bioNM0


「アイスウォールを使えない狩場が生体を名乗るのか」などと不満タラタラだったものの
行ってみたらクッソ面白かった模様 



今回は連載初回ということでダンジョンの概論だけ

 
 
 

概要


RO公式 「戦死者の墓」 

生体工学研究所のナイトメア版。
PvE最高難易度のダンジョンのひとつ。

基本的に単体を丁寧に処理していく狩場。
敵のHPも高く、ROらしいハイスピード脳筋バトルは展開されにくい。

バフデバフを駆使したり、
火力職の組み合わせを模索したり、
PTMの連携が重要だったり。
頭を使った狩りが好きな人ならハマると思う。


ちなみに「生体獄」 というのは2015/10/13のパッチ・アップデートの通称。
実装されたダンジョンの名前が「戦死者の墓」 。

ダンジョンの通称が「獄」とか「墓」とか、まぁ「墓」のほうが正しい気がする。
「生体NM」と言っておけば間違いない




基本ルール


入場について

入場Lv制限は無し。
何レベルでも入れることは入れる。
カンストじゃないとデスペナがマッハだけど……。


入り口がリヒタルゼンの貧民街なので「通行証」を持っておくと入りやすい。
通行証クエスト(ROクエスト案内所 様)
・なくても警備員と何回も会話してればそのうち入れてもらえる
・ただしチンピラ湧き時間は無理

入場には賄賂として「研究記録」を10個渡す必要がある。
→生体に通ってる人から譲ってもらえばOK。
→どうせ死に戻るので、10個といわず20個30個は持っていくべき。

戦死者の墓をきちんと攻略したいならまずは生体3~4で研鑽を積むべきだろうし、
そうなると研究記録は自然と集まっているはず。

ちなみに100kzでも入れるが、死に戻るたびに払うと経費がヤバイ。







禁止スキルについて

テレポート効果を持つもの
・ハエの羽、巨大ハエ
・テレポート(アコ系)
・インティミデイト、フェイタルメナス(影葱)
・ディメンジョンドア(影葱)
など。

→逆に言えば、テレポやハエが入っているショトカに他のものを割り当てて良いということ。
どの職で行くにしても36枠カツカツなので有効活用していこう。


新毒
・ポイズンスモーク、ポイズニングウェポン、ベナムプレッシャー(珍)
・デッドリーインフェクト(影葱)も禁止。
服毒すれば新毒を移せちゃうからね……。

オブリビオンカース無双が許されるのは生体4まで。


アイスウォール(WL)
ウォーロックいじめにな、なみだがでますよ
まともに耐えて欲しいなら金剛も禁止しろや!道連れにしてやる!


拘束効果を持つスキル
・アンクルスネア(連)
・エスケープ(影葱)
・ソーントラップ(ジェネ)

付け加えると、使用禁止ではないが事実上無効化されているのが

・バキュームエクストリーム(皿)
・ホワイトインプリズン(WL)  敵につかうほう

どちらも対象のStr依存(らしい)。
敵のStrがアホみたいに高いせいで
バキュームは発動するが素通りされ、インプリは何回やっても失敗する ハズ
ごめんあんま試してない


一方で使用可能な拘束スキルもある。代表的なのは

・スキッドトラップ(連)
・エレクトリックショッカー(連)
・ウォグバイト(連)
・スパイダーウェブ(皿 / クリーパーボウ)

この4つかな。
敵を飛ばす方向で安定させたいなら連か皿をPTに入れると良い。

他にも修羅の「大纏崩捶」
影葱の「クローズコンファイン」などで敵のテレポを引き出せると思う。
状態異常「恐怖」もいける?




その他
・インビジビリティ(影葱)
・ハイローゾイストC / アゾートの敵変換

アブラカタブラはセーフなのか……(困惑)





ダンジョンの特徴


敵の種類について

13種類の敵
詳しくは次回以降に書こうと思う

・3-1次
セイレン(RK)、カトリーヌ(WL)、セシル(連)、
マーガレッタ(AB)、ガイル(珍)、ハワード(WS)

・3-2次
ランデル(RG)、セリア(皿)、バジル(民)、トレンティーニ(湾)、
チェン(修羅)、ガーティー(影葱)、エミュール(ジェネ)

3-1次はクリティカルスラッシュを使う。
3-2次はクリティカルスラッシュを使わない。



ボスと非ボス
13種類の敵それぞれにボス属性と非ボス属性の2種類が存在する。
従って(MVPを除けば)都合26種類の敵を相手にすることになる。

ボス属性は攻撃力が低く、HPが高い。99オーラ。
非ボス属性は攻撃力が高く、HPが低い。150オーラ。


オーラの違い。ちょっとSS見難くて申し訳ない。
ランデルが99オーラ(BOSS) / ガーティーが150オーラ(非BOSS) 

150aura99aura



内部的なレベルは200台なので、あくまで便宜上の話になるが
「99ランデル」「150ガーティー」などと呼んで区別することがある。



敵の呼び方をもう一つ。

生体3~4でボス属性の敵のことを「オーラ○○」 略して「A○○」と呼ぶ習わしがある。
(例:カトリなら「Aカトリ」、職業がHighWizardなので「AHW」とも。)

それに従って99オーラのほうを「A○○」、150オーラのほうを「N○○」と呼ぶPTもあるかも。
NはNormalの略。全然ノーマルじゃないけど、とりあえずボスじゃないよって意味で。








状態異常について

敵データ RO公式
 
状態異常を受けるにしても与えるにしても、極めて強い制限がかかる。
以下の事項を頭に入れておくこと。


ほとんどの敵が「ワイド○○」などによる状態異常攻撃を使う
無策で挑むと一方的な状態異常攻めに合う。
具体的には睡眠、出血、スタン、沈黙、混乱、呪い、凍結、石化、精神衝撃が広範囲に飛んでくる。


敵のLvが200台
状態異常にはベースレベル補正が有る。
たとえばレベル差40で完全耐性を得るには該当ステータスが420必要。

165キャップの現在、ステータスで耐性を取るのは現実的ではない

少なくとも、アイテムでの治療が困難かつ頻度も高いスタン・凍結は
治療役が装備で耐性を取るべきだろう。



敵のステータスが高い
・Str、Int、Mdefが異次元
・Vitも100オーバー
・Agiは最小でもセイレンの69
・Lukは40台の敵もいる

ベースレベル補正は仕掛ける側のレベルが低いからといって
状態異常の成功率を下げるものではないが、
PvEで使われる大半の状態異常は元からノーチャンスということ。

実戦で出番があるのは発火、氷結、マスカレード各種くらいか。

あとは試してないけど
呪い、魅了、深い睡眠、精神衝撃、恐怖あたりは通るかも。役に立つかは別として。
新状態異常は計算式わからんくてテキトー言うてる すまぬ

→呪いはクラウドコントロールとして結構使える。
たとえば「捻れた時間のカギ」で誰でも簡単に引き出せる。重いけどねこれ





反射について

→「マックスペイン」というスキル。

今までもリフレクトシールドやマジックミラーを使う敵はいたが、
戦死者の墓の敵はそれとは異なる反射スキルを持つ。

非常に、非常に、ひッじょォーに理不尽なスキル。
全滅の原因ダントツのナンバー1。
火力職のみならず、全員が対策を体で覚えるべき。



150オーラ(非ボス)のみが使う
150オーラは総じて攻撃力が高いため一刻も早く倒したいところだが、
後述の「反射チェック」をPT内の誰かが行うまで攻撃役は必ず待つこと

基本的には火力職のうち取り回しの良い方が担当するが、
余裕があれば支援職が務めることも可能。要相談。

99オーラ(ボス属性)は使わない。いきなり殴りかかってOK。


受けたダメージの半分を画面内全域のPCに与える
分散もしない。誰かが100k与えれば即座に全員が50k食らう。くそげーかな?

そもそも敵のHPが何百kとあるので、
これを削り切る火力を(半分とはいえ)受けるとなると
原理的にPC側が耐えられるはずもない。


使用条件は不明
→もしかしたらネットのどこかで調べてくれてる人がいるかもしれない。
とりあえず僕の感覚では追跡モードの時しか使われてない。気がする。
→待機モードでも使う。(使うようになった?)
ガーティーやガイルなどは待機モードでは使ってるとこ見てない。気がする。

・ヒットストップ発生、特にノックバックも伴うときによく使われる?

・拘束系スキルのカウンターに使われる?

・高Aspdのヒットストップハメや罠ハメを対策する意味合いがあるのかも

あとは交戦中に横から突っ込んできたやつに使われることが多い印象。
後衛は大体距離を取って戦うから、前衛への敵の追加はどうしても認識が遅れる。
で、範囲攻撃がそいつに当たるだけで全滅。
くそげーかな?



対策は限られる

使用したときに敵が黄色く発光する
一度発光してそれきりなので、大体は釣り役にしか認識できない。

釣り役は「反射使ってるかも!」などエモーションショトカにいれておき、
PTチャットで警告する。


反射ダメージは近接物理扱い。
・距離関係なくSWで防げる。
・距離関係なくゼファーで防げる。
→ただしベントス自身はSWでもゼファーでもスキル攻撃から守れない仕様

・ハイディングでスルーできる。
・キリエで軽減できる。

・ゴス服や金剛で大幅に軽減できる。


反射発動のたびにエフェクト発生
公式生放送で言うところの「ペインチェック」。
要は弱い攻撃を当ててエフェクトが出るかどうか見たら良い
敵だけでなくPTMにも被ダメージのエフェクト、またはキリエのバリアエフェクトが発生する

