酒とゲームとモバイルな日々

ゲームとか、モバイルとか。PDAでのムービー鑑賞と、PCゲームのコンバートがメインです。酒はあんまりw。

8/25に引き続き、肥薩線の白石駅へ来ています。今日は両親も一緒。
まずは11時過ぎに下り「SL人吉」を撮影しました。


SLと記念撮影。両親もご満悦ww

そのあとは例によって大野温泉センターで昼食。それから今度は13時半頃に上り「ななつぼし」を撮影です。


「ななつぼし」牽引機のDF200-7000番台。アップにしてみましたw

期間限定ですが、この夏、肥薩線は賑やかです。

小藪眼鏡橋を訪問

旧国道の「御籠据所跡」から坂を下っていくとあります。

貴重な江戸時代の石橋にガードレールを打ち付けてあり、文化財保存の観点からはどうよ?と思うのですが、今でも地元の生活道路なので仕方がないかw
橋のたもとの看板がなければ素通りしそうです。


その看板。建造は嘉永5年(1852年)頃と記されています

続いて「赤松第一号眼鏡橋」

こちらも立派な石橋です。橋の欄干と柱の飾り彫りが特徴です

消えかけていて見えませんが、嘉永6年頃と書いてあるようです

2017/6/8に予約したBトレ 「鹿島臨海鉄道6000系 ガールズ&パンツァー ラッピング列車2号車+3号車」がヨドバシドットコムから到着しました。 発売予定が9月30日だったので1ヶ月以上早い到着となります。予定延期っていうのは頻繁にあるのですが、早くなるのは珍しいなww
前回発売の2号車単品は購入していますが、今回は実際に大洗で乗車した3号車に四号戦車H型が付属とあっては買わないわけにはいけません。


外箱です。パッケージは前回発売の2号車です。


開封してみました。うはwww部品多いwww パッケージ裏側は3号車がデザインされてます。

さて、時間が取れたら組み立てたいと思います。

休日です。久しぶりにJR白石駅へ出かけてSL人吉を撮影。


久しぶりにやって来ました。自宅から車で20分ww


下り「SL人吉」を撮影。以前、当ブログのタイトルで使用した画像です。


そのあと大野温泉センターまで移動して田舎料理バイキングで昼食。


道の駅・大野温泉センター。白石駅から車で10分。檜の露天風呂が素敵です。


お昼のバイキング。お茶、鶏ごはん、お煮しめ等の和食が食べ放題。

「田舎のお惣菜」といったメニューが並んでいます。華やかではないがホッとする味の料理ばかりで寛げます。時間があれば食後に温泉も。

昼食の後、熊本地震で運休していたクルーズトレイン「ななつぼし」の復活一番列車を撮影。

久しぶりに肥薩線に帰ってきた「ななつぼし」の雄姿

珍しく動画も撮ってみましたが、カメラの設定が画像サイズQVGAになっててワロタ。サイズ小さすぎ(泣)

薩摩街道に架かる「新免眼鏡橋」を見てきました。


国道から見えていたのですが、気が付きませんでしたw


詳しい案内板が設置されています。


付近には同じような石橋が数ヶ所に残っています。

この石橋、農道&生活道路として現役で、車も普通に通っています。

「芦北メガソーラー」、大規模太陽光発電所を見に行ってきました。


こんな感じで、山頂付近にソーラーパネルが設置してあります。


展望所の駐車場にはこんな案内パネルが設置されています。


展望所と愛車。


上り下りはこんな感じの道を走ります。狭いよww


さて山を下り、いつもの通り海岸線を自宅方向に向かっていると、海上に異常に大きな船が航行しているのに気が付きました。
いつもは漁船やうたせ船などが航行しているのはよく見ますが、それと比べると異常にデカい!
タブレットで調べてみると、本日14時に八代港を出港してきたロイヤル・カリビアン・クルーズ社の「オベイション・オブ・ザ・シーズ」のようです。
全長348m、排水量16.7万トン!屋上部分にクレーンのような空中展望ゴンドラを装備した豪華客船です。


最初に見つけたときはこんな感じでした。なんかデカイのが居るwww


望遠400mm相当で撮影。おー!豪華客船だー!


その後、屋上の展望ゴンドラを高々と上げながら南へと去っていきました。またおいでー!


ロイヤル・カリビアン・クルーズ社HPより。

167.000トンの客船なんて実際に見たのは初めてですw 八代港は外国客船の誘致を積極的に進めているようなので、今度は港まで見に行ってみようかと思います。

今日は「宮崎・シーガイアを100倍楽しむ方法」でお馴染み、神奈川県在住のケントさんの誕生日です。おめでとうございます。最近は宮崎以外にもあちこち触手を伸ばされているようでwww いつも旅行記を楽しく拝見しています。

田浦官軍墓地
西南戦争時に病死した陸軍兵士のお墓だそうです。


実はこれは案内支柱。実際のお墓は100mほど山側にあります

合戦場の首塚
文禄の初めに起こった「梅北の乱」で、反乱軍の武将二人がこの地で討ち取られ、
その首がここに埋められていると伝えられています。。


何の変哲もない農道の脇に「首」です。物騒ですwww

薩摩街道 御籠据所跡
名前の通り、籠を置いて休憩した場所だったのでしょうか。30mと書いてあるので行ってみましたが、それらしいものは有りませんでした。


大平眼鏡橋の近所にあります

このページのトップヘ