December 2018

December 25, 2018

シクロクロッサーたる者

ヨーロッパのサイクルクロスを見ているとトップ選手は低いシケインなら当たり前の様にバニーホップしております
私も端くれとして是非とも習得したいのですが、いかんせんハウトゥー動画は知るところ海外の物しかありませんでした
一連の動きはだいぶ分かってきたつもりですが、重要なポイントの解説が全く聞き取れず理解できないでいました・・・
が!国内で遂に作成してくれた方が現れました!!

かなり分かりやすく解説してくれています
後はただひたすら練習練習練習です
これに尽きます
何事も努力しない者は成果を上げることはできませんからね


aluminium_fr at 17:09|PermalinkComments(1) 自転車×cyclocross 

December 11, 2018

#spreadtelemark

テレマーク3季目に突入
IMG_2504
私はテレマーカーです!と自信を持って言えるレベルになってきた
気のせいかもしれないがテレマークとサイクルクロスは通ずるところがある
良く言えばオールラウンド性、悪く言えば中途半端・・・なんとも表現が難しいが
おそらく「ジャンルや型にとらわれない」そういうところが好きなんだろう

テレマークはアルペンに比べて滑りの中で動きが多く、歩くという要素もあるため道具に多様性があって非常に面白い
ここが機材好きには堪らない魅力でもある(逆にどれを選んだら良いのか分からないという複雑さも持ち合わせているのだが・・・)
気が付くとブーツだけでも5種類、それぞれ違うビンディングの付いた板が5本(近々もう1本増えるかもしれない笑)に増殖
近年ではアルペンのテックビンディングに押され?BCシーンで衰退を辿る一方らしい
とある有力メーカーもテレマークから撤退したと聞いた
なぜこんなに自由度が高く面白いスキーがマイナーなのか不思議である(まあそれがいいのだが)

1番の特徴でもあるテレマークターン、TDFでログリッチェが表彰台でやっていたアレ
これがとにかく気持ち良い
何故かわからないが、ゲレンデより自然の山での気持ち良さがアルペンの比にならない
山を自分で登って滑る為にできたスキー本来の使い方だからだろうか
アルペンは滑走に特化した用具なため、苦労して登った山もあっという間に滑り終えてしまうように見受けられる
登って滑り降りるまでじっくり山を楽しみたいなら、私はテレマークスキー一択だと思う

ちなみに滑走は脚を前後に入れ替えての屈伸運動になるため、アルペンより確実に脚にくる
そして前後に開いているせいで横方向のバランスが不安定になり自然と体幹を鍛えられる
自転車の冬季のトレーニングとしても悪くない
特にマウンテンバイカーにはテレマークをオススメする
なぜならバームに乗る感覚とバンクや壁に当て込む感覚が非常に似ていて面白いんだな


aluminium_fr at 21:53|PermalinkComments(0) telemark