ショトカ枠が苦しいなら火力スキルをマウスホイールでLv1に落として撃つとか。

僕らがよく使うのはホーリーライト、ナパームビート、ブリッツビート、ダブルストレイフィング。
あとはソウルエクスパンションLv1、ヘルインフェルノLv1。

マジッククラッシャーや素殴りも良いがFLEEミスには注意。
→要HIT:マガレ477、ランデル480


効果時間は極めて短い
体感5~10秒といったところ。

攻撃をぐっと我慢、というか色々準備行動を取れる時間とも言える。
デバフかけたりね。
準備時間がネックとなるテトラボルテックスのようなスキルも噛みあう。


その他補足
・反射した分の被ダメージが消えるわけではない。

だから「反射」という表現は厳密には違う。被ダメージの共有。

まぁRSとか海賊短剣とかもそういうものだし、
それもひっくるめて通称「反射」で通ってるんで
これも「反射」で良いと思う。


・反射されずにダメージを通す手段もある。
状態異常の発火とか、スペルブレイカーの割合ダメージとかは反射されない


・超反応で攻撃を止めたらいいじゃん(脳筋)

チェーンライトニングなど、持続タイプの攻撃について。
術者がハイディングするとそれ以降の与ダメージは発生しない。

生体勢には釈迦に説法かもしれないが、改めて
ハイディングは押しやすいキーに入れておこう。







マップについて

ほぼ生体3Fのマップの色違い。
・ただし、入り口はテンキー8の水場に行く手前、左側の端から。

・欠陥工事もそのまま。
生体2Fからの入り口から見て左の柱が実は射線通ってるとか。

・テンキー8番や3番の水場も残ってる。
ただし釣り役的にはトップクラスの難所。
「WB撃たせろ」なんて気軽に言うなよ!? 絶対言うなよ!? (フリ)

・8番の水場を超えた先、階段の上にWPがある
→古びたシリーズ作成NPCのおうち。自力で向かうのは困難。
でも「思念の残滓」というアイテムを(戦死者の墓以外の場所で)使用すれば一発で行けます。



マップギミック
ところどころに透明NPCが配置されていて、近づくと色々と喋る。
生体Mob達の心の声、特に思念体にされた無念を語ってくれるようだ。


実はこの透明NPCが敵の湧きを管理している?とか、
「思念の残滓」を戦死者の墓で使ったときのバフ効果と関係がある?とか
推測はつきないものの、今のところは謎。

もしかしたら本当にただの賑やかしなのかもしれない







敵の湧きについて

特殊な湧き方をする。少なくともただの時間湧きでないことは(体感だけど)明らか。
ちょっと確証がなくて、なんとも書きにくいんですが……


起きている現象
・場所によって明らかに敵の種類に偏りがある。

・大量の敵がいると思ったら、次に見に行くとほとんどいなくなっていることがある。

・特定のポイント周辺で、ごく短時間(数秒)のうちに4体も5体も敵が沸く。

・その沸く敵はつい先程までに自分たちが倒したのと同じ種類が含まれやすい。



あくまで推測だけど
・おそらく普通の時間制リポップもあって、どこかしらに湧いている。

・が、特定のポイントにおいて一定時間ごとに「呼び戻し」が発生するんじゃないかと。
コールスレイブじゃないけど、敵IDごとに持ち場的なものが存在するという説。

・敵が急に大量にいなくなるのはどこかに呼び戻されたから?

・敵が急に大量に沸くのはそこに呼び戻されたから?

・さっき倒したのと同じ敵ばかり沸くのは、
倒してない敵は既に呼び戻し済みで全然違う場所に居座ってるから?

・場所によって偏りがあるのは、単に固定湧きが数匹いるんだと思う



なんでそんなことに?
スパイダーウェブなどが禁止スキルに入っていないこと、
敵AIの待機モードに「反撃不可能時のテレポ」が入っていること、
この2点から「ヤバイと思ったら敵を飛ばす」スタイルが許されている。

しかしたくさんのPTが一度に敵を飛ばすと、
難しい地形の奥のほうに敵が固まってしまう。

ただでさえ高難易度狩場で、しかも過疎ゲーなので
いつもそうしたポイントを掃除できるPTがいるとは限らない。

こうなると「後続のPTが全然敵にありつけない」という問題が生じる可能性があり、
それを回避するための何らかの施策が為されている、と考えられる。


……まあ僕の推測はともかく、
「敵を満遍なく配置するための自動処理がある」
「それに巻き込まれるとすげえ悲惨」

ということでどうか。








今回はここまで。

攻略記事としてはコレじゃない感が。
すいません一応誰かが書いておいたほうがいいだろうなと思ったんで……

次回からちゃんとMob別の対処とか装備とかやります