企業

世界の信用格付け機関が韓国企業を相次いで下方修正、韓国企業にいったい何が起きたのかwwwwww

1 :FinalFinanceφ ★ 2014/03/07(金) 08:48:37.41 0
ムーディーズ・インベスターズ・サービス、フィッチ・レーティングスなど
世界的な信用格付け機関が最近、韓国を代表する企業の格付けを相次いで下方修正している。
その理由はさまざまだ。
中国企業との競争激化、消費低迷による収益性低下、実際の業績面での減収減益などだ。

既に韓国の大企業上位10社のうち、
LG電子、ロッテショッピング、ポスコ、GSカルテックス、KTの格付けが
昨年末以降、1段階引き下げられた。

格付け機関は企業の経営状況、今後の見通しに基づき格付けを決定する。
韓国企業の相次ぐ格付け下方修正は、
韓国企業が昨年に続き今年も苦戦するのではないかという見方が
海外で広がっていることを示していると言えそうだ。



全文はソースで
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/07/2014030700618.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/07/2014030700618_2.html



81 (1)

日本の「テキサス親父」に対抗して韓国は「英国男子」で勝負wwwwww 企業の広告塔になり「独島」発言も

1 : バックドロップホールド(埼玉県) 2014/02/05(水) 19:43:35.40 ID:tL14Mv720 BE:409601423-PLT(12349) ポイント特典

日本が「テキサス親父」だったら韓国は「英国男子」で勝負? 既に韓国企業の広告塔に

日本の味方をしてくれるテキサス親父ことトニー・マラーノさん。
最近では韓国をターゲットにしているようであるが、過去はアメリカ国内の自動車メーカーのリコール数を洗い出し
「トヨタだけが大規模リコールの対象になるのはおかしい」と『YouTube』でコメントしたこともあった。
たしかにそのとき出された数字を見たらGMのリコール数は9058件、クライスラーが3260件、トヨタが669件。
テキサス親父が言うには「全米自動車労働組合に加入していたいトヨタは狙い撃ちされた」のだという。


それなら韓国は「英国男子」だ!

さて前置きが長くなったがそんな日本の味方をしてくれるテキサス親父に対抗して、お隣韓国では「英国男子(????)」なる人が活動している。
いわゆるイギリス人男性が韓国の味方をしているのだ。なぜ世界中の中から韓国に惚れ込んでしまったのか? 
彼が中国の国際学校に入学し韓国人の友だちと交流していく内に韓国文化に興味を持ったようである。
2008年には高麗大学(※1)に通い1年間韓国に滞在。どっぷり韓国に浸ったわけである。そんな英国男子はテキサス親父同様に『YouTube』に動画をアップしている。
英国男子の名前はジョシュ・キャロットさん。まだ若い青年である。
イギリスで女性とデートしたりロンドンで街頭インタビューしてキムチについて聞いたりと、実にアクティブである。韓国語も実に上手で韓国人と違和感なくコミュニケーションをとっている。

彼は韓国のテレビ局SBSの朝のニュース番組に紹介され、「イギリス人の激アツな韓国愛!」として紹介された。
またそれだけでなく韓国携帯通人事業者『SKテレコム』の『YouTube』チャンネルにも出演するほどである。
韓国の広告塔としてまで活動する英国男子は文化の紹介を中心としており、プロパガンダ活動はあまり行っていないようだ。
どこぞの知らない団体に利用されるより大企業の広告塔になるのは賢い判断だとは思うが。
ただ日本の味方をするテキサス親父の批判や「独島は韓国の物」など所々韓国人ぽい言動が見られるのも事実である。

and_508783


http://getnews.jp/archives/508783



81 (1)

「学歴不要!」 と出してる企業の募集要項がヤバ過ぎると話題にwww

1 : スリーパーホールド(岡山県) 2013/11/27(水) 22:14:43.47 ID:eexDaVDp0 BE:2790231348-PLT(12030) ポイント特典

画像

jpg


















就活生に朗報? 「学歴フィルター」に異変あり  

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK26032_W3A121C1000000/


81 (1)

