June 05, 2013

いちねん。



2012年6月5日。


ひとつのともしびが消えた。


大好きで、ずっと一緒って。


最後の夜のこと、今でも覚えてる。


抱き上げたら、脚がまっすぐのまま硬くなっていた感触、覚えてる。


人間よりは、短命だって、
必ずいつか、終わりはくる、って
知ってるけど

でも、なぜ10歳で?

そんな思いだけが渦巻いて消えない。



りーたんに会いたい。

そんなこと考えたら、あの子のためにもならないし、お互いつらいだけだから

新しい子迎えたい、って思いに移してかなきゃいけないって、
分かってるけど

現実的に、次の子迎えるのは、許されない。
一日中居なくて、ひとりぼっちにさせるなんて
そんなことできやしない。



会いたい。
抱きしめたい。


いけないと分かりつつ
その思いに縋りつく…。


alport_sinba_1117 at 15:18|PermalinkComments(0)clip!リオン 

February 13, 2013

ふんわりふわり







まだまだ寒い冬

でも

日差しがやさしくて暖かい夕方


こんな日には、

りーたを抱っこしておさんぽ、したいなぁ、


なんて、叶わぬ願いをぼんやり想う。




春になったら、パピっこ早くお迎えしたいな。



***


alport_sinba_1117 at 17:23|PermalinkComments(0)clip!リオン 

January 24, 2013

どくになるもの、ならないもの


悲しい記事を見つけた。

犬に接する全ての方へ 「キシリトール」について

まだ1歳にも満たない子の命・・・。

監督責任だとか何とか、なんて、誰かを責めるという事もできないけれど、
悲劇でしかない。
事故とはいえ・・・。


「キシリトール入りおやつとかあるじゃん?何でだめなの」とか言ってる人もいるようだけれど、
濃度が高ければ高いほど危険だ、ってことでしょ。
おやつなんかに入ってるものは、ほんとに微量だったりとか、
きちんと「安全な範囲に収めて」るから、ってこと、わからないのかな?
安全でないものを売ったら、それこそ大問題なわけで。

引用。
キシリトール配合のペットフードについて
(アイリスオーヤマ)


人間にとってはなんともないものでも、
身体の大きさが比にならないほど違って、
それぞれの臓器が機能できる範囲だって当然ながら違うのだから。

何が大丈夫で、何が命取りになるのか、
きちんと学んでおくべき、だね。




alport_sinba_1117 at 21:04|PermalinkComments(0)clip!

January 03, 2013

しんねん。



一緒に迎えられると
信じて疑わなかった

誕生日さえも
一緒に迎えられるって信じてたのに


そのどちらもかなわなくて

さみしさに襲われる。

なんで膝の上にいないのかなって

もふもふーって長い毛をもしゃもしゃして(本人は迷惑だろうけどw)
抱いてあったまってって

それができない新年

ものたりない。



これがペットロスなのかな。



新しい子、GW明けくらいにはお迎えしたいなぁって
パピっこが居ない生活に
早く終止符が打ちたいの。

alport_sinba_1117 at 01:35|PermalinkComments(0)clip!

November 17, 2012

お空へ

NEC_0170


ごめんね。ごめんね。

ほんの少しだけ。そばにいてほしいんだ。

ペンダントなんて小さな小さなものにおさまるのは・・・

小さくて、狭くて、嫌かもしれないけど。



誕生日はあいにくの雨。
涙の雨・・・なのかな。



alport_sinba_1117 at 14:00|PermalinkComments(0)clip!リオン