1 :FinalFinanceφ ★ 2014/03/07(金) 00:45:56.20 0
警察の取り調べに対し、竹井容疑者は、涙を目にためながら、「後悔しています」と話しているという。
しかし、一方で、新たに「普段、どんなことを考えているのか」という問いかけに対して、
過激な言葉を口にしていたことがわかった。
竹井容疑者は
「まずバスジャックをして、人質を取って、そして空港に乗りつけて、
ハイジャックをして、東京スカイツリーに突っ込んで、社会に報復してやる」
と供述しているという。

その過激な言葉は、ネットの中でも見られた。
竹井容疑者がネット上に書き込んだとみられる文章には、
「私は現在、24才のセレブニートであります。悪を持って悪を制する信念と正義を持っております」
と記されていた。
これは、「除悪」という名でネット上に投稿された、竹井容疑者による書き込みの一部分。

さらに、
「子どものころは、爆弾を作ったり、うさぎをナイフで刺して、
サカキバラを尊敬し、まね事で首と腹を刺したこともあります」
と投稿されていた。
1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件で、
「酒鬼薔薇聖斗」と名乗った犯人を尊敬するという書き込みもあった。

竹井容疑者がネット上に書き込んだとみられる文章には、
「最後まで生き残った者が強者であり、死んだ者、謝罪した者は弱者となるのです。
下には下がおり、上には上がいる。
その狭間(はざま)の繰り返しが人生であり、本当の最強の人間の強さとは何かを研究するべく、
私はこれからも人生、戦っていく覚悟でございます」
とあった。

不可解な言動を繰り返している竹井容疑者。
2013年10月には、バイク店でトラブルを起こしていた。
竹井容疑者が訪れたバイク店の店長は、
「一番最初に来たときに、『キャンセル料払いますんで、バイク買いたいです』と。
いや、まずその時点からおかしいんで、
『いや、キャンセルするんだったら(バイク)買わないでください』と」
と話した。
結局、その場で購入を約束し、一度は申込書にサインをした竹井容疑者だが、
その後、キャンセルした。
店側は、竹井容疑者に店への出入り禁止を告げたが、
3カ月後、「バイクが欲しい」と、再び店を訪れたという。
竹井容疑者が訪れたバイク店の店長は
「『いや、ちょっとお客様、1回うちとトラブルがあったんで、出入り禁止ですよね』、
『だから、ちょっと帰ってくれないですか』というふうな話したら、
きのう(5日)の警察に連れて行かれる時みたいに奇声を上げて。
『なんでだー』っていうような形で。(いきなり大声を出した?)そうですね」
と話した。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00264301.html



81 (1)