April 2014

April 30, 2014

SIDI WIRE CARBON VERNICE インプレ

使用開始2か月。(比較対象はMAVIC HUEZ、SIDI MTB EAGLE 5-FIT)
DSC02221
左から、HUEZ(38.0)、WIRE(39.0)、EAGLE 5-FIT(38.5)

一言で言うと「硬い」

これは良い意味でも悪い意味でも当てはまる。
カーボンソールのことは置いといて(HUEZもカーボンだったから違いがわからん)、アッパーのVERNICEが普通のそれに比べて伸びが少ないので剛性の高さを感じる反面、足型やサイズが合っていなかったりすると痛みが出るかも・・・?
僕場合、春先の寒い時につま先の痺れを感じた。(かじかんでるのとは別に)
現在は馴染みも出始めたのかどれだけ締めこんでもそれは感じなくなった。
(ちなみにS-WORKS ROADを試し履きする機会があったんだけど、アッパーはS-WORKSの方が断然柔らかい。)
DSC02222
EAGLE 5-FITの履き口はメッシュなのに対し、WIREは履き口までVERNICE。
前者はクニャクニャ、後者はカチカチ。
すぐに自分の足型になったEAGLE 5-FITに比べてWIREはエイジングに時間がかかる。笑

とは言っても、全体のフィット感はもちろん申し分なし。
足に合っていないとシューズを脱いだ時に開放感を感じるけどそういうものはない。
休憩時に「脱ぎたい!」とならないのだ。

ワイヤー締め付けのTECHNO3システムも微調整がしやすくていい感じ。
ただレバーを起こさなければ締め付けできないのがBoaダイヤルに比べると劣る点かな・・・

HUEZに比べて重量が重くなったけど、その辺については特に何も感じない。笑
クライマーならフィット感よりも軽さを追求してもいいのかもしれないが。
DSC02220
DSC02219
両者ともインソールはSUPERfeet、クリートはSPEEDPLAY。

つま先から履き口までカッチリとした印象のWIRE。
少しのパワーロスもしたくないレースでは良い選択だけれど、ロングライドとなると果たしてどうか?
と言うのが現時点での印象。

aluminium_fr at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車×ウエア 

April 28, 2014

今月の物欲

自転車に乗れないなら・・・ということで
DSC02215
チューブラーとセラミックベアリングプーリー買ってみた。

DSC02216
challenge STRADA ここは流れに乗って25Cに挑戦。
パンク耐性がVittoriaの同名と同じとならなければいいが。
さてこれを何のホイールに貼りましょうか・・・というと使ってないちょうどいいのがあるんだな♪

で、もひとつ。
最近プーリーの抵抗について気になっていたので、まずは安~いFSAのでお試し。
DSC02217
対象はシクロクロスのVELOCE。
調子が良かったらロードも考えてみよう。(ビッグプーリーとかもアリかも・・・)

aluminium_fr at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) BUTSUYOKU | 自転車×機材

April 27, 2014

戒めの落車

あまり覚えていないのでダイジェストで。

水曜日、深夜上がりで颯爽と夕方コースに。
DSC02208
2往復しようと思っていたところ、1.5往復目に脚が攣ってどうにもならなくなり大平寺側にエスケープして布引で休憩。
帰りのR8を調子よく走っていると後半にいい感じでトラックペーサーに乗る。
いつもはアパート前の交差点で曲がるんだけど、調子がいいと信号に引っかかるまで走るのが恒例。
が、そこから3個目の信号で落車。
正直何が起こったのかは全く覚えていない・・・
救急車で病院送りになり頬を5針ほど縫いました。
他は軽いむち打ちと左ひじと左肩の擦過傷。
頭がまともに働くようになったのは実家に帰って寝て起きてから。

当初、わき見(こういう時は絶対にしないんだけど・・・)によるトラック激突かと思われたんだけど、けがの状況、自転車の傷、タイヤの減り方、そしてGARMINログからして、トラック?回避による単独落車だと思われる。
しかし、スピードは30km/h以下に減速していたのでなぜ落車にまで至ったのかは依然謎のまま。
一部始終の目撃者と思われる後ろの車はそのまま通り過ぎて行ってしまったようで・・・(まさか?・・・ね)

なんにせよ大事に至らなかったのは不幸中の幸い。
今回は数日お休みをいただき会社にも迷惑をかけてしまって申し訳ない気持ちで一杯です。
しばらく?は自制しますが復帰したら気を引き締め直して自転車を楽しもうと思います。

連休にも入り気持ちよく乗れる時期になりましたが、みなさんもお気をつけください。
能生練 2014-04-23, 速度
距離 55.8km(高度上昇値538m)
時間 1:53
平均速度 29.5km
平均心拍数 153bpm
平均ケイデンス 90pm

aluminium_fr at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車×トレーニング | 自転車×etc...

