近況

DSC00022ちなみにこれが現在のFIAT124です。






やっと法事関係が一段落ついて模型製作に精が出ると思いきや今まであまりしてなかった畑仕事や作業小屋の片づけをしなければいけません。
畑の雑草の除去は休みの日にしないと仕事に影響するのでなかなか進みません。
で、ミニ耕運機を見てみたらこのような住人がいました。

kDSC00001かろうじてワタシが動かせる機械の一つです。
意外と楽しい~





kDSC00002ほかに同じタイプの畑の畝を作るタイプもあります。






kDSC00003左のアームにご注目







kDSC00004えっ







はい、いましたね。こんにちは。kDSC00005

皆で作ろう10 LM その1 ガルフの917

リンクのトップにあるWs43さんのところで久々に皆で作ろうが再開されました。
詳しくはリンクからどうぞ。
今回はルマンのクルマがテーマなので数年前からいじっては腕が伴わず完成まで持ち込めなかったミニレーシングの917ロングテールに着手してみたいと思います。
この車の詳しいことは省略しますがキット自体はかなり古い部類で中身スカスカでメタルの湯流れも怪しく隙間だらけですがボディシェイプは良好なのでプロポーションモデルとして完成を目指します。

p1p2デカールは怪しい状態ですが依然作った906では使えたのでストライプ以外は使用します。



p3p4ついでにショートテールの2台(ソリドミニカーのキットバージョン)も作ってみたいと思ってます。

こちらはライトカバーのヒートプレスとかしないといけないですが既に原型は作ってあるので何とかなるでショ。

DRAGON1/144 PANZER Kops 22 CHALLENGER2 ・ WARRIOR 完成

他の模型も作らないといけないのですぐに出来そうな1/144タンクの塗装をしました。
下地は黒で本体はデザートイエロー。
そこに筆で足し色して汚し、墨入れ、デカール、フラットクリアーでコートして終了です。
特に変わったことをしていませんが完成すると気分が良いです。

T1T2食玩の完成品くらいに見えてればいいですね~

DRAGON1/144 PANZER Kops 22 CHALLENGER2 ・ WARRIOR

数年前にITOさまからいただいたキットに手を付けました。
1/144なのでガンプラと対比するにはちょうど良いキットです。
以前でていた食玩のタンクとも並べることもできそうです。

DSC00028キットは2種入っていてエッチングのデティールアップパーツがついてました。
接着は瞬間接着剤です。





DSC00029とりあえず組んでみた。
ほとんどバリもなく良好なキャスト状態。
材質は硬質のポリっぽい樹脂で細かい番目のやすりでないとケバ立ちます。




DSC00030DSC00031エッチングは多少本体の方に加工をしないと付けることができません。
特にWARRIORはエッチングのほうが大きいので多少胡麻化してます。CHALLENGERの方はモールドの一部を削るくらいで済みました。
次は塗装が待ってます。どうしようかな~

後で調べたら食玩をキットにしてエッチングを付けたDXバージョンだったようです。

裏作Fujimi TOYOTA MARKⅡ GRANDE GX61

DSC00027去年から手を付けていて絶賛放置中でした。
キットはオバフェンやでっかいウイングなど付いた結構豪華仕様です。
ですが目指すはストリートレーサー。



DSC00023実は最近まで全く塗装してなかった・・・
それは屋根が割れてリカバリが結局できずタテに割れ目が出てしまっていたからです。
こうなったら塗装で楽しむことにしました。



DSC00024で、一気に完成まで持ち込みました。
今回窓枠はマスキングしてメッキカラーNEXTでやってます。
クリアーコートしてみたらちょっと輝きが落ちたようなので次回はその辺を調整することにします。


DSC00025DSC00026

AUTO REPLICAS 19 1/43 FIAT ABARTH 124 SPIDER その2

かなり更新をしないでいました。
現在FIAT124はボディの基本塗装が終わった状態まで来てますが途中の工作の様子を先にUPしておきます。
このキットはウインドウパーツがエンビ板一枚入っていておそらく設計図に型紙でも付いててその通りに切り出して使う仕様のようです。
ですが説明図が欠品してるので自作しないといけません。
その辺の模様を画像で
DSC00001まずはウインドウをマスキングテープで覆います。
このマスキングテープに大体の大きさを書き込みます。


DSC00002はい、ペン入れ終了です。
これでおおよその大きさが把握できます。




DSC00003そしたらそのテープをプラ板に張り込みます。
これを型紙よりやや大きめに切り出してからウインドウに合わせて削っていくわけです。なのでプラ板は薄目が都合よいです。


DSC00004はい、これで型紙ができました。






DSC00006次に屋根のリアウインドウが曲面なため自作断念しました。
そこでホンダのSロクのオープン仕様のように黒いアレを作ってみたいと思います。
大体の大きさのところにマスキングテープを貼ってそれを目安に切ります。


DSC00007まだちょっと大きいようですね~。
もうちょっと調節してちょうどよい大きさを探すとしましょう。




DSC00008リアシートカバーも同様にしてマスキングテープで型を取っていきます。
トノカバー風にしましょうか。




DSC00009こんな感じになります。

久しぶりにちゃんとした模型屋で買い物しました

DSC00003さてここはドコでしょうか?
雨が少なかったようで水位が下がってダムの底に沈んだところがところどころ見えています。




DSC00005DSC00006







DSC00007とても景色の良いところです。
7月27日のお昼です。





DSC00004本当に久しぶりに食べ放題に来ました。
70分税込み1100円でした。
思ったほど沢山は食べることができませんでしたが満足しました。
人数制限と入念な消毒で安心感があります。
上の画像は食事をしながら見える風景です。

DSC00008DSC00009そろりそろりとお隣の北上市に参上しました。
一般的な食事処ではものすごい混雑で県外ナンバーのクルマ(ワタシもですが)が多かったので知る人ぞ知る?ココに来てみたら県外ナンバーはワタシらともう一台のみ(どちらも秋田でした)で一般的に言われるような差別も全くなく安心して行くことができました。(とはいえ安全{手洗・消毒・マスクなど}にはちゃんと留意して行動しましょう)
で、この日の購入品はこれ
一番クジのMGガンダム&コアファイターのみ横手のブックオフの中古で3,2K(税込み)、他はアメリカンワールドで購入しました。
このほかに本まで買って財布には1Kくらいしか残らなかった・・・買いすぎたかな~
DSC00010

AUTO REPLICAS 19 1/43 FIAT ABARTH 124 SPIDER その1

いきなりですがもう制作始めています。
数年前にヤフオクでジャンクで購入したキットです。
ワタシの制作したオートレプリカのキットとしては3作目になる(のか?)
DSC00028ジャンクの理由は説明図が無い
窓枠パーツが3つに折れてる
タイヤの劣化



DSC00023早速無理やり接着してみました。
もともとのパーツに歪みがあったので大丈夫かな~



DSC00024DSC00025一応補強とガイド用に真鍮線使いました。
隙間だらけですが一応付いてます。


DSC00026それを少しづつやすって整形していくと・・・





DSC00027なんとか見れる?ようになってきました。
でも屋根は無理っぽいので付けないでオープン仕様で作る予定です。

Racing43 1/43 Ford Escort Cosw. Martini 1 その4 完成

前回の更新からかなり時間が経ちましたが完成しました。
間に父の葬儀が入ったためです。
無事に納骨もすませ、落ち着いたところで完成となりました。
その辺のいきさつは後程に・・・
DSC00017かなり手強かったこのキット。
まずパーツの裏側がデコデコしててかなり荒い鑢で成形。
ボディとシャーシの合体方法が接着
タイヤが二回りほど小さい
ロールバーが合わないなどなど

DSC00019でも完成してしまうとメタルキット独特の重量感でエッチングのおかげか精密感があります。
デカールもソフターと湯を使えば複雑な面にもちゃんと密着します。
久しぶりの43制作なのであまり改造はしませんでしたが十分です(個人的に


DSC00020人によってはテールランプの透明パーツ化とかコクピット内のディテールアップなんかをすると良いとかあるんでしょうがイイんです。
完成させることのみが今回の目標でしたから。



DSC00021個人のスキルに合わせて無理しないで作ることを楽しむのが趣味ですから。
私も中学生の頃は自分のスキルがどれほどか分からず、HJなどの記事を読んでは作れる気になって大改造をしては途中で放棄を繰り返してました。
所謂、設計思想が高すぎて実力が伴わなかったというところです。


DSC00022前の記事にコメのあった方は10年ほど前に放置したキットの制作再開したとのことで、私の制作した記事にアドバイスしていただきましたが私の場合は現在のスキルで完成させることを最優先させていますので必要以上だと自分の感じた改造は一切行っておりません。
なのでそこのところをご了承ください。

ぜひそのようにしたほうが良いと思うのであればご自分のこれから制作されるジュノーンに反映し、完成させてブログなどで発信されることをお勧めいたします。
私は素で組んでも全く気にしない人ですので物凄い完成品はできません。
今まで通り作ってみたいと思ったモノをカタチ(完成)にするのみです。

Racing43 1/43 Ford Escort Cosw. Martini 1 その3


楽しみにしていたデカールです。
このキットのデカールは透けもなくデカールソフターも良く効いてくれて非常に貼りやすかったです。
なのでついつい午前1時過ぎまで・・・・
DSC00002まあこんな感じでやってます。
窓枠のブラックをデカールの後で仕上げてと思ってたら一部その上にデカールを貼る部分があったので多少順番を変える予定。


DSC00003ボディのほうは今のところ順調です。
クリアーコートで焦らなければ大丈夫でしょう。 
記事検索
プロフィール

K野

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード