レストア 改造 完了

solido FERRARI330P3 012 完成

途中放棄時間がかなりありましたが再開したら一気に完成しました。本当はもう少しクリアーをかけたいところですがデカールが怪しくなってきたのでそのままです。満足のいく完成度ではありませんがコレはコレで良しとします。
330p039330p040





330p041330p042






330p043最後にオリジナルモデルとツーショット。ライトを変更しただけですがかなり印象が変わりました。ちなみにレストアしたほうは新しい型で旧型から変更があったようでガソリンタンクの追加やリアカウルキャッチの留める側の形状の変更などがありました。

コーギーのロータスエラン

今週の月曜日に病院へ行ったあたりから体調が悪くなって暫く制作から遠のいていましたので過去にレストアしたミニカーでお茶を濁したいと思います。
coer01コーギーの名作ロータスエランです。ヤフオクで色ハゲ、ボンネット無し、オマケに金色に筆で塗装がしてありました。おかげで超格安で入手できました。



coer02まずは塗装を剥離し、欠品のボンネットを現状合わせで1mmプラ板から切り出しました。




coer03バックボーンフレームはメッキの剥げが酷かったのでやすりで削り取り、クリアーで保護、あとはカムカバー等を塗装して完成しました。



coer04ちなみにコチラが後に入手したオリジナル。ボディカラーはこのオレンジのほかに明るいブルーがあったようです。



coer05レストア版はヒンジの場所が良くなかったようでここまで開けることはできませんがさすがオリジナル出来が良いです。



coer06バックボーンフレームはこんな感じです。カムカバーに色がある無しで感じがかなり違います。

京商1/64改 Ferrari365GT4デイトナ ルマン


031が現在パテ盛中で画像的に変化がないので過去の改造品をUPします。
コレはサークルKサンクス限定1/64デイトナの改造品です。
ベースは黒い台の前期型ですべて塗装剥離後にワイドフェンダー化し、それぞれの特徴にあわせて改造しています。

一番変更点が多い1974年。
フロント部がかなり大変でライトカバーをヒートプレスで作りスワロフスキークリスタルをライトレンズ代りに装着、デカールはプロバンス43のデータを利用しすべて色の調整をしながら塗り絵して製作してます。

こちらは1972年2台。
トリコロールカラーの方はデカールの参考になるものが少ないのでモデルカーレーサーズに掲載されていた43の画像を利用しリサイズ、清書しています。




CORGI TOYS154 Ferrari F1

今日は雪の降る東北定番の雪囲いの準備と家具運びをしていました。
おかげで体中の節々が痛み(運動不足です!!)、製作ドコロではありません。
よって過去のモノから貼っていきます。


コレはコーギートイのモノでタイヤ1個欠品、ドライバー首チョンパ!、ウインドースクリーン割れで塗装にかなりダメージがあるものをヤフオクで入手してレストアしたものです。
タイヤとホイールは贅沢にもBBR製、ドライバーの頭はエポキシパテでコネコネ、スクリーンはプラ板切りだし、ゼッケンナンバー4の文字はホワイトデカールからの切りだしで出来ています。
なんかホイールだけすばらしく見えてバランスが良くない気がするのでいずれSRCの同じF1のキットを作る時にでももっさりしたメタルのホイールにでも換えようかな~
なお次回作はまだ決定しておりません。
私の場合クルマのレースのローリングスタートの様に複数に手をかけておいて気が向いた時に1個だけ集中して完成に持ちこむ習性がありますので途中で中断している物があっても気にしないでください。

Solido Ferrari365GT4 デイトナ キット


オークションでたびたび見かけるソリドのキット。
中身はミニカーのバリすら取らないボディパーツと樹脂部品で構成されたシロモノ。
デカールは箱に写っている3バージョン分入っているのですが少し版ずれがあるので完璧を求めるモデラーと初心者には不向きかと思われます。
な~んにも考えずに細かいことには目もくれず楽しんでみました。
とはいえダイキャストの部品の硬いこと硬いことモーターツールなしでは作業がはかどりません。
昔、超合金のレストアをしていたのが役に立ちました。

開閉式ドアはデカールを貼る時に大変なので接着して隙間埋めし、サイドだしマフラーとテールランプ小のみ追加しました。
デカールがもう2台分あるのでジャンクを手に入れて36番車でも作ろうかな。

記事検索
プロフィール

K野

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード