こんにちは、アリアです!

今回は、531日(金)に発売される拡張パック『ミラクルツイン』に収録される「プテラGX」と相性が良さそうなカードを考えてみました。自分用のメモも兼ねて書いてみたいと思います。

 

 

プテラGXはこんなカード!

プテラGX 

闘タイプ HP210

1進化ポケモン

特性 げんしのかぜ

このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手のたねポケモンが使うワザに必要なエネルギーは、無色エネルギー1個ぶん多くなる。

闘無無 ロックスマッシュ 120

闘 ワイルドダイブGX 50×

相手のバトルポケモンについているエネルギーの数×50ダメージ。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない]

弱点 草

抵抗力 なし

にげる 0

 

『ミラクルツイン』の最後のGX枠として公開されたカードです。新弾と同日に発売されるプテラのスリーブに入れて使ってみたいですね。

 

特性「げんしのかぜ」は、「プテラGX」がバトル場にいるときに発動するもので、相手のたねポケモンがワザを使うのに必要なエネルギーを無色1個分多くすることができます。タッグチームは全員たねポケモンですし、メインのワザを使うのに多くのエネルギーが必要になるものもいます。「無人発電所」が入っていないと、たねポケモンメインのデッキは苦戦を強いられることになりそうです。

 

「ロックスマッシュ」は安定したダメージを与えられるワザです。「ディアンシー◇」や「格闘道場」などで火力を上げれば、より強力になりますね。

 

「ワイルドダイブGX」は、相手のバトルポケモンに付いているエネルギーが多いほどダメージが上がります。特性「げんしのかぜ」で相手のたねポケモンに要求するエネルギーを多くできるので、大ダメージを与えられるかもしれませんね。

 

 

相性が良さそうなカード

「プテラGX」と相性が良さそうなカードを考えてみました。『ミラクルツイン』に収録されるカードと併せて紹介します。

 

ポケモンけんきゅうじょ
ポケモンけんきゅうじょ

『ミラクルツイン』に収録される新スタジアムです。

スタジアムの効果を使ったら自分の番が終わってしまいますが、「なぞの化石」から進化するポケモンを直接ベンチに出すことができます。「プテラGX」も「なぞの化石」から進化するので、このスタジアムの効果で2匹出してしまいましょう。最初の番に使えると良さそうですね。

 

 

くろおび
くろおび

「ポケモンけんきゅうじょ」を使うと自分の番が終わってしまうので、次の相手の番にバトル場のポケモンが気絶してしまうことも考えられます。もしサイドを先行されても「くろおび」を付ければ、「ダブル無色エネルギー」1枚で「ロックスマッシュ」が使えますし、エネ無しで「ワイルドダイブGX」が撃てます。

 

 

エネルギーを剥がすトレーナーズ
ラニュイ
クラッシュハンマー

「プテラGX」の準備が整う前やGXワザを使った後に、相手のたねポケモンを妨害するトレーナーズを入れてみるのも良さそうですね。

 

例えば、「ラニュイ」は相手のバトル場にたねポケモンがいるときに使えるサポートで、バトル場のポケモンのエネルギーを1個山札の上に戻すことができます。山札のトップを操作できますし、「プテラGX」で要求エネが重くなっているので、なかなか攻撃できない状況を作れそうです。

「クラッシュハンマー」はバトル場だけでなくベンチポケモンも対象にとれるので、たねポケモンは「プテラGX」で妨害して進化ポケモンは「クラッシュハンマー」でエネルギーを割っていく動きができそうです。

 

 

まだまだ相性の良いカードがありそうですが、今思いつく範囲で書いてみました。今後また何か良い組み合わせが思いついたら追記していきます!