June 26, 2017

サイクルトレイン

噂の大糸線サイクルトレインにそのさんじんさんと参加?してきました!
天気はどうなることかと思ったけど問題なし。
梅雨入り&雨男コンビがそろっていたんだが・・・
IMG_0660
IMG_0661
電車内の自転車の固定方法は座席の上の網棚にS字フックを吊るし、そこにハンドルバーを引っ掛けてぶら下げる方式。
車種が増えるとスペース的にも色々と問題がありそうだけど、9割以上ロードだったのでその点では積みやすかったかなと。
大糸線に乗るのは小学生以来?
1時間ほど揺られて南小谷到着。
IMG_0663
ここまで安全に自転車で来れるのは良い。
危険ということを除けばR148は面白いんだけどな~。

さて制限時間は10:00-15:50。
当初100kmコースを考えていたけど、それじゃただのトレーニングだろ!と却下されたので70kmに変更。笑
南小谷から南下して峠を少々混ぜつつ行ってみたことのないポイントをめぐるコース。
DSC01639
まずは南小谷を出てすぐの黒川沢?と姫川の合流地点近くの橋で早速ストップ。
IMG_0683
やっぱ渓流は綺麗で癒されるな~。
DSC01643
R148に戻って白馬から鬼無里街道へ。
DSC01644
みねかたスキー場横。
もうリフトも撤去されてしまって寂しい感じ。
ここからハァハァ上って白沢峠。
DSC01645
R18回りで戸隠~鬼無里と走る場合はよく通る場所なんだけど、それだと夕日になっちゃうから午前中のうちに来てみたいと思っていた。
でもちょっと雲が多くて山が見えんかったな~。
DSC01646
対照的な2人。笑
ここから折り返してオリンピック道路に入り大町方面へ。
ぽかぽかランドの手前から大町街道のダラダラ上り(実際は勾配あるのかも)を死にそうになって上って、念願の行ってみたかった美麻珈琲にピットイン!
DSC01650
DSC01648
IMG_0682
コーヒーもスイーツも美味しくてぺろりと頂きました!
ここの唯一の難点がお店の入り口まで150mほど上りのダートなところ。笑
ロード乗りは感覚を研ぎ澄ませて行きましょう。
少し戻って新行から木崎湖に出る。
DSC01654
久しぶりの平坦、仁科三湖沿いを走って再びR148に。
さのさか辺りで御所望の姫川源流を散策。
DSC01657
DSC01655
DSC01658
DSC01662
源流からしばし田園風景を堪能して白馬の絵夢目指してハァハァ。
この辺で若干脱水になっていて危なかった!(じんさんサンキュー!)
IMG_0670
少し遅めのお昼を頂きラストスパート。
このまま真っ直ぐ下るか、岩岳~栂池~ハクノリ~コルチナと繋ぐか・・・
時間的に行けるでしょう!と結局コルチナまで。笑
DSC01663
IMG_0671
コルチナで写真を撮るなりすぐ下って南小谷に滑り込む!
ジャスト15:50
いや~、サイクリングとトレーニングが程よく調和した工程だったな~。
サイクルトレイン 2017-06-24
1815215146
距離 80.2km(高度上昇値1593m)
時間 3:31
平均速度 23.4km/h
平均心拍数 172bpm(センサー不良?)
平均ケイデンス 87rpm
消費エネルギー 2013kcal≒kJ


サイクルトレイン、企画した人達は多分自転車乗らない人が多いだろうから最後に利用者にアンケートでも取った方が良いのにな~と思った。
こういうところが糸魚川らしいというかなんというか・・・
以下気になった点
・急がないでいいのでとにかく自転車の取り扱いには気を付けてほしい
・改札口の通過の際の切符の出し入れが面倒(自転車も持っているので)
・始発の運航にすれば糸魚川側も小谷側も現地での時間が増える(糸魚川スタートの場合、小谷側の利用者の制限時間が短すぎてコースの選択肢が無さ過ぎる。だったら車載で・・・となる)
・景色が見やすい方を座席に(R148からは見ることのできない景色が沢山!)


aluminium_fr at 19:51│Comments(2)TrackBack(0) 自転車×イベント | 自転車×サイクリング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ニシノヒト   June 29, 2017 18:14
5 初めまして。
輪行には慣れていますが
ロードをそのまま乗せれるっていいですね。
素敵なところを走られたんですね。


2. Posted by shira   July 05, 2017 11:00
はじめまして
自転車をそのまま載せられるのは便利ですが、輪行にも輪行の良さがありますよね
白馬は平地と山のバランスが良くてお気に入りの場所です
機会がありましたら是非行ってみてください

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

© 2013 ハンガーノックに気をつけろ!