ブログネタ
インターネット拾いネタ に参加中!
3回に渡るClaunchの御紹介もいよいよ今回が最終回となりました。

前回前々回でClaunchを取り敢えず使えるまでの御紹介をしました。

今回はClaunchを更に便利に使う為の御紹介です。

今回は以下の3つについて御紹介します。

.侫.ぅ襪筌侫ルダを登録したボタンのカスタマイズ

■達譯瓧nchの便利なオプション

USBメモリでClaunchを使う方法


今回もボリュームの多い記事になってしまいましたが、最後まで見て貰えると嬉しいです。

【ボタンのカスタマイズ】

−ボタンの名前の修正−

ボタンに表示される名前は、ソフトやファイル、フォルダの登録時に自動的に付けられる為、名前が長すぎたり、分かり難い名前になる場合があります。

そんな時はボタンの名前を修正する事が出来ます。


−ツールチップ−

ボタンにマウスをポイントするとポップアップを表示する事が出来ます。

「何をするソフトなのか」や「何のデーターファイルなのか」等、登録した名前を補う追加情報を表示する事が出来ます。

このポップアップを「ツールチップ」と言います。


ボタンの名前の修正とツールチップの設定は以下の通りです。

‖仂櫃箸垢襯椒織鷯紊捻Εリックし、メニューの中の「プロパティ(R)」をクリックします。

ボタン&ツールチップ変更メニュー


◆屮椒織鵑離廛蹈僖謄」画面が現れたら「名前(N)」欄でボタンの名前を修正し、「ツールチップ(T)」欄にポップアップに表示する文字を入力を行い、最後に「OK」ボタンをクリックします。

ボタン&ツールチップ変更画面
※参考情報:「特権レベル(E)」ではソフトを開く時の権限を選択出来ます。
  管理者権限で開く事を要求するソフトの場合は「管理者権限として実行」を選択します。



ボタンには修正された名前が表示され、マウスカーソルをボタン上にポイント(マウスカーソルを重ねる)するとポップアップが表示されます。

ツールチップのポップアップ画像


−ボタンの移動−

登録したボタンを誤って別のページで登録してしまったり、新たに追加したページに移動したい場合は、ドラッグでボタンを移動する事が出来ます。

その1:同じページでボタンを移動

^榮阿靴燭ぅ椒織鵑鬟疋薀奪阿掘移動先のボタンの左に黒い縦棒が表示したらマウスをドロップします。

ボタン移動(同じページ内)


0榮粟茲縫椒織鵑移動しました。

 既に登録してあるボタンに移動した場合は、移動先のボタンは別の場所に移動します。

ボタン移動後のClaunch(同じページ)


その2:別のページへボタンを移動

^榮阿靴燭ぅ椒織鵑魄榮粟茲離據璽献織屬縫疋薀奪阿靴泙后

ボタン移動(別ページ)1


移動先のページに切り替わりますので、移動したいボタンへ素早くドラッグし、ボタンの左に黒い縦棒が表示したらマウスをドロップします。

ボタン移動(別ページ)2


0榮粟茲離據璽犬縫椒織鵑移動しました。

 既に登録してあるボタンに移動した場合は、移動先のボタンは別の場所に移動します。

ボタン移動(別ページ)3
※他のページタブを跨いで移動先のページのボタンに移動する場合は、ドラッグが遅いと他のページに切り替わってしまいますので、素早くドラッグする事がポイントです。

万一、別のページに切り替わったら、ドラッグしたまま目的のページタブをポイントすれば大丈夫です。



−ボタンの削除−

不要になったボタンや登録を間違えた場合は、ボタンを削除できます。

〆鐔したいボタン上で右クリックし、メニューの中の「削除(D)」をクリックします。

登録ボタンの削除メニュー


▲椒織鵑削除されました。

ボタン削除後のClaunch

【Claunchの便利オプション】

Claunchは豊富なオプションがあります。

そんな豊富なオプションの中から知っておくと便利なオプションを御紹介します。

 屬修梁勝廛織屬離プション:

−タブのマウスオーバーでページを切りかえる(M)−

デフォルトではページを切り替えるにはページタブをクリックしますが、この機能をONにするとマウスカーソルをページタブにポイント(重ねる)だけで素早いページ切り替えが出来ます。
※ページタブからボタンに移動する際に素早く移動しないと、他のページタブに切り替わってしまいます。


−ページ切り替えをループする−

ページの切り替えはマウスホイールで切り替える事も出来ます。

しかし、始点終点のタブに辿り着くとそれ以上のタブ切り替えは出来ません。

そんな時この機能をONにすると、終点のタブから始点のタブに戻り、その逆も可能になり、ループするイメージでページ切り替えが出来ます。


−アイテム削除後に空白を自動で詰める−

ボタンを削除した後は空白のままですが、この機能をONにすると下の画面の様に削除した後の空白(左列の上から2番目のボタン)を埋める様に他のボタンが移動します。
※実際は、その下の空白ボタンも同様に移動します。

アイテム削除後に空白を埋める
アイテム削除後に空白を埋める2


◆屮好ンタブ」のオプション:

Claunchには外見を変える事が出来る「スキン」が用意されています。

スキンタブには予め3つのスキンが用意されていて、デフォルトのClaunchとは趣が変わった姿に変える事が出来ます。

また以下の有志の方によるスキンも公開されています。

カレンダーや背景画像が付いたタイプなど様々なスキンがありますので、好みのスキンを選んでみては如何でしょうか?(背景画像を変えられるタイプもあります)

Plainz Style.(管理人:Tuzさん):スキンは「Claunch Skin」タブをクリック。

XXLOST(管理人:真城さん):スキンはこちら

Claunch Wiki(管理人:ぴょんきちさん):スキンはこちら

みっちりねっちり ジコマン する トコロ
※サンプル画像のクリックでダウンロード出来ます。

偽抹茶堂(管理人:ばーにんぐ、らーぶ!さん)

Claunch専用うpろだ

何れのスキンもダウンロード後、ZIP圧縮のままで解凍せずに、Claunchのインストールフォルダの「Skins」フォルダに入れるだけです。

スキンの変更は、Claunchのオプション画面の「スキン」タブをクリックし、表示されているスキン名をクリックするとClaunchのスキンが変わりますので、好みのスキンを選択したら「OK」ボタンをクリックします。
【ClaunchをUSBで使う】

最後にClaunchをUSBメモリで利用する方法について御紹介します。

ClaunchはUSBメモリに入れて使う事も出来ますので、自宅以外のPCでも使う事が出来ます。

具体的にはUSB内に保存してあるファイルやフォルダ、そしてUSB向けのソフト等をClaunchで開くと言う事です。

この機能を使えば、普段使っているブラウザや動画再生ツールなどのUSB版を入れて置けば、自宅以外のPCからを自宅のPCと同じ使い勝手で使う事が出来ます。

特にUSB版ブラウザは自宅PCのブラウザと同じブックマークを登録しておくと便利です。

最近はオンラインブックマークもありますが、自宅以外のPC(特にネットカフェ)でログインするのはリスクが高く、USB版ブラウザーのブックマークからサイトにアクセスすれば、オンラインブックマークサービスにログインする必要が無く安全です。


−ClaunchをUSBメモリに入れる−

それではUSBにClaunchを入れる手順を以下に記します。

。達譯瓧nchをUSBメモリに入れる

ClaunchにはUSB用と言うのは特に無く、ダウンロードして解凍したファイルをそのままUSBに入れるだけで、インストールの手間も要りません。


■達譯瓧nchの初期設定(表示モード、起動方法)やページタブ、ボタンの作成

前回前々回に御紹介した方法と同じです。


USB内のファイルやフォルダをClaunchに登録する

前回に御紹介した方法と同じです。


ぅプション画面のオプションを設定する

USBメモリ内のClaunchを使うにはオプション画面の「その他」タブにある以下のオプションのチェックボックスをクリックし、チェックを入れておきます。


・「シングルユーザーモード(S)」:

Claunchのボタンやオプション設定を他のPC(のログインユーザー名)でも反映する為のオプションです。

OFFにすると、各PC毎にボタンやオプション設定が出来ます。


・「アイテムを相対パスで登録する(R)」:

USBメモリのドライブレター(ドライブ名)が他のPCと異なっても、ボタンに登録したUSBメモリ内のソフトやファイル、フォルダを起動出来る様にする設定です。


ィ達譯瓧nchを終了するボタンを作る

ボタンの「アイテム登録」の「特殊アイテム」の中から「Claunch終了」を登録して置くと、USBメモリを抜く前にボタンのクリックでClauchを終了出来ます。

後はUSBメモリ内の「Claunch.exe」をダブルクリックし、△農瀋蠅靴慎動方法でClaunchを開きます。

※幾つかのサイトを見ると、USBメモリを安全に抜く為にUSB機器を安全に取り外すソフト「Unplug Drive Portable」を「Claunch終了時」オプションに登録する方法が記されていますが、このソフトが使用するautorun.infファイルを媒介するウイルスがあり、「Unplug Drive Portable」は使用せずに手動でタスクトレイから取り外す事が最善だと思います。


−USBからのClaunch利用で分かった事−

さて今回の記事を書くに当たり、USBメモリにClaunchを入れ、1台のPCに2つのログインアカウントを設定した状態で使ってみた所、シングルユーザーモードのONとOFFの切り替えで以下の様になる事が分かりました。

。錬里砲靴織蹈哀ぅ鵐罅璽供式奮阿任錬錬藤討北瓩擦覆ぁ

但しOFFに戻された場合、再びONにする事はもう一方のログインユーザーでも出来る。(早い者勝ち)

ONにした直後、ログインユーザー毎に設定したClaunchのボタン配置やオプション設定は無効となり、ONにしたログインユーザーで設定したClaunchのボタン配置やオプションが反映され、その後のボタンの追加/削除、配置、オプション設定は、どちらのログインユーザーで行った結果も反映される。

ぃ錬藤討北瓩気譴疹豺隋△修譴召譴離蹈哀ぅ鵐罅璽供爾農瀋蠅靴織椒織麈枌屬筌プションに戻る。

  但し、OFFにしたログインユーザーのClaunchのボタン配置やオプションはOFFにする直前の状態が維持される。

※この結果はログインユーザーの異なる複数のPC同士でも同じだとは思いますが、未検証なので何とも言えません。

3回に渡り御紹介して来ましたClaunchですが如何でしたでしょうか?

Claunchは以前からご紹介したいと思っていましたが、必要最低限の内容の御紹介だけでも相当な記事のボリュームになると思い、今までブログで記事化は見合わせていました。

しかし、この便利なソフトを一人でも多くの方に使って貰いたいと思い、今回何とか記事として完結する事が出来ました。

3回に渡り御紹介した内容はClaunchの膨大な機能の極一部で、全ての機能を御紹介するのは不可能ですし、私自身把握し切れていません。

それでも、今回まで御紹介した内容で十分にClaunchを使う事が出来ると思います。

後は、必要に応じてヘルプを見て頂き、便利な機能を見つけて頂ければと思います。

記事がお気に召しましたら、右のアイコンをクリック願います!