こんにちは、クマ助です( ・(ェ)・ )
今回は、明日案内開始の『K MISSING KINGS』より「八田 美咲」「伏見 猿比古」
デコマス(彩色見本)をご紹介します!

両キャラクターとも、彼らが普段着ている衣装と異なる
「別冊spoon 2Di Vol.35」で描かれた軍服姿でフィギュア化しました。

共通したデザインの中に、各々のクランのカラーが入っていたり、
対の位置に腕章があったり、とても印象深い衣装ですので
フィギュアでも注意して造型・彩色いたしました。

それでは、まず「八田 美咲」からご紹介します。
 
八田 美咲

スケール 1/8
全高 約230mm(銃含む)
原型 さとう よしみ + 蒼炎の人形師
彩色 渡邊 恭大
赤のクラン《吠舞羅》の切り込み隊長である彼を、
勇ましく銃をかかげ、力を漲らせるような好戦的ポーズで立体化しました。

ジャケットやブーツの色味に対し、
髪や、ネクタイ・腕章などの暗めの赤色が映えて華やかな印象となりました。

特徴的な髪型は、背面から見ても八田らしく見えるよう
ランダム感に注意し再現しました。
背面から見ても、てっぺんからつま先にかけて隙なく決まっています。

銃をかかげるポーズに加え、この「ニヤリ」とした挑発的な笑顔、
そして眼帯によって、男らしさが増したカッコいい仕上がりとなりました!(*°∀°)=3

飾り紐や、ジャケットの裾に動感を設けた事で
ポーズの勢いが増して見え、角度を変えてもお楽しみ頂けるかと思います。


八田は、眼帯が無い姿も再現可能です。

眼帯有りと同じ勝ち気な笑顔ですが、眼帯が無い分
一層いきいきとした表情がお楽しみ頂けるかと思います!


続いては「伏見 猿比古」をご紹介いたします。 

伏見 猿比古

スケール 1/8
全高 約240mm(帽子含む)
原型 ぴろん
原型協力 アルター
彩色 鉄森 七方
青のクラン《セプター4》のナンバー3で、普段から不遜な態度の彼らしく
気怠げに銃を持ち、帽子に手を掛けたポーズで立体化しました。

青色が多用されている分、イラストを元に青色の差を設けた事で
全体で見て上品な仕上がりとなりました。

背面から見ると、メインアングルで見る印象と少し違い
意外と背筋が伸びている様子が見てとれるのがオススメのポイントです!

フレーム越しに流し目で微笑む表情となっており
伏見の持つ艶っぽさが感じられたら嬉しいです。(*´∀`*)

気怠そうな様子が、だらしなく見えないよう
銃を持つ手や、軽く曲げた左脚など、適度に力が抜けた表現をしています。

アングルを変えると、表情も少し変わって見えるのがフィギュアの醍醐味ですが、
袖からチラリと覗く左手首も、是非お手元でご覧頂きたいポイントです。

軍服は、やや硬めで厚い生地の質感を感じさせつつ、
動作のメリハリが分かるようにシワの形も工夫しています。
伏見の細身な体型や、八田の体の動きなどがご覧頂けるかと思います。

向き合うように飾ってみると、今にもバトルが始まりそうな印象にもなり
2人揃えて、お手元でぐるぐると眺めて頂けたら嬉しいです。

今回ご紹介しました「八田 美咲」「伏見 猿比古」
明日10月21日(水)より案内開始予定です!

ご予約については、弊社商品お取り扱い店舗様ほか
全国の模型店・量販店・アニメショップ等へお問い合わせ下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします!!!

それではまたの更新をお楽しみに( ・(ェ)・ )ノシ

(使用した画像は全て試作品につき実際の製品とは異なります)

© GoRA・GoHands/k-project