cloud17ってどんな電子タバコ!!

フレンバーcloudo17ってどんな電子タバコ

電子タバコは、まず一番面倒くさいのがリキッド補充です。

スティックのメンテも面倒。

それから、充電も面倒ですね。



cloud17は、コレを全部解決。

ざっくりいえば、カートリッジを差し込むだけですえる電子タバコです。

こんな電子タバコは今までなかったと思います。




cloud17黒300

カートリッジをバッテリケースに差し込んで、5回ボタンを押せばすえるようになります。

メンテの必要もないです。

カートリッジが終わったら、入れかえるだけです。



カートリッジには10mlのリキッドが入っているので、普通に吸う人だと2~3週間持つと思います。


バッテリーも、1700mAhと大容量なので、普通に吸う人だと3日くらい持つと思いますね。


カートリッジのリキッドは、紙巻タバコを吸ってた人なら、

ハードブラストメンソール、ストロングメンソールのどちらかがおすすめです。

ハードブラストのほうが強いですが、どちらも強いメンソールなので満足できると思います。


アイコスも、一般の電子タバコも日ごろのメンテナンスが必要で、面倒くさい。


コレが理由で、紙巻タバコに戻った人も多いみたい。


そんな人におすすめなのがcloud17です。

面倒くささが極限まで省かれています。



何が省かれているか説明します。


アトマイザーカートリッジが使い捨てなので、リキッド補充やメンテナンスの必要がない。

セッティングも簡単で、アトマイザーカートリッジをバッテリーケースに差し込めばいいだけです。

後は、電源ボタンを5回押せばスイッチが入るので、ボタンを押しながら吸うだけです。



アトマイザーカートリッジに入っているリキッドの容量は10mlなので、

10mlのボトルリキッドが1本入っていることになります。


普通吸う人で一ヶ月弱、頻繁に吸う人で1週間から2週間位持つという感じでしょうか。



一般的な電子タバコだと、リキッド補充だけでも面倒くさいので、

リキッド補充をしなくていいというのは、すごく楽ですね。


バッテリーも177mAhと大容量なので、2~3日は持ちますね。


リキッドも、フレンバーのリキッドで人気の高い、ハードブラストメンソール、

ストロングメンソールが用意されているので、アイコスなどから移行したいときは、

このメンソール系から始めてみるのがいいと思います。


それから、蒸気量が多いのにびっくりすると思います。

蒸気調節機のも排除されてるのですが、吸引の強弱で蒸気量が変えられます。


強く吸うと爆煙ですね。

蒸気量が多いというのは、ストレス解消にいいです。


日々嫌煙ムードが高まっていて、喫煙者は肩身が狭くなっていきます。

2020年のオリンピックに向けて、喫煙する場所が激減する予感。

cloud17のような電子タバコなら、ニコチン、タール、副流煙なしなので、

文句を言われる筋合いもありません。



喫煙者の皆さん、今から、電子タバコに乗り換えておいたほうがいいかも。


過熱式タバコのアイコスが人気ですが、

ニコチンを含まない蒸気を発生させる電子タバコも人気です。


アイコスはニコチンを含んでいますが、電子タバコはニコチン0。

電子タバコに切り替えれば、本当の禁煙になりますね。


そこで、単純操作がウリのフレンバーcloud17を紹介します。

cloud17がアイコスなどと何が違うかというと、

ニコチンが吸収できるかどうかの違いです。


ニコチンが入っておらず、純粋に香りつきの蒸気を楽しむ電子タバコです。



紙巻タバコからアイコスにスイッチすると、タールなどの有害物質を9割近く減らすことができて、

ニコチンは吸引できるが、副流煙は激減する。


さらに、cloud17のような電子タバコに切り替えると、

ニコチンまでカットでき、見た目は蒸気を吐いていても、ニコチンタールは入っていないので

完全禁煙になります。


実は、紙巻タバコからアイコスなどに移行できた人は、

電子タバコへの移行もしやすいといわれているようです。


理由は、動作が同じなので違和感なく移行できるらしいです。


紙巻タバコ(ニコチン、タール)→アイコスなど(ニコチン)

→cloud17などの電子タバコ(ニコチン、タール0)


なぜなら、人間がタバコと感じるのは、のどへのパンチ感が大きいらしいです。

なので、普段軽いタバコを吸っている人なら、電子タバコリキッドの軽いのどへのパンチ感で

満足できる可能性が高いらしいです。


なので、意外と簡単に電子タバコに移行できるということもあるようです。





↑このページのトップヘ