April 24, 2014

CRUXで3ヶ月シクロクロスした結果

OltreのOHが終わってこちらもやっと作業開始。

メインに乗っていた期間は去年の12月~3月上旬まで。
3ヶ月ちょい、本来のシクロクロスシーズンのほぼ半分の期間。
走行距離1000km、走行時間60h、アクティビティ回数52回。
単純に考えて2日に1回以上は外乗りしてたらしい。笑
今年は雪が少なかったことを考えてもロードではまず考えられない数字。
練習場所はグラウンド周辺の土手、山の中のシングルトラック、たまに河川敷、といった具合。

チェーンは完全に伸びきっているのは分かっていたけど、果たして他はどうか。
DSC02188
DSC02195
はい、期待通り!
ヘッドの下ワンのベアリング。

と言ってもここが一番ひどかったかな?
DSC02190
フォーク側は思ったより綺麗。

DSC02189
カンチブレーキ受け。
付け根に泥の塊あり。

DSC02191
シートチューブ。
思ったほど異物の侵入なし。

DSC02192
トップチューブブレーキアウター出口。

DSC02193
そんでもってBB内部。
こちらも思ったより綺麗!
DSC02194
CULTにも水の侵入の痕跡はほぼ無し。
ただペラペラのリップシールの外側の隙間にごっそり砂と泥が詰まってた。
水が入りやすくて頼りない奴・・・と思ってたけど異物の侵入はしっかり防いでたんだな!

DSC02187
チェーンはOltreほど伸びてなかったけどもちろん交換!

全体的に程度がよかったのは、こぶたさん直伝の洗車&メンテナンスのおかげだろうか。
肝は各部水や泥がたまりやすいところには浸透油(ラスペネとか556とか)ぶっかけ!
洗車する時間が無い時でもこれだけは欠かさずやっていたんだな。
DSC02196
さーて各パーツの洗浄をこれまたチマチマとやっていきましょうかね。

と思ってたら自分もOHしなきゃならない事態に・・・

aluminium_fr at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車×cyclocross | 自転車×メンテナンス

April 22, 2014

オルトレイルはオーバーホールにあり

前回の記事タイトルをGoogleで翻訳するとこうなる。笑

ということで、OltreのOHもやっと完了!
早速走り込みにたにはま公園まで。
久しぶりのロード、さら脚のためか思いのほか調子がよかった!
谷浜ICの東側の上り以外はすべてアウターで。
復路でシフトワイヤーの馴染みが出たのか少しずつ張り調整しながら帰宅。
DSC02199
巷で流行りのショットを。笑
DSC02202
桜が散ったらもうすぐ新緑の季節!

さて、今回バーテープをリザードスキンからスーパーカズさんじゃなかった、スパカズに変更。
SMPとのイエローもさほど違和感はなし。
DSC02197
巻く前はちょっと厚くて柔らかすぎじゃないの~?って思ったけど、よく伸びるのでこの辺の感触は自由自在。
ブラケット回りも皺にならずピッタリ貼り付いて巻きやすい。
やや張り気味にしたらとってもいい感じ。
グリップ感はリザードスキンを凌ぐかも・・・
それにコシもあって下ハンでパワーをかけても吸い付いてるよう。
う~む高いだけあるな。
濡れた時の感触や耐久性次第ではシクロクロスにも採用したいところだ!
たにはま公園往復 2014-04-22, 速度
距離 71.1km(高度上昇値204m)
時間 2:11
平均速度 32.6km
平均心拍数 156bpm
平均ケイデンス 96pm


aluminium_fr at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車×Oltre | 自転車×トレーニング