おはようございます、こんにちは、こんばんは、かもです。久々のエントリーになってしまいました。さっそくですが、はじめます。

去る5月18日。
緑々しい多摩の緑と温かい声援に囲まれながら、TSJOとしての初めての野外LIVEを行いました。団地のお祭りということで、アットホームなコンサートになりました。

DSC04823
Powered by PICS




ステージでは、住民の皆さんの活動発表(タイ舞踊)や、和太鼓演奏(多摩太鼓)があり、模擬店も多数準備され、おじさんおばさんも、負けずに子供たちもたくさん楽しんでおりました。朝早くから協力して準備をしている姿は、実家のある地域で毎年行われていた、柳が丘祭りを思い出しました。子供の頃、お祭りは本当に楽しくて、大人たちががんばっている姿の記憶は、今でも覚えているくらい、印象にのこっていて、地域に対する愛情にもつながっています。だからこそ、こういったお祭りに協力することができて、本当にうれしく思っています。

今回のステージでは、TSJOの出演だけではなく、ALTとしてステージ運営のサポートも依頼されていたので、全面的に支援させていただきました。そう、PAデビューです。それも野外の。「アーティストと地域をつなぐアーティストリンク多摩」としては、とても大きな一歩になったのではと自負しております。

DSC04825
Powered by PICS



そうそう、ステージの方は、アンコールを2回もいただくなど、初めての経験もあり、JAZZ好きのおじさんも大満足!のご様子だったので、楽しんでいただけたんじゃないかと思っています。メンバー最年少の小学六年生の女の子も、”TAKE THE A TRAIN.”でLIVEデビューすることができましたし、五月晴れの多摩で素敵な一日を過ごすことができました!

最後になりましたが、ご来場いただいた皆様、そして機材の協力をしていただいた、聖蹟桜ヶ丘のお花とカフェのお店「草苑-SOUEN-」のオーナーさん、スタッフの皆様に心より感謝いたします。