声が低いトップを持つ企業は規模が大きく、給料も高い 一方、チビで甲高い声のヤツは・・・

1 : キャプチュード(宮城県) 2013/08/23(金) 08:21:17.33 ID:4C3JyIJz0 BE:7305722699-PLT(12001) ポイント特典

政界や実業界で高い地位にあるリーダーたちは背が高い傾向にあることは、よく知られている。

いわゆる「身長プレミアム」と呼ばれる優位性だ。最近の研究で、似たような相関性が声の高さにも表れることが分かった。

それは、最高経営責任者(CEO)の声が低ければ低いほど、率いる会社は大きく、給料の額も大きくなるというものだ。

米デューク大学フュークア・スクール・オブ・ビジネスと米カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授らが、
米国で講演を行った男性CEO約800人の声の高さについて調査を行った。

過去に研究者が実験室で人工的に声の高さを調節して行った調査では、リーダーの声として好まれたのは低い声だった。

こうした研究・調査を踏まえて、次に検討すべきは、こうした実験が実際のCEOの成功の水準に変換できるかどうかだ。

デューク大のウィリアム・メイユー准教授は、労働市場では声の低い個人と大企業との間に一定の相関関係が見られるとしながらも、
こうした一致から有用な意味を見つけ出すためにさらに研究が必要だと指摘する。

声の高さは、背の高さや体の大きさ、顔つきなど、声以外の優越性を暗示する肉体的な特徴と関係があるのかもしれない。

そして、そうした要素が高給取りのCEOになるために及ぼす本当の影響についてはまだ不明なままだ。

企業幹部などのコーチングの専門家は、顧客に対し、もっと指揮権を持った人物に見られるようなしゃべり方をすべきだと助言している。

以下はソースで http://www.cnn.co.jp/business/35034861-2.html



81 (1)

「解雇の自由化」が進めば日本の企業は活性化する

1 : ロシアンブルー(dion軍) 2013/04/17(水) 17:10:08.61 ID:53RBXajX0● BE:1975543283-PLT(16140) ポイント特典

「解雇の自由化」が進めば日本の企業は活性化するってホント?

雇用の流動化を促し、労働生産性の向上を図るという名目で、安倍政権が議論を進める
「解雇の自由化」。安倍首相肝いりの政府の有識者会議である「産業競争力会議」で、
“解雇規制緩和”についての議論が行なわれているのだ。

そもそも、ここで議論されている「解雇」とはどんな事態を指すのか? 若者の雇用問題を
調査するNPO法人POSSE代表の今野晴貴氏によると、解雇とは使用者からの一方的な
雇用契約の解約のこと。勤務成績や適性など労働者側に問題のある「普通解雇」と、
業績不振や事業の失敗など経営者側に問題のある「整理解雇」のふたつのケースに大きく分けられるという。

「普通解雇の場合、会社側のさまざまな努力にもかかわらず、労働者に改善の可能性が
ない場合にしか認められません。整理解雇の場合も、『企業全体が赤字である(客観的な
経営上の理由がある)』『解雇回避の努力を尽くす』『解雇の人選基準が合理的である』
『当事者と労組に説明、協議する』という4要件があります。しかし実際には、ほとんど
この判例が問題になることはありません。退職勧奨で十分に人員整理はできていたからです」

今野氏が続ける。

「ただし、裁判を行なった場合、話は別です。もし、裁判で解雇が『権利の乱用』と判断されれば、
経営者は解雇を争っていた期間の賃金を支払った上で、その社員を職場復帰させなければなりません。
しかしその場合は、金銭を支払って解決することも一般的に行なわれています」
その額は数千万円に上るケースもあるという。さらに、不当な解雇が表沙汰になれば企業の信頼も
失墜しかねない。たったひとりの社員を辞めさせるだけで、企業は多大な損害を被ることもあるわけだ。
実際、正社員をクビにすることができずにいる日本の社会では、こんな問題が起きていた。人事コンサルタントの城繁幸氏が言う。

(続く)

http://wpb.shueisha.co.jp/2013/04/16/18504/



81 (1)
sponsored link
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