GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER

GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER 完成!


完成しました~
問題点はかなりありますがなんとかまとまりました。
やっぱりハコ車は難しいです。
オミットしたのはボンネットのキャッチピン(オーバースケールぎみ)とワイパー。
これからの課題は自作パーツの作成とウインドウの合わせです。
次は何進めようかな~?

GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER ラストスパート


昨日貼った分のデカールにクリアーコートしています。
勢いでライトカバー、牽引フック、ドアミラーを組み付けまで進めました。
良く乾燥させてからボディを磨けば最終組みつけに入ることが出来ます。
ワイパーに塗装するついでにコレ

黒くしました。
かなり放置プレイ状態でしたが乾燥待ちの間にいぢろうかな。

GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER ウインドウ組みつけ


今日はウインドウ関係の接着と残りのデカールを貼っています。
前の持ち主がある程度切り出していた状態でしたが合わない合わない・・・
一部強引に接着しています。
ボディ関係はライトカバーの切りだし、ドアミラー、ワイパー、牽引フック装着が待っていますがその前に後から貼りつけたデカールのクリアーコートをしなければいけませんのでしばらく乾燥させておきます。

タイヤ,ホイールは組み立ててデカールを貼りつけています。
こちらもクリアー処理(モチロンつや消し)待ちです。
ボディが進むと勢いで進めて失敗の元となるのでここからはあせらずに進めていきます。

GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER クリアー塗装開始


今日は暇な時間にクリアーを吹いていました。
といっても恐ろしいことに砂吹きから本吹きまでをなんと缶スプレーのみでです。(初の試みです)
缶をスチーマーで充分に温めてから軽く吹きつけるのを3回おこない、充分に乾燥させてから厚めに吹いています。更に充分な乾燥をさせてから強度が出るくらいまでこれからクリアコートしていきます。
以外に缶スプレーでも出来る物です。もし失敗するのであればその原因は
1.デカールの密着が甘かった
2.完成を急ぐあまり砂吹きの段階で多く吹きつけすぎた
3.砂吹きの回数が少なくデカール全体を覆うくらいコートできていなかった
4.缶スプレーの温め方が少なく吹きつける圧力が弱かったためクリアー塗料が多く吹きつけられた
のいずれかに当てはまると思われます。
シャーシはほぼ組み立てが終了しつや消しクリアーを吹きつけてます。
ちなみに目玉クリップについている4つの点々はホイールナット(コトブキヤのプラパーツを組み合わせた物)で塗装しています。
これからの問題はクリアーパーツ(ウインドウ)に貼るデカールの処理とネガティブキャンバーのついている足回りの再現になるでしょう。

GAMMA MODELS BMW318i WARSTEINER デカール作業


まずは失敗した時の保険でデカールをスキャンしてデータを残します。
そして・・・

勢いで一気にボデイ全部貼りました。
一部デカールが大きすぎてトリミングしましたが模様の辻褄はなんとか合わせることが出来ました。
これから良く乾燥させてクリアーコートの準備となります。
あせるとせっかくのデカールが台無しになるので慎重にいかないと。
やっぱりデカールの多いキットは疲れますが貼り終えた後の充実感とカッコ良さでテンションあがります。
記事検索
プロフィール

K野

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード