でトレチノインやハイドロキノンを処方してもらう方法がありますが
刺激が強くかゆくなってかいてしまったり、余計に黒ずみが悪化してしまうこともあります

肌荒れが少なくお家でできるちくびの黒ずみ美白方法を紹介します

美白できるちくびの色のイメージ

ちくびの色はひとそれぞれ生まれ持ったメラニン量によるため
ピンク色をした人もいれば、干しブドウのように黒っぽくなる人もいます

肌色2-1-1501肌色4-1-1503肌色6-15
肌色8-1507肌色10-1509


このチャートのように、3~7のような間の色
1のようなピンク色の人はまれ

すぐにピンク色になるのは難しいかもしれませんが、日本人女性に多い3~7くらいの色味であれば美白ケアすることは可能だと思います

具体的にどんなクリームを選べばいいのか紹介します


効果的なちくびの黒ずみクリームの選び方

ちくびの黒ずみをきれいにするには美白成分だけでも保湿成分だけでも効果は期待できないので、
以下に注目して選ぶようにしましょう

ちくびの黒ずみクリームの選び方
・黒ずみに効果的な美白成分が入っている
・保湿、抗炎症成分が入っている
・低刺激(かゆくなったり、ヒリヒリしない)

前提として、乳首の黒ずみは生まれ持ったメラニン量と摩擦が大きく関係しています

この2つを対策するには、保湿、美白、抗炎症成分の入ったクリームを選ぶことが大切です

1.黒ずみに効果的な美白成分が入っている


予防効果のある美白成分
トラネキサム酸、プラセンタ
3程度の人であれば、メラニンを生成を予防し、タンオーバーを活性化することで、
徐々にはがして一ことで、無理なくプリプリの


還元効果もある美白成分
5~7以上の黒ずみの方は、低刺激で予防、黒ずみ還元両方に効果のあるビタミンC誘導体がおすすめです

2.保湿、抗炎症成分が入っている
ちくびは下着とこすれやすいので炎症が起きやすい部分
炎症が起きると、美白効果が出にくくなるので、保湿成分や抗炎症成分が一緒に入っているか確認しましょう

3.低刺激(かゆくなったりひりひりしない)
ちくびは普通の皮膚よりも刺激に弱い部分なのでアルコール、パラベンなど刺激の強い成分が入っているとかゆみが出てしまいます
そのため、顔に使う化粧品以上に低刺激であるかチェックしましょう
着色料、香料、パラベン、アルコール、シリコン、石油系合成界面活性剤などは避けたいです


この3つのポイントをもとにちくびの黒ずみにおすすめの美白クリームを紹介します

ちくびの黒ずみをピンクに!おすすめ美白クリーム




図-1

保湿力高い
1人型セラミド
2セラミド
3ヒアルロン酸、コラーゲン
4MMFアミノ酸、グリセリン

■ピンキッシュボーテ

黒ずみ対策というよりは、乳首乳房のクスミをとって、ぷりぷりの美乳が目指せる成分が配合されています

水溶性プラセンタ(医薬部外品の有効成分)
グリチル酸ジカリウム(有効成分)
保湿 トリプルヒアルロン酸
美容 水油性コラーゲン、ヒメフウロエキス

口コミ





■ホワイトラグジュアリープレミアム

3種類のビタミンCが入った美白クリーム
保湿力はピンキッシュボーテよりやや劣る
保湿力がないとホワイトニング効果を実感するまで時間がかかる

ビタミンC誘導体には、メラニンを予防と今ある黒ずみを薄くする働きがあります
またターンオーバーを促進する効果も高いので、黒ずみ改善には最適です

口コミ



■ホスピピュア

敏感肌の方におすすめ。安全性の高い成分です。
トラネキサム酸が強力に新しい黒ずみができるのを予防します
黒ずみの改善はターンオーバーで少しずつ改善していく仕組みです


湘南美容外科との共同開発の乳首専用美白クリームです
入っている美白成分のトラネキサム酸は黒ずみ予防成分、すでにくすんでしまった乳首対策には時間画かかる 

トラネキサム酸
スクワラン、シアバター
ルナホワイト、プリンセス

口コミ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
販売は通販のみ、薬局など市販では売られていない

価格
ピンキッシュボーテ
とくとく集中ケアキャンペーン 12/31まで
通常価格7560税込
3回
1 送料650円
2 6480円税込
3 6480円税込
3回合計13160円
送料各種手数料無料

ホワイトラグジュアリープレミアム
90日間返金保証
通常9980税込
3回
1 5980円税込
2 5980円税込
3 5980円税込
3回合計17940円
送料無料

ホスピピュア
90日返金保証
送料無料
通常9000円ベツ
3回
1 5500円別
2 5500円別
3 5500円別
3回合計17820円税込

ピンキッシュボーテ最安値
公式、楽天で販売
初回0円で購入できる公式が最安値


ホワイトラグジュアリープレミアム
薬局など店頭では販売なし
通販サイトのみ
公式サイトが最安値


ホスピピュア
公式サイトが最安値











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


価格条件


このページのトップヘ