ブログネタ
インターネット拾いネタ に参加中!
日頃は、当ブログにお越し頂き有難う御座います。

最後に投稿した記事から既に1年半。

この間にも、こちら本館ブログの更新を再開しようと何度も思ったものの、別館ブログの記事投稿に注力していた為に、本館ブログの更新にまで手が回らず、気が付けば1年半もの間、放置ブログと化してしまいました。
別館ブログは、パソコンやITについて、誰にでも分かり易くお話しを投稿しているブログです。
本館同様に御越し頂くと嬉しいです。

これまでこちらの本館ブログは幾度となく放置と再開を繰り返して来ましたが、「令和」に改元される事を機に心機一転、今度こそはこちら本館ブログも定期的な更新をしようと決意を新たにし、久しぶりに記事を更新する事にしました。

とは言え気紛れな管理人故、この決意がどこまで続くかは分かりませんが、今度とも宜しくお付き合いください。

さて、久しぶりの再開に何を投稿しようかと迷っていた所、当ブログが開設した2014以来相互リンクして貰っている、フブロジさんと言う方が開設しているWebサイトが引っ越しをされ、新しいホスティングサービスで再始動されるとの連絡がありました。

奇しくも共に「リスタート」と言う共通のキーワードが揃った事から、当ブログ再開に相応しい記事になるだろうと言う事で、再開第一回は、フブロジさんのWebサイトを御紹介する事にしました。

実は、フブロジさんのWebサイトの御紹介は、当ブログが開設した直後の2014年5月8日にも当ブログで記事として投稿しているのですが、Webサイトのブラッシュアップもされたそうなので、15年振りに改めて御紹介する事にしました。

それでは続きをどうぞ!

【所有するQUEENアイテムの数と種類が示す熱狂的QUEENファンの証】

今回御紹介するのは、フブロジさんのWebサイト「Queen Collector」です。

その名の通り、世界的に有名なイギリスのメジャーバンド「QUEEN」関連のWebサイトです。

QUEENと言えば、昨年11月に公開され、アカデミー賞4冠を獲得した映画「BOHEMIAN RHAPSODY」により再び世界的にQUEENブームが巻き起こっており、にわかQUEENファンの方も居るのではないでしょうか?

しかしフブロジさんは、そんなにわかQUEENファンとは一線を画す、自他共に認める超熱狂的な筋金入りのQUEENファンなのです。

それを裏打ちするかの如く、所有されているQUEEN関連アイテムの種類と数は舌を巻く程。

今回御紹介します「Queen Collector」は、そんなフブロジさんが所有されている豊富なQueen関連アイテムの画像が、これでもかと言う程に掲載されているWebサイトなのです。

Queenファンの方にとっては垂涎物の超レア・アイテムがあるかもしれませんよ。

【シンプルなWebデザインながらも豊富なコンテンツ】

Webサイトを開いて最初に目に飛び込むのは、1989年にリリースされた楽曲「The Invisible Man」のPVの終盤にQUEENメンバーがシルエットになるシーンの1カット。

そこには、Webサイト名である「QUEEN COLLECTOR」の文字が、PV同様のコンピュータ・フォントで存在を誇示。

その上には、コンテンツにアクセスする為の16個のボタンが上下8個づつ並んでいると言うシンプルなサイトデザイン。

しかし、見た目のシンプルさとは裏腹に、アクセスボタンには、マウスカーソルを重ねるとボタンの背景とコンテンツ名の色が反転するマウスオーバーのギミックが施され、そして、アクセスボタンをクリックしたリンク先には数多くのQUEENコレクションが現れます。

それでは、各ボタンにリンクするコンテンツについて御紹介します。

queen collector-top

−コンテンツ紹介−

コンテンツ1:queen_banner

このコンテンツボタンをクリックした先に現れるのは、アルバム別にカテゴライズされた25種類のジャケット画像。

そのジャケット画像をクリックすると、LPレコードやCD、シングルCDのジャケット(表/裏)、ディスク、インナー、果ては帯の画像までもが掲載されています。


コンテンツ2〜5:freddie_bannerbrian_bannerroger_bannerjohn_banner

このコンテンツには、QUEENのメンバー別にカテゴライズされたLPジャケットやインナーが掲載されています。


コンテンツ6:img1153

このコンテンツは、フブロジさんがQUEENアイテムをGETした時の思いを記された日記です。

そこには、超レアなアイテムをGETした時の喜びや、期待外れのアイテムでがっかりした思い、更にはジャケットが同じで文字が違うレアアイテムをGETした興奮を奥方に話したものの「だからなんなの?」と一蹴されたエピソードなど、QUEENアイテムをGETした時の率直な思いが記されており、QUEENファンなら「分かる!分かるよ!そうなんだよな〜!」と共感してしまうでしょう。

実はこのコンテンツは、2014年にサービスを停止したジオシティーズの日記サービス上に掲載していたものですが、今回のFC2での再始動を機にWebサイト上に、ほぼ完璧な形で再現されたそうです。

掲載されている日記は、2003年8月23日から2009年4月29日の間に投稿された全43件です。

現在はツイッターでQUEEN関連の情報を発信されている為、このコンテンツの更新の予定は無いそうですが、Webサイト開設黎明期の頃の雰囲気が伝わる貴重なコンテンツとなっています。


コンテンツ7:wwry-atw

QUEENの代表的な楽曲の一つである「We will Lock you」。

このタイトルが記されたアイテムならば何でもGETせずにはいられないのが熱狂的なQUEENファンが抱く気持ちでは無いでしょうか。

フブロジさんも御多分に漏れず、そんな気持ちが誰よりも強く、これまでに「We will Lock you」関連の様々なCDをGETして来たそうです。

その中にはQUEENが歌ったCDだけでは無く、他のアーティストがカバーした楽曲や、ミネラルウォーターのCMソングとして子供達が歌った楽曲のCD、果ては同じジャケット・デザインながら一部の文字違うだけでGETしてしまったものまであるそうです。

このコンテンツには、抑えきれないQUEEN愛に駆られてGETした「We will Lock you」関連の12センチCDやシングルCDが色々と公開されています。


コンテンツ8:img1125

アフリカの飢餓難民を救済する目的で1985年にQUEENを始め、世界中の名だたるアーティスト達が参加したライブコンサート「LIVE AID」。

このコンテンツには、LIVE AIDを収録したDVDやCD、雑誌、ポストカードが公開されています。

それだけで無く、LIVE AIDのコンサートチケットやギターピックの画像までが掲載されており、並みのQUEENファンで無い事をさり気無く誇示しています。

それ以外にも、LIVE AIDを企画したアイルランド出身のミュージシャンであるBob Geldofが記した、LIVE AIDの企画発想から実現までの経緯と思いを記した訳文も見る事が出来ます。


コンテンツ9:paper

このコンテンツには17種類の紙ジャケット版のアルバムタイトルが並び、各タイトルをクリックすると、CDやインナー、帯の画像が現れます。


コンテンツ10:freddie-tribute

1992年4月20日、ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムで行われた、FREDDIE MERCURY追悼コンサート「FREDDIE TRIBUTE」の映像が収められたLDやDVD、ビデオカセット、更に楽曲が収められた12センチCDやシングルCD、インナー、帯の画像が公開されています。

また、インナー画像をクリックすると、インナーに記されている曲目の一覧のページを見る事も出来ます。


コンテンツ11:video

QUEENのコンサート動画やPV、ドキュメント映像などが収められいるLD、DVD、ビデオカセットの画像が公開されています。

コンサート動画やPVでは、収められている楽曲のタイトル一覧と共にエピソードも記されています。


コンテンツ12:keijiban

フブロジさんとQUEENファンが情報を共有し、交流する場としての掲示板です。


コンテンツ13:img4958

国内外で開設されている、QUEENファンによるWebサイトのリンク集です。
一部、移転または閉鎖により、追跡不可能なリンク切れのサイトもあります。


コンテンツ14:e-mail

ジオシティーズでWebサイトを開設していた頃は、PCのメーラーが自動的に起動する様にされていたそうですが、スマホやタブレットが普及し、PCメールもメーラーからWebメールに移行している事を踏まえ、PCメーラーでは無く、新たに設けたメールフォームが開く様に変更されたそうです。

また、個人情報保護の観点から、メールアドレスを記さず、メッセージだけでもメールが送れる様にしてあるそうです。
スパムメールやメール荒らしが頻繁に届く場合は、メールアドレス必須にするかもしれない様です。


コンテンツ15:img8582

先程紹介しました「コレクション日記」に替わって開設したブログです。

開設は2004年4月24日で、当ブログとほぼ同じ時期に開設されている息の長いブログです。

最近はツイッターによる情報発信がメインの為に更新はされてないそうですが、QUEENに関する色々な情報が記されています。

過去記事の中から今迄知らなかった新たな発見をしたり、その当時のQUEEN関連の情報を知る意味では一見の価値ありです。


コンテンツ16:twitter

現在、QUEEN関連の情報発信としてメインのツールとして使っているのがツイッターの様です。

逐次、最新のQUEEN関連情報が発信されていますので、QUEENファンの方は一度覗いて見ては如何でしょうか?

フブロジさんはWebサイトをFC2に移転するのを機にHTMLソースを見直し、不具合の改善とWebサイトのブラッシュアップを図られたそうです。

主なブラッシュアップと改善内容は、以下の通りです。

文字化けの解消
不鮮明なジャケット裏面(曲目一覧)の画質を向上
一部のページで誤ったページにリンクしていた箇所を修正
画像のレイアウトの乱れを修正
ページトップのシルエット画像の画質を向上
バラバラだった画像形式を容量の軽いGifに統一してWebサイトを軽量化
サービス停止により失われていたコレクション日記をWebページ上に再現
スクロールするページの背景を固定
画像で掲載されていた文字情報をテキスト化し、明瞭度の向上とWebサイトを軽量化
アクセスボタンにマウスオーバーによる色反転のギミックを搭載

この様な改善とブラッシュアップにより、ジオシティーズの頃よりも見易いWebサイトになったそうです。

Queen Collectorは、コンテンツの殆どが画像で構成されており、その画像の数も半端無い為、コレクションの画像キャプチャリングや、サイトの構築には相当な時間と労力が費やされたと思われ、「良くぞこのサイトを構築したものだ!」と感心してしまいます。

今後は、Webサイトのコンテンツボタンに、マウスオーバーの他に新たなギミックを追加したり、バナーをリニューアルされる予定との事です。

一体、どの様なギミックが追加され、バナーがリニューアルされるのかが楽しみです。

Queen Collectorは、コンテンツがコレクションアイテムの画像である事から、サイトの更新のタイミングは、新たなQUEENアイテムをGETした時だけと言う事だそうです。

しかし、コンテンツとして掲載されているコレクションの数と種類は豊富な為、QUEENファンの方にとっては見応えがあり、何度も見たくなるWebサイトだと思います。

QUEENファンの方は勿論、そうで無い方も一見の価値があるWebサイトです。

是非、お越しになってみて下さい。
記事がお気に召しましたら、右のアイコンをクリック願います!