2014年01月

MAZDAを作る会 005 エポパテ盛その後

mazda008だいたい削ったあとで輪郭を入れてみました。今のところそう見えないでもない状態です。色のせいか余計に銘菓ひよこっぽく見えますね。窓枠はこの後でプラ版にて枠を作って左右の整合ができるようにしようと考えています。

MAZDAを作る会 004 エポパテ盛

そろそろこちらを進めていかないといけませんのでさらにエポパテで盛り付け成長させています。
mazda006ほぼ希望の大きさになりました。そこで乾燥を早めるために反射式のストーブの近くで乾かしていたところ・・・




mazda007内子の黒いヤツが膨張して勝手に出てきました。しょうがないのでほじほじして中空ボディもどきの出来上がりとなりました。最初に高密度のエポパテで盛っていたのでかなり強度はあります。これから少しづつ削っては盛をくりかえします。

PROVENCE POSCHE911GTI CARBONE 96 004 エッチングパーツ

久々に43をいじってます。エポパテの部分はとっくに整形済みなので日中の目が良く効くうちに細かいエッチングパーツを片付けようというわけです。
911gti008911gti009隙間の大きかった部分は画像のとおりうまく埋まりました。



911gti010リアエンドのデフューザー下に取り付けるパーツですが97年用と違い折り曲げる作業を必要とします。目玉クリップで挟みこみピンセットの持ち手側の広い部分で押さえ込むように曲げました。


911gti011なんとか取り付けましたがなんとなく歪んでいるのはご愛嬌(笑)

バンダイ1/72ダンバイン000 

d00なんとなく旧キット1/72ダンバインが6箱集まりました。生産時期によって中身は3種類、ボックスも3種(ショウザマ用だけで)ありました。しかし一番最初に出た黒い箱は入手しておりません。(箱の白地部分が黒いもの)


d01まずは最初期。頭部がイメージと違いすぎで目が小さい、羽がすりガラス状、足の爪がロボット状で鞘にソードを収める仕様に組むためのパーツ61番がありません。



d02次に中期。設計図によると初版から2ヵ月後にあたる生産から頭部が改修され鞘にソードを収めた状態用に61番部品が追加されました。ちなみにトッド用はこの時期のキットを流用してました。


d03最後に頭部の改修に続き、足の爪が生物的表現に変わり、羽もスジのモールドの入ったものに変わりました。後から出たマーベル用はこのキットを流用していたようです。これだけ短期間に改修が何度も行われていたことからいかにバンダイがユーザーの声を聞いてそれを可能な限りキットに反映させていたかがわかります。ちなみに一番新しい生産のものは箱にバーコードが付きサイドの部分に白いところがあり、設計図に再版をあらわす再の文字が入っています。キットそのものはほとんど変わりませんがオーラコンバーターの裏に入っていたBANDAIの文字などが消されています。もし手持ちのキットがあれば比べて見ると面白いかもしれません。

d06設計図は右が初版、左が改訂版。パーツの追加がわかります。なお完成写真は初版のものをしつこく使っていたのでキットの素性を知らない若いモデラーはHG版に手を出すことのほうが多かったでしょう。でも今頃になって旧キット改造の魔力に取り付かれたK野はこちらでダンバイン3機編隊を作ろうとたくらんでいます。とはいえビアレスとライネックは旧キットが存在しないため買っちゃいました。でもそのまま組むと旧キットと大きさがあまりに違いすぎるので縮小改造しようかなと考えています。

今年も大雪

ここ数日更新が無いのは先週の土曜日に仕事が終わってから下屋根の雪下ろしをして右肩を痛めたせいで2日ほど完全に何もできなかったから。あまりに痛むので普通に眠れませんでした。今は湿布等を駆使してなんとか仕事ができるくらいには回復していますが今年の積雪ペースは異常です。今朝は息子を高校に送って行きましたが前に路線バスがいて止まる止まる。で、堤防道路に回避して無事に遅刻を回避しました。
snow道路の壁がクルマより高いのがわかりますか?毎日がラリーの雪上ステージです。

記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード