2歳入厩組近況

この世代はじっくりと行く馬を選んだのですが
うれしい誤算で2歳入厩組6頭はゲートも受かり順調
モノドラマに続き
ロードマドリードは7月8日(土)中京でデムーロ騎手で
デビュー予定が出ており楽しみです。

またメインクラブのロードHC馬が順調で
Frankel産駒のシグナライズ
シニスターミニスター産駒のロードスターダスト
も今月入厩予定が出ており
ロード黄金世代に向けて期待が膨らみます。

■ロードマドリード
2017.06.21
ロードマドリードは、6月21日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで
5ハロン70.0-54.6-40.3-12.6 7分所を馬なりに乗っています。
併せ馬では馬なりの相手の内を0秒6追走して0秒1先着しています。
7月8日(土)中京・2歳新馬・混合・芝1600mにM.デムーロ騎手で予定しています。

・岸本調教助手 「馬自身が結構しっかり。デビューへ向けて厩舎で調整を続ける方針です。
追い切り本数等を考えると、中京2週目あたりで態勢が整うはず。
芝1600mを予定しましょう。初戦の鞍上はデムーロ騎手に依頼。
早速、今朝の稽古に跨っていますよ」
≪調教時計≫
17.06.21 Mデム 栗CW不       70.0 54.6 40.3 12.6(7)馬なり余力
         ドラゴンカップ(古馬500万)馬なりの内0秒6追走0秒1先着

2017.06.15
ロードマドリードは、6月15日(木)良の栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。
ゲートから13.7-13.2-13.6-14.2-14.1 馬なりに乗っています。
結果は合格でした。
もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・岸本調教助手 「練習を兼ねて臨んだ6月15日(木)の試験で無事ゲートをクリア。
特に気に掛かる点も見当たりませんでしたね。仕上がりの早そうなタイプ。
数日間の様子も踏まえて協議する予定ながら、
このままレースまで向かえる感触は抱いていますよ」
≪調教時計≫
17.06.15 助手  栗東E良     13.7 13.2 13.6 14.2 14.1  ゲートなり

■ロードイヒラニ
2017.06.23
ロードイヒラニは、6月23日(金)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。

2017.06.21
ロードイヒラニは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。

■ヴェロニカグレース
2017/06/21 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで21日に時計
次走予定:第2回福島開催

武市康男調教師「16日に無事にゲート試験に合格し、21日には坂路コースで追い切りを行いました。
半マイルを55秒台で上がってきましたが、飛びが大きいですし、気の良い馬ということもあり、
これぐらいの時計であれば重い馬場も苦にせず楽に登坂できていましたよ。
ただ暑さにあまり強くないところがあるのか、入厩当初と比べて少し元気が感じられませんので、
補液を行うなどしっかりとケアをしながら調整していきたいと思います。
またこの時期の若馬なので仕方ないのですが、脚元がまだ固まっていないので、
あまりやり過ぎてオーバーワークにならないようには気を付けて進めていきたいと思います。
大まかな予定としては、福島4週目辺りを一つの目標にこのまま調整していきたいと考えています」

■カラドゥラ
6/23  斎藤誠厩舎
23日にゲート試験を受けて見事合格しました。
「目立った問題はないですし、徐々にゲート練習を進めていました。
昨日は出すところまでしっかりやってみたんです。
本当はゲート練習をやっている他の厩舎の馬を見つけて一緒に出そうと思っていたのですが、
上手くタイミングが合わず1頭で行うことになったのですが、それでも無難にこなせていたんです。
これならば悪くないだろうという状況でしたので、
ダメなら練習と考えるつもりで今朝試験を受けてみたんです。
結果は見事合格をもらうことができましたね。
まずは無事にクリアできてよかったです。
現時点では少し時間をかけてより体力をつけてから競馬を考えていったほうがいいかな
という気もしていますので、放牧に出すことが本線になると思いますが、
受かったばかりですので少し様子を見てこのまま競馬まで行くか間を取るか考えさせてください」
(斎藤誠師)

■エンジェルリード
17.06.22
 美浦トレセン在厩。今朝は坂路を2本、2本目に55秒台を計時しています。
「先週末に坂路で終いだけ15-15を乗り、それをステップに今朝少し速めを。
基本的にはこのままデビューを目指していく方向でコツコツ乗り進めているところです。
入厩当初に比べて、馬がピリピリし始めていますので、その辺をよく注意しながら、
追い切っていきたいと思います」(尾関調教師)
「ここまでは順調。ちょっとピリピリしてきましたので、そこは注意していきたいですね。
背中の感じは悪くないですし、個人的には好きなタイプです」(西塚助手)

17.06.16
 美浦トレセン在厩。本日、ゲート試験に合格しています。
「一緒に進めている2歳馬のうち、入り・駐立・発進とゲートは一番安定した内容。
まずは一度で無事に合格できて良かったです。基本的には落ち着いている馬ですが、
火曜日に派手に立ち上がって見せたように、何かの拍子で起こすリアクションが大きい馬ですので、
その辺はよく注意して進めていきたいですね。週明け以降の感触も窺いながら、
このあとの方向性を定めていければと思います」(尾関調教師)

2歳馬デビューの一番手は

脚が持てば儲けものと出資時は全く想定していなかった
シルクのモノドラマになりました。

この世代2頭出資しているホワイトマズル産駒だけに
人気はありませんが馬場が渋るのもチャンスだし
前で掻き込む走りで先行できれば
意外性の一発まで期待しています。


2017/06/22 <出走情報>

 6/25(日)東京5R メイクデビュー東京〔芝1,800m・13頭〕54 丸田恭介 発走12:15

2017/06/21 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで21日に時計
次走予定:今週日曜の東京・芝1,800m〔丸田恭介〕

宗像義忠調教師「21日に南Wコースで時計を出しました。
併走馬に先行し外に併せて先着しました。
先週の手応えを見ると、もう少し時間がかかりそうと思っていましたが、
今週は手綱を持ったまま先着しましたし、動きはガラッと変わってきましたね。
騎乗した丸田騎手によると『先週は追ってから渋かったのですが、
今週は終始楽な手応えで先着しましたし、やればもっと動けそうな感触がありました』
と言っていました。先週の時点では福島になりそうだと思っていましたが、
動き・息遣いともに良化してきたことから、今週デビューさせようと思います。
ゲートは普通に出るのですが、トモが嵌るまでに少し時間がかかるため、
おそらく前半はモタモタしてしまうと思います。
そういう意味でも小回りコースよりは東京コースが合っていると思います。
入厩後はソエなどが出ることもなく順調に調整されました。
馬体も絞れてきましたし、いい感じに仕上がっています」

シルクHC2016産駒募集 厩舎と価格を見て

厩舎で脱落はラッドルチェンドの16だけでした。
あとは測尺・動画ですが今のところの候補は

申込みほぼ確定 ※一頭当たってくれ
7 サマーハの16 牡 藤沢和 ゴールドアリュール     5,000万
36 キューティゴールドの16 メス 高野 ディープインパクト 6,000万
44 ヴィヤダーナの16 牡 安田隆 オルフェーヴル  3,500万
49 プチノワールの16 メス 須貝 ロードカナロア   3,500万
52 ロザリンドの16 牡 藤原英 ルーラーシップ     3,500万

補欠
57 トップライナーⅡの16 メス 池江寿 ジャスタウェイ   2,800万
16 サトノジュピターの16 牡 金成 ハービンジャー    1,800万
17 アンティフォナの16 牡 古賀慎 キンシャサノキセキ 2,000万
18 ポーレンの16 牡 青鹿毛  武井 ジャスタウェイ    2,000万
21 リュナティクの16 牡 新規開業予定 ダノンシャンティ 1,500万

シルクHCが2016産駒募集予定馬をいきなり発表

相変わらず計画性の欠如としか思えない突然の発表
サプライズとでも勘違いしているのか

まあ馬に罪はないので見ていくと
だいたい予定通りかと

一番意外だったのは
ロザリンドの16
これは完全に
飽和状態のキャロットからシルクへの会員誘導でしょうか

まあ2016産駒は
キューティゴールドの2016  
サマーハの2016
ロザリンドの2016
ヴィヤダーナの2016  
ラッドルチェンドの2016
に申し込んで外れて

例年だと
ロジャーズスーの2016  
ポーレンの2016
アンティフォナの2016  
リュナティクの2016  
ドリームスケイプの2016
あたりで落ち着くのですが

今年は上位5頭外れたら出資しません
(`・ω・´)キリッ

でも
プチノワールの2016
ターシャズスターの2016  
トップライナーIIの2016  
はがまんできないかも

2015産駒出資馬アルバム ※広尾TC編

大トリのキャロットの次w
おまけの広尾TCの登場

ワークフォースの牝馬で
しかもSadler's Wells 3 x 4
を広尾で仏滅の6/6の悪魔の日に出資
という暴挙に出ましたが
これだけネガティブ情報が揃うと
寧ろ清々しい感じ
頓挫、塩漬けなんでもこい!

■エンジェルリード 牝 尾関厩舎
 父:ワークフォース
 母:ステラリード
 BMS:スペシャルウィーク

エンジェルリード














 今さらワークフォースの牝馬なんて
 とは思いましたが
 これが結構いい動き
 坂東牧場で始動も遅めという感じだったのですが
 速い調教をやってみたら
 変わり身にビックリ
 って感じで急遽内地に移動し早期デビューを
 目指す運びに
 実はこの馬こそワークフォースの鬼配合
 Sadler's Wellsの3X4
 まあ無料馬だし尾関厩舎も魅力だし
 最終兵器的な配合に賭けてみても良いか
 と思ってしまう一頭

■フッフール 牝 小崎厩舎
 父:スマートファルコン
 母:ベイビーローズ
 BMS:シングスピール

フッフール














 母系はシングスピールに
 Mr. Prospector、Nureyev 、Riverman
 と実績ある血で固められ
 血統派ならこの馬が走らない訳が無い
 と言いそうな一頭
 なぜ兄弟は走らないのだろう...

セレクトセール上場馬を見て

シルクの募集馬発表を来週に控えて
2016年産駒の検討も本格化
密かに狙っていた馬が上場されませんように
と見てみたら...

1歳馬のリストの一番最後に
247 セットプレイの2016 牡 鹿 2/1 マンハッタンカフェ セットプレイ

まあ輸入繁殖の持ち込み初仔はクラブで
2番目の牡馬はセレクトというのは規定路線でしょうが
残り少ない大好きなマンハッタンカフェ産駒のこの仔は
欲しかったなあ

でも
リストの最後なので
皆疲れているだろうし
個人馬主が翌日の当歳馬に気持ちが移っているスキに
シルクが落札して追加募集という
一発逆転シナリオはあきらめていません


当歳の
プリティカリーナの17はいくらまでいくのだろう...



リゾネーターはジャパンダートダービー(JpnⅠ) 目標

今度は人気も落ちて気楽に乗れるでしょうから
楽しみです。

鞍上はどうなるのかな...



2017/06/02 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、
残りの日は軽めの調整

次走予定:7月12日の大井・ジャパンダートダービー(JpnⅠ)
天栄担当者「引き続き順調に調整されています。
状態に変わりはなく、動きも上向いてきました。
牧先生と次走について打ち合わせたところ、
7月12日の大井・ジャパンダートダービーを目指すことになりました」
馬体重547㎏

2015産駒出資馬アルバム ※キャロットC編

出資馬アルバムのトリは
キャロットC

リッリダンサー15、シーザリオ15と
悩みましたが
最後に信じられるのはディープ
ということで
エリスライトの成長を見守りたいと思います

■エリスライト 牝 久保田厩舎
 父:ディープインパクト
 母:クリソプレーズ
 BMS:エルコンドルパサー

エリスライト













 やはり高額馬は安心の
 ディープの実績馬に落ち着きました
 競争馬として大切な要素の闘争心が形となった
 傷だらけの馬体が決め手
 奥深い血が開花してくれることを期待

■カラドゥラ 牝 斎藤誠厩舎
 父:ハーツクライ
 母:カニョット
 BMS:Sunray Spirit

カラドゥラ












 
 母系は活躍馬多数のアルゼンチン血統で
 storm catを持つが
 出資の決め手はハーツ譲りの
 前肢のガニ股w
 斎藤誠師が立派に育ててくれることを期待

■クルスブランカ 牝 高橋康厩舎
 父:ルーラーシップ
 母:ヴェラブランカ
 BMS:クロフネ

クルスブランカ













 この母にはいつかはルーラーシップをと
 思っていた血統だが
 出資の決め手はズバリ顔w
 大きくなり過ぎない事と体質が鍵ですが
 アドマイヤサンデーの血筋には期待しかありません

■コンダクトレス  牝 小島茂厩舎
 父:ホワイトマズル
 母:ファーストチェア
 BMS:ジャングルポケット

コンダクトレス













 パワーと底力を秘めた母に
 大好きなホワイトマズル産駒で
 これは密かに走るんじゃないのと思っている一頭
 母母マイケイティーズなら
 大化けまで期待

2015産駒出資馬アルバム ※シルクHC編

入会して2年目の世代
プレイニーランの出資は叶いませんでしたが
グラマラスライフに出資できたので
世の中悪い事ばかりではないかも


■グラマラスライフ 牝 田村厩舎
 父:ハーツクライ
 母:プリティカリーナ
 BMS:Seeking the Gold

グラマラスライフ













 今年のシルクのエースはこの馬
 いかにも斬れそうな馬体の
 グッドルッキングホース
 兄弟の活躍に加え
 ツアーでの高評価から
 期待が膨らみます 

■ケイティーズソレル 牝 角田厩舎
 父:ハーツクライ
 母:ケイティーズベスト
 BMS:ファルブラヴ

ケイティーズソレル













 今年はハーツ産駒に期待
 パワー溢れるKaties一族の仔で
 血統的には母父ファルブラヴがそそられる
 キャロットのファーストチェア15の近親でもあり
 馬体も張りがありいい感じ
 堅実な走りを期待
 

■スターヴォヤージ 牝 斎藤誠厩舎
 父:ステイゴールド
 母:ターシャズスター
 BMS:Spanish Steps

スターヴォヤージ













 体は小さいが母の繁殖能力と
 In Realityの血を信じて先物買い
 実質ラストクロップのステイゴールド産駒で
 安心と信頼の斎藤誠厩舎ならやってくれるはず
 小気味よい走りを期待

■カイザーヴェッター 牡 黒岩厩舎
 父:ルーラーシップ
 母:カイゼリン
 BMS:アドマイヤベガ

カイゼリンの15















追加募集馬からルックスと血統だけで選びました
エアグルーヴとベガで完成するトニービンの3 x 4は
美くし過ぎます
馬体はきれいな青鹿毛で
競馬場で見るのが楽しみです
黒岩厩舎なら主力として期待
 
■モノドラマ 牡 宗像厩舎
 父:ホワイトマズル
 母:タイトルパート
 BMS:アグネスタキオン

モノドラマ














 大好きなホワイトマズル産駒でしたが前肢の?痕で
 調教動画を見るまではと一度はあきらめたのですが
 近況を見る限りは何とかいけんじゃねと
 母のスピード能力はかなりあると思うし
 胴伸びの良い好馬体で距離も持ちそう
 外連味のない逃げを期待

■ベルフロレゾン 牝 高橋義厩舎
 父:クロフネ
 母:ウインフロレゾン
 BMS:フジキセキ

ベルフロレゾン













 初クロフネ産駒は
 成長株の高橋義厩舎
 好配合で距離も持ちそうなので
 動きの良さから様々な条件で
 楽しめそうな一頭
 若い母の活力に期待

■ヴェロニカグレース 牝 武市厩舎
 父:ハービンジャー
 母:エンジェルフォール
 BMS:ジャングルポケット

ヴェロニカグレース













母はアドマイヤサンデーの仔でキャロットで出資している
ヴェラブランカの15とは従妹になります
この血統は馬体が大きく成りすぎるのと体質が心配ですが
本馬はスラッと見せる馬体でこの時期に入厩できるなら
母系の優秀さを開花できるかも

またハービンジャー産駒は緩いと言われますが
この馬はヴェラブランカの15と比べたら
全然しっかりとした走りで
シルク御用達の武市厩舎なら
ローカルの長距離で長い活躍を期待

■Mother Russia2015  牝 松永幹厩舎 ※募集中止馬
  父:Ghostzapper
  母:Mother Russia  
  BMS:Mayakovsky

マザーロシアの15















 父Ghostzapperの牝馬産駒成績は抜群
 松永幹厩舎は初めてだが
 最近はダート馬と相性も良く
 血統から成長力もあり距離延びて
 真価発揮といきたい

2015産駒出資馬アルバム ※ロードTO編

質、量とも過去最高のラインナップを揃えた
この世代には期待しかない

ダービー馬レイデオロの母レディブロンドも
元はロード馬
いよいよロード黄金期 第一世代の幕開け

■ロードマドリード 牡 角居厩舎
 父:ディープインパクト
 母:キャサリンオブアラゴン
 BMS:Holy Roman Emperor

ロードマドリード













 この世代の旗艦馬
 リアルスティールと3/4同血の良血で
 世界の角居厩舎
 抽選が当たった時はうれしかったなあ
 馬体はディープらしいしなやかさ満載で
 軽快な走りを見せてくれている
 無事にデビューして良い走りを見せてくれることを期待

■シグナライズ 牝 藤原英厩舎
 父:Frankel
 母:ワイルドココ
 BMS:Shirocco

シグナライズ













 一気に注目種牡馬となったFrankel産駒
 出資時はほぼ母馬優先狙いだったので
 走ったら儲けものと気楽に見守りたいが
 母はヴェルメイユ 賞でトレヴの2着で
 セールで1億7千万円で落札した母の産駒に
 期待するなという方が難しい 

■ロードクオーレ 牡 安田隆厩舎
 父:ロードカナロア
 母:ウッドランドドリーム
 BMS:Charnwood Forest

ロードクオーレ













 ロードの命運を握るカナロア産駒
 ボーンシストで出遅れたが
 ここにきて騎乗できるまで回復
 デビューは遅れるだろうが
 血統的なバックボーンには期待しかない
 半姉スノーフェアリーのような活躍を期待

■ロードイヒラニ 牡 千田厩舎
 父:ロードカナロア
 母:レディカーニバル
 BMS:Giant's Causeway

ロードイヒラニ













ロードクオーレと共に
カナロア産駒を盛り立てて欲しいと追加出資
配合はStorm Cat の3 x 3 でサンデー無し
馬体はがっしりとして力強く
カナロアというよりはStorm Cat 感満載
芝、ダートや距離を問わず長く堅実な走りを期待

■ロードアンノウン  牡 高橋義厩舎
 父:ハーツクライ
 母:アンビナウン
 BMS:Wild Again

ロードアンノウン













 母はワイルドラッシュの全妹でジャスタウエイ配合
 産駒はあまり結果が出ていないが
 この配合で走らなかったら仕方ないとまで思える馬
 馬体は雄大で伸びがあり素晴らしい
 クラシックディスタンスで走りを見せてくれることを期待

■ロードヴォラーレ 牡 中内田厩舎 ※出資予定馬
 父:オルフェーヴル
 母:アンビータブル
 BMS:ブライアンズタイム

ロードヴォラーレ













期待の新種牡馬オルフェーヴル産駒
母系はHyperion豊富で
ステイゴールドの欲しい血だったので
相性は良さげ
募集時は300kg台の小さな馬だったが
ここにきて成長し
大きなアクションで軽快な走りを見せている
長い距離で飛ぶような走りを期待
 
■ロードスターダスト 牡 清水久厩舎
 父:シニスターミニスター
 母:ジュウゴヤムーン
 BMS:アドマイヤムーン

ロードスターダスト













募集中止となったマザーロシアの15の穴埋めは
名門グランド牧場出身のシニミニ産駒
初仔だが募集時から順調に成長
ダート馬らしくない柔らかさが感じられ栗毛もキレイ
清水久厩舎のハードトレに耐えて
しなやかななかに力強さを見せるような走りを期待





藤沢和師が悲願のダービー制覇♪

サウスニアのツアーで心酔し
藤沢信者と名乗ってから
何年の歳月が流れたでしょう

ついにこの日がやって来ました
心からおめでとうございます
と言いたい



あと一言だけ
何であの時
ゴルトブリッツを勝たせてくれなかったのでしょうか...

シルクHCでハービンジャー産駒に初出資

がまんできずに
またまた2歳馬に衝動的に出資
しかもノーマークだった
ハービンジャー牝馬
今年はゆっくり行く馬を選んできましたが
ここにきて
入厩の2文字にこんなに弱いとは

■ヴェロニカグレース 牝 武市厩舎
 父:ハービンジャー
 母:エンジェルフォール
 BMS:ジャングルポケット

ヴェロニカグレース













母はアドマイヤサンデーの仔でキャロットで出資している
ヴェラブランカの15とは従妹になります
この血統は馬体が大きく成りすぎるのと体質が心配ですが
本馬はスラッと見せる馬体でこの時期に入厩できるなら
母系の優秀さを開花できるかも

またハービンジャー産駒は緩いと言われますが
この馬はヴェラブランカの15と比べたら
全然しっかりとした走りで
シルク御用達の武市厩舎なら
ローカルの長距離で長い活躍を期待













ロードTOの2016産駒募集開始は...

2017年新規募集は今秋に開始予定です。

と公式から発表がありました。
秋っていうと10月前後ということでしょうか

妄想すると
ロードカナロア産駒の庭先取引が進んでなく
デビューした産駒の走りを見てから決めたい...
的な感じですかね

となると
ロードイヒラニは是が非でも走らせないと
いけないですね

ともあれ
ウッドランドドリームの2016
ハーフムーン2の2016
エルテアトロの2016
だけは他に売らないで下さいね

2歳馬の青鹿毛2頭+栗毛1頭に追加出資♪

シルクとロードで
大好きな青鹿毛に追加出資しました

■カイゼリンの2015 牡 黒岩厩舎
 父:ルーラーシップ
 母:カイゼリン
 BMS:アドマイヤベガ

カイゼリンの15















追加募集馬からルックスと血統だけで選びました
エアグルーヴとベガで完成するトニービンの3 x 4は
美くし過ぎます
黒岩厩舎なら主力として期待できそう
天栄  競馬場で見るのが楽しみです

■レディカーニバルの2015 牡 千田厩舎
 父:ロードカナロア
 母:レディカーニバル
 BMS:Giant's Causeway

ロードイヒラニ













ロード出資3歳馬は未だ勝ち上がれないが
メインクラブの意地で追加出資
Storm Cat の3 x 3 で
馬体はカナロアというよりはStorm Cat 感満載
千田厩舎なら主力として堅実な走りを長く見せてくれそう


■ジュウゴヤムーンの2015 牡 清水久厩舎
 父:シニスターミニスター
 母:ジュウゴヤムーン
 BMS:アドマイヤムーン

ロードスターダスト













募集中止となったマザーロシアの15の穴埋めは
名門グランド牧場出身のシニミニ産駒
初仔だが募集時から順調に成長
ダート馬らしくない柔らかさが感じられ栗毛もキレイ
清水久厩舎のハードトレに耐えて
無事にデビューまで運んで欲しい



今年の2歳陣の入厩一番手はホワイトマズル産駒

今年は距離適性が長めの馬に出資しているので
皆始動は遅めと思っていましたが
まさかモノドラマが一番手とは

鍛えていい馬体になって来ました
スピード能力はあると思っているので
心配なのは前肢が持つかだけです
なんとか無事に運んで欲しい

モノドラマ













2017/05/12 <所有馬情報>

在厩場所:12日に美浦・宗像義忠厩舎へ入厩
調教内容:

天栄担当者「9日に入場してきましたが、熱発もなく無事に到着し、こちらでは軽めの調整で輸送の疲れを取ることに専念していました。飼い葉は食べていましたし体調面に問題はありませんでした。12日に無事に送り出すことができました」

シルクHC 追加2次募集 結果

結果が反映されてましたが
何度見ても

カイゼリンの2015  〇
アーデルハイトの2015  X

まあ想定通りですが

シルクHC 追加2次募集 結論

ロードHC 広尾TC ローレルCと
検討しましたが
結論は

シルクHC で
カイゼリンの2015
アーデルハイトの2015
に申込みました

理由は
青鹿毛が好き

アーデルハイトの2015は抽選枠に賭けますが
カイゼリンの2015は大丈夫そうですね

シルクHC 追加2次募集 まさかの広尾に行くのか

広尾の馬が結構気に入ってしまいましたが
ゼロ会員で無くなってしまうのも如何なものか
会費を払うなら思い切って新規クラブでもいいのでは
とノルマンディに行く流れですが
ローレルCに惹かれる馬がいたので
見てみました

気になるのは下記2頭+1

■ベルベティーンの15 牡 中竹厩舎
 父ブラックタイド

 ブラックタイドの牡馬で1000万とは
 さすがローレルCはお値打ち
 しかも母母はエ杯馬タケノベルベット
 配合もBallade経由の
 Halo 3 x 4 とくれば
 ノーザン系なら2.5倍の価格でも売れるでしょう
 馬体は少し薄めだが
 長距離向きなら問題なし
 これは結構欲しくなってしまう一頭


■Rahy Connectionの15 牡 和田正道厩舎
 父Take Charge Indy

 ローレルでもマル外募集あるのね
 父系は辿るとSeattle SlewにDeputy Ministerとビッグネーム
 母は3勝馬アースコネクターを生んで日本適性も実証済
 馬体は募集時は小さかったがここに来てトータル160kgの急成長
 これで1500万とは
 ノーザン系なら3000万でも売れるでしょう
 これは結構欲しくなってしまう一頭


おまけのプレゼント馬も魅力的

■シルクヴァルキリーの15 牡 和田正一郎厩舎
 父ベーカバド

 母はその名の通りの元シルク馬
 父ベーカバドはCape Crossの仔で快速系
 配合もDanzig 4 x 3 でAlydarのおまけつき
 馬体はトモのボリュームがすごく
 パワー満開
 これが定価800万のプレゼント馬なんて
 シルクなら1800万でも売れるでしょう
 これは結構欲しくなってしまう一頭



 



 
 

シルクHC 追加2次募集 ロードTOに行くべきか

シルクかロードか迷っていますが
ふと広尾会員である事を思いだしましたので
少し見てみました

気になるのは下記2頭


■ステラリードの15 牝 尾関厩舎
 父ワークフォース

 今さらワークフォースの牝馬なんて
 とは思いましたが
 これが結構いい動き
 坂東牧場で始動も遅めという感じだったのですが
 速い調教をやってみたら
 変わり身にビックリ
 って感じで急遽内地に移動し早期デビューを
 目指す運びに
 実はこの馬こそワークフォースの鬼配合
 Sadler's Wellsの3X4
 まあ無料馬だし尾関厩舎も魅力だし
 最終兵器的な配合に賭けてみても良いか
 と思ってしまう一頭

■ビジューミスの15 牡 二ノ宮厩舎
 父Jimmy Creed

 出た!期待を裏切り続ける広尾のマル外
 が第一印象だが
 謎の父Jimmy CreedはDistorted Humorの仔のようで
 スピードはありそう
 母は半兄に7勝馬リトルゲルダを生んだ実績があり
 Unbridled's Song にStorm Cat と
 日本で実績ある血で構成されており
 Wild Again で粘りもありそう
 馬体は雄大でダートの短距離馬と見ればベスト
 えっこれも無料で出資できちゃうのか
 動きはまだまだ緩いが
 鍛えたら結構走るんじゃないの
 と思ってしまう一頭



  




 


 

シルクHC 追加2次募集 リゾネーターの結果を受けて

ちょっとシルクHCの限界が見えつつあるので

黄金期のスタート世代との噂は全く聞かない
ロードTOの2015産駒も検討
2014産駒は壊滅状態のロードTOだが
ここは逆張りで勝負という考えも

入厩まで様子見できるのが
このクラブの利点の一つですが
この世代はケイアイFが例年より早めの
入厩を意識して進めているのもあり
ここに来て移動ラッシュ

ロードクエストの下やタイムトリップの下は
今月に入って入厩アナウンスを受け
駆け込みで満口になったが
馬体があまり好みではなくスルー

狙いは下記2頭

■レディカーニバルの15 牡 千田厩舎
 父ロードカナロア

 この馬も順調で5月中旬に入厩予定
 Storm Cat の3X3と攻めた配合で
 黒光りした青鹿毛の好馬体
 動きも申し分なく
 唯一の不安が厩舎だが
 半姉も千田厩舎で8000万稼ぎオークス出走
 半兄も勝ち上がり神戸新聞杯出走と
 結果が出ている
 何と言ってもロードTOの不沈は
 カナロア産駒にかかっており
 カナロア一番槍としてクラブも力が入る一頭

■ジュウゴヤムーンの15 牡 清水久厩舎
 父シニスターミニスター

 当初は興味がなかったが
 ここにきてバランスの取れた好馬体に成長
 最新動画ではレディカーニバルの15と併せて
 遜色ない動きを見せている
 シニスターミニスター産駒だけにダートだろうが
 セール馬が活躍するロードTOなら
 グランド牧場生産馬でセール購入の
 800万のお値打ち価格で触手が動く一頭

あともう少し様子見したい2頭も

■アンビータブルの15 牡 中内田厩舎
 父オルフェーヴル

 募集時は300kg台で小さかった馬だが
 最新動画ではひ弱さも改善が見られる
 まだまだ力強さには欠けるが
 素軽い動きには好感
 厩舎も関西で注目の新進中内田厩舎
 品のある馬体も好みで
 血統的背景からこれから
 成長したら2000万ならお買い得と思える一頭

■ノースプリンセスの15 牡 尾形和厩舎
 父ロードアルティマ

 この馬もセール馬で800万募集だが
 雄大な馬体で動きも良い
 ただこの馬の後肢の繋ぎはどう見ても立ち過ぎ
 なのが唯一の難点だが
今乗っている谷川牧場の生産で
 ロードTOと相性の良い尾形和厩舎なら
 夏からの活躍もあるかもと思わせる一頭
 
 


 





 

園田は鬼門か

兵庫CSで圧倒的な1番人気
リゾネーターが
ある意味シルクらしい負け方で4着
掲示板が荒れそうですが
無事であることを祈っています

期待していたアズールムーンも
去年の園田で力を出せませんでしたので
これはもう鬼門認定ということで

これで今後が難しくなりましたが
立て直してJDDに行って欲しい...

シルクHC 追加2次募集 管囲をどう評価するか

欲しい馬は管囲が細いので悩ましい
でも管囲って幾つぐらいが平均なの?
4本の脚の平均なの?
と疑問が...

初心に帰り
JRAの競馬用語辞典
を見てみました

管囲
読み かんい

体高、胸囲とともに、馬の大きさを測る基準の一つで、前脚の膝と、球節の中間の周囲をいう。
平均18~20センチが普通で、馬体を四肢によって支えるので細いより太い方が丈夫といえる。
最近は競走馬が大型化しているので20センチを越えるのもまれではなくなっている。
通常、測尺の際は左前脚を測る。

なるほど
通常、測尺の際は左前脚を測るが
まずい場合は他の脚を測ってもいいのか...

疑問は増すばかりです

ディーパワンサはオークス出走へ

あれだけ強いと言われた今年の牝馬達ですが
距離が延びると結構メンバーが薄くなっている印象
リスグラシューが勝ちそうな雰囲気ですが
キャロットC2頭出しなら記念出走と揶揄されても
期待を持って応援したいと思います
鞍上は誰かな?


4/27  松下厩舎
26日、27日は軽めの調整を行いました。
「先週は申し訳ありませんでした。
馬の状態は良かったですし、折り合いに不安のない馬でこの距離も期待が大きかっただけに残念です。
道中何度かスムーズさを欠く場面がありましたし、
もう少しリズム良く運べていれば違ったでしょう。
幸いレース後は目立った反動は見せておらず、
軽く動かしつつ馬体も戻ってきています。
ジョッキーに聞いても距離が敗因とは思わないとのことですし、
揉まれずスムーズな競馬ができれば勝負になると思いますから、
この後はオークスを目指していくつもりです」(松下師)

5月21日の東京競馬(優駿牝馬・牝馬限定・芝2400m)を目標にしています。

シルクHC 追加2次募集 測尺/調教動画を見て

全体的な感想は
やはり1次で募集できなかった馬達という感じ
それにしては価格は割高だなと思います。
1次に比べて血統的には1割ぐらい安い感じですが
元々2割増しな設定なので
アウトレット価格としてはもう1割ぐらい安くないと

とりあえず消去法でいくと
測尺でスルーレート15はないなと
動画でプロミストスパーク15はないなと

残り4頭を個別にみていくと

■アーデルハイト15
血統:新種牡馬だが牝系は魅力たっぷり
測尺:管囲:18.5cmはギリギリな感じ
    兄弟も足元が弱いことを考えるとかなり不安
動画:脚の回転が速くミスプロ的
    大物感は感じない

■アンナヴァン15
血統:バレークイーン牝系で底力ありそうで魅力的
測尺:ボリューム感十分で文句なしだが
    逆に2次に回った理由が気になる
動画:まだまだ乗り込みが不足している印象
    将来性は感じるが乗り込みが出来なかった理由が気になる

■カイゼリン15
血統:トニービンの3 x 4は
    エアグルーヴxベガ だけに垂涎もの
測尺:この仔はホントにルーラーシップ産駒なの?
    と疑いたくなるような薄手
    カイゼリンの仔出しが悪いせいか
    よく言えば牝系が強く出ている
動画:やっぱりルーラーシップ産駒だったかと思える大跳び
    頭が高く前で走っている印象はマイナスだが
    馬体を増やそうと食わせこんで乗り込み不足と解釈

■ストラスペイ15
血統:ボップス牝系は魅力十分
    初仔だが若い母も魅力
測尺:平均的な数字で好感
    腰高なのでまだ成長途中という感じ
動画:余裕と柔らかさが感じられる走りで今回の募集馬では一番か
    但し、時計から乗り出しが遅かった理由は気になる

結論
アーデルハイト15とカイゼリン15は
募集から外れた理由が明記されているが
残りの馬は書かれていない
裏読みして書けないと捉えると
将来性は感じるので
もう少し様子見したい印象

アーデルハイト15は
大物感が感じられないのでパスかな
まあどうせ即満でしょうから

とういうことで
厩舎、測尺、動画からは絶対出資対象にはならないが
それを凌駕する血統的魅力の
カイゼリン15に申し込むことにしました。
抽選にならないように...

ストラスペイ15は厩舎からも期待度が
伝わってくるので
万一カイゼリン15が外れるような事態になれば
考えたい





    

シルクHC追加募集キター

マル外を期待していましたが...
厩舎が今3ですね
牧厩舎は無いのか...

ルーラーシップ×カイゼリン♂40000黒岩
ルーラーシップ×ストラスペイ♀30000奥村武
ヘニーヒューズ×プロミストスパーク♀28000和田正
ダイワメジャー×スルーレート♂44000斉藤崇
ロードカナロア×アンナヴァン♂50000池添兼
エイシンフラッシュ×アーデルハイト♀36000池添学

字面からは
ルーラーシップ×カイゼリン
ダイワメジャー×スルーレート
辺りに興味がありますが
まずは動画を見てからですが
セットプレイの15も含めて
検討します

アズールムーンは葵ステークスに目標変更

ついにスプリント戦にターゲットを絞ってきました
石橋脩騎手も乗ってくれるようだし
これはかなり楽しみ

斎藤誠調教師「13日に南Wコースで時計を出しました。
石橋騎手に騎乗してもらい、併走馬を追走し、最後は内に併せて同入しています。
状態は徐々に上がってきていますが、前走から3週間ほど楽をさせていましたし、
さすがに来週のレースとなると急仕上げでまだ物足りないというのが正直な印象です。
5月13日の京都に葵ステークスがありますので、
予定を変更しそこを目標に調整していきたいと考えています。
顔の浮腫みに関しては、運動を行う方がやはり血の回りが良くなっていいのでしょう、
症状は治まってきていますし、もう心配はいらないと思います」

リゾネーターは兵庫チャンピオンシップ目標

兵庫CSからJDDの路線のようです
このまま順調に順調に


2017/04/05 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:5月4日の園田・兵庫チャンピオンシップ〔木幡巧也〕

牧光二調教師「競馬の後も特に変わったところはありません。
ただ競馬に向けて結構攻めてきましたし、競馬でもかなり頑張っていますから、
それなりの疲れはあると思います。
まずは疲れを取ってから進めていきたいと思います。
次走についてですが、これから距離を詰めるというのは考えにくいですから、
園田の兵庫チャンピオンシップが最適だと思います。
ただ今までと比べレース間隔が詰まることになるので、
在厩のまま十分にケアをしながら調整していきたいと思います」

リゾネーター 伏竜ステークスも快勝♪♪♪

好位から四角で先頭に立つと
突き放して危なげなくゴールで
3連勝!!!

次は是非ダービーで

キャロットC キャンセル募集結果

少しは可能性が高い方にいったつもりでしたが
やはり当たりません

34.ミスティークの15 ×  

あとは15年産駒は
シルクの〇外募集を待つのみだが

ロードのセール馬に行ってしまいそう

シルクHC キャンセル募集結果

予定通り初志貫徹で
1次で落選した以下4頭申し込みましたが...

16 サマーハの15         
34 プチノワールの15      
48 ウーマンシークレットの15  
60 ラッドルチェンドの15    


結果は
ポイント残高が減ってないことで
外れたと認識しました

×ぐらい欲しかったなあ

久々に
現在出資中の所属馬
を見ましたが
退)マザーロシアの15
はいつまでいるのかな



年度別成績
2016年 48戦 9勝 賞金1億2227万
2017年 48戦 2勝 賞金  4836万
出資馬


■2015年産■

キャサリンオブアラゴンの15
クリソプレーズの15
ワイルドココの15
ウッドランドドリームの15
レディカーニバルの15
アンビナウンの15  
プリティカリーナの15
ケイティーズベストの15
カニョットの15  
ターシャズスターの15
カイゼリンの15
ヴェラブランカの15  
タイトルパートの15  
ファーストチェアの15
ステラリ-ドの15
ウインフロレゾンの15
エンジェルフォールの15
ジュウゴヤムーンの15
マザーロシアの15(募集中止)  
出資馬一覧
最新コメント
アクセスカウンター

『キセキ』への道標
11christ_01