2007年07月27日

町工場の匠の技とはコレだ!「モノづくり企業展」=東京・大田区(下)

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 カップホルダー対応iPod nanoスタンド【iPodオプション★】 ELECO...
【PJ 2007年07月17日】− (上)からのつづき。「大田区モノづくり企業展」は、すでに第1回を昨年12月に開催している。その時は、若者にモノづくり企業への興味・関心を惹きつけるということで、区内の工業高校の生徒、高専・大学等の学生、ハローワーク・ヤングジョブスポット等を利用する若手求職者、一般の求職者ら約1100人の入場があった。今回はより実践的にし、特に高校3年生にはプレ就職活動ともなる合同説明会的な内容も盛り込んだ。

 ただし、高校3年生については、就職活動解禁前のため、早期選考行為にあたる面接や個人情報の聴取は行えない。高校生以外の一般の来場者(大学生・専門学校生を含む)については、事前にハローワークへの一般求人票の登録がしてあれば、面接・工場見学の対応・個人情報の聴取が可能とするなど、中小企業の人材確保に配慮したものになっている。

 出展企業のなかで小松ばね工業(株)は、7月11日に天皇陛下の工場ご視察があったばかり。超精密ばねの製造過程の説明にあたった小松節子社長は「1時間半近く、熱心に工場内を視察され、社員にも優しくお声をかけていただきました」と感激。その様子は(財)大田区産業振興協会のニュース「天皇陛下が大田区の中小企業をご視察」にある。また、平成17年放映のNHKテレビ朝の連続ドラマ「ファイト」の舞台となった高崎市にある主人公の父親のバネ工場というのは、この小松ばね工業の工場をモデルとし、撮影やスタジオセットに会社の設備を持ち込んで制作された...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)