2011年09月

Porche935 ルネッサンス タイヤとホイール


今日は暇な時間にホイールとタイヤにデカールを貼るところまで進めました。
タイヤは一応トレッド面をやすって平らに加工し,ホイールディッシュは黒塗装してからデカールを貼りこみました。
デカールはやや硬めのため軟化剤と蒸しタオルで対処しました。
完全乾燥させてからクリアーコート処理します。
デカールが硬いようなのでボディの曲面に貼る部分は塗装処理しないと完成までもっていけない気がします。
他のパーツは溶きパテで処理中で絵的に面白くないので画像はありません。


GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER ジャンク大好き


お次の食い散らかしキットはこれです。
マーキングがカッコ良かったのでついジャンクキットを買ってしまったものです。
パーツ欠品(ホイールナット)、説明書無しでボディはいくらか加工された跡があり、ウインドウパーツ切り出し済みで1260円は高いか安いか?

ボディ下部には気泡が見られます。
テールランプもクリアパーツにしたいところです。

とりあえず気泡を瞬着で埋め、うすめ液で離型剤を落としてからプラサフを吹いておきました。
今回1回目のプラサフはソフト99を使ったのですが食いつきが悪く、2度目にはホルツを使用しました。
両者の違いはホルツのほうが薄めでがっちり食いつく感じでソフト99は吹きつけ型のプラパテのような感じなので先にホルツで食いつかせてから99で厚みをもたせて仕上げたほうがうまくいきそうです。
でもホルツを扱っている店が少ないので探していたところ、以外や以外すぐ近所のコメリ(ホームセンター)でフツーに売っているのを発見し大感激!
灯台元暗しですね。

Porche935 ルネッサンス 小細工してます


夫婦そろって風邪をひいてしまい更新が出来ませんでしたが今日は体調が良くなったので午後から製作を始めました。
リアウイングのエッチングはそのままだと接着剤で網目がつぶれる恐れがあったのでくりぬきました。
中に他のキットのエンジンパーツをあてて見えるか試してみましたが良く見えないようなのでエンジン搭載はオミットしました。

ライト関係のエッチングはレンズ部が無くペラペラなのでエポキシ系の接着剤を盛ってみました。

やってみると見栄えが良くなりました。
ただ速攻5分のタイプのため作業をかなり手早くしないとドロドロになって盛りずらいので乾燥時間が長めの接着剤のほうが良いかもしれません。

ホイールの中に入るパーツですがかなりエッチングとの合いがぎりぎりなのでやすって塗装が接着部につかないようにマスキングしています。





Porche935 ルネッサンス エッチング切り出し中


このキットはとてもエッチングが多く処理が大変です。
一部エッチング自体が大きすぎて合わない部分があるのでトリミングしなければいけません。(リアウイングの網目の大きい方の幅がありすぎで塗装しちゃったらもっと合わなくなる)
特に画像に写っているメッシュ関係パーツは薄い上に硬いのでゲート処理がキツイキツイ。
43を始めた頃でしたら多分大喜びでやってたんでしょうケド、40代半ばの今のワタシにはもてあまし気味です。
中古のお手つきで買ったキットなので覚悟はしていましたがホイールのロックナット4個すべて欠品であることが先ほど発覚しました。
一応コトブキヤの樹脂パーツセットに似たような形状のものが有りましたので代用することとします。

Porche935 ルネッサンス 調色


このごろ天気が悪く湿度が高いので塗装の準備としてデカールを参考に青系の3色を作りました。
一部デカールではムリな部分が発覚しましたのでタッチアップ用も兼ねています。

これはスパーク(多分)のミニカー。
ミニカーよりはリアルに作りたいので参考にしてます。
なお実車の画像を検索してみたところ年代別にル・マンの車の画像を載せてあるサイトを発見しました。
Racing Sports Cars http://www.racingsportscars.com/photo.html
ここのギャラリーのカテゴリーで選んで年式をクリックすれば一覧が出ます。
一台当りの画像は1,2枚ですが当時の迫力ある画像が閲覧できます。

オマケ的に本体画像です。
エッチングを貼り始めました。
フロントフェンダー後端につく網目のエッチングがつく場所が問題でそのまま合う場所に付けてしまうとドアに接着するしかなくドア開閉の辻褄が合わないような?
マフラーは中央から2本出しのようですが付属パーツをそのまま使うと角度が全く合わないので調整が必要です。

記事検索
プロフィール

K野

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード