こんばんは、アリアです!

今回は『ミラクルツイン』に収録される「ヤドン&コダックGX」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。いつもはレシピを載せてちょっとした解説を書いて終わっているのですが、このデッキは実際に対人戦で使ってみたので、使った感想も併せて書いてみたいと思います。

 


デッキレシピ
ヤドコダ叩き台レシピ

ポケモン 9

ヤドン&コダックGX 4

ラプラス(マーメイドコール) 4

ゲッコウガGX (しんしゅつきぼつ)1

 

グッズ 20

ハイパーボール 4

プレシャスボール 2

アクアパッチ 2

まんたんのくすり 1

ハンサムホイッスル 2

ともだちてちょう 2

こだわりハチマキ 2

いれかえフロート 2

リセットスタンプ 1

エネルギーつけかえ 2

 

サポート 19

カスミのおねがい 4

アカネ 4

ハンサム 4

コーチトレーナー 4

グズマ 2

ルザミーネ 1

 

スタジアム 2

せせらぎの丘 2

 

エネルギー 10

基本水エネルギー 10

 

 

デッキ概要
ヤドン&コダックGX

「ヤドン&コダックGX」でサポートをぽいぽいして楽しむデッキです。良い感じのダメージが出るとめちゃくちゃ気持ちいいです!失敗すると悲惨ですが…()

 

「ぽいぽいスプラッシュ」はサポートをトラッシュした分だけダメージが上がるので、ポケモンよりもサポートに枠を割いています。なので、基本的には「ヤドン&コダックGX」だけで戦っていきます。


ラプラス 

「ヤドン&コダックGX」で高打点を出すサポートをするのが「ラプラス」。特性「マーメイドコール」で、トラッシュにある「カスミのおねがい」を手札に加えることができます。


カスミのおねがい 

「カスミのおねがい」でサポートを3枚持ってこれるので、これで「ぽいぽいスプラッシュ」で90ダメージは出せることになります。場に複数「ラプラス」がいれば、使った「カスミのおねがい」を再び手札に加えられるので、120ダメージは出せますね。

 
ゲッコウガGX

「ぽいぽいスプラッシュ」で結構手札が減ってしまうので、ちょっとしたドローサポートとして「ゲッコウガGX」を入れてみました。特性「しんしゅつきぼつ」を使えれば、「ゲッコウガGX」を直接ベンチに出しつつ山札を3枚引けます。これでサポートが引ければ、そこから「ぽいぽいスプラッシュ」を使う準備ができるときもあります。出せたときはサブアタッカーとして活躍できます。


コーチトレーナー
ハンサム 

サポートはできるだけ手札に溜めておきたいと思ったので、今回は「シロナ」のように手札を全て山札に戻るものを入れずに作ってみました。「コーチトレーナー」や「ハンサムホイッスル」で持ってこれる「ハンサム」など、今の手札を残しつつ引けるサポートを多数入れてみました。


アカネ 

特に「アカネ」は、トラッシュに「アカネ」が3枚あるときに使えば7枚山札を引くことができます。これができたときも、めちゃくちゃ気持ちいいです。


ともだちてちょう
ルザミーネ 

「ぽいぽいスプラッシュ」でサポートをどんどんトラッシュしていくことになるので、山札に戻るために「ともだちてちょう」を、トラッシュから直接回収できるように「ルザミーネ」を採用しました。トラッシュにサポートが溜まってきたらこれらで戻したり回収して、再び「ぽいぽいスプラッシュ」を楽しみましょう!

 

 

デッキの動かし方

「ヤドン&コダックGX」は水エネ2枚を付けないとワザが使えないので、エネを貼りつつ場を整えていきます。「ラプラス」は23匹並んでいれば充分だと思います。水エネをトラッシュしておけば「アクアパッチ」が使えるので、1枚はトラッシュに置いておきましょう。


 エネルギーつけかえ

「アクアパッチ」はベンチの水ポケモンにしか付けられないので、バトル場につけ替えられるように「エネルギーつけかえ」を入れています。手札の状況にもよりますが、上手くいけば後攻1ターン目から「ぽいぽいスプラッシュ」が使えるようになります。相手のバトルポケモンを気絶させられるくらいのサポートを持っているなら、エネを付け替えて戦っていきましょう。

 

「カスミのおねがい」で持ってくるのは、「ラプラス」が複数いるなら「カスミのおねがい」2枚+次の番に使うドローサポート、1匹しかいないようなら「アカネ」3枚が良いでしょう。次の番に何もできないのが一番痛いので、次の番に「カスミのおねがい」か山札を引けるカードを使えるようにしましょう。

 

「ともだちてちょう」で戻すものですが、「アカネ」が3枚以上あったら1枚は「アカネ」を選びます。「アカネ」が2枚トラッシュにあれば5枚引けるので、このデッキに入れているサポートの中で一番山札を引けます。もう1枚はそのときの状況に応じて選んでいきましょう。

 

 

実際に使ってみた感想

・意外と高火力が出て楽しい

ダメージ倍率が40×なので、そんなにダメージが上がらないかもしれないと思っていました。しかし、実際に使ってみると「こだわりハチマキ」込みで270ダメージ出せることも結構ありました。タッグチームを一撃で倒せたときは気持ちいいですよ!

 

・後続の準備が追い付かないときもある

「ヤドン&コダックGX」は2エネで動くので、上手くエネルギーを付けていかないと後続が立たないこともありました。「アクアパッチ」も少なめなので、引きたいときに引けない場合が多々あります。「アクアパッチ」をもう1枚増やして後続を準備しやすくするのが良さそうです。

 

 

採用を検討しているカード

・ヌオー
ヌオー

今回はサポートを多めに積みたかったのであまりポケモンを入れませんでしたが、「まんたんのくすり」を入れているので「ヌオー」を入れてもいいのかなと思いました。その場合は「エネルギーつけかえ」の枠が「ヌオー」に変わることになりますね。


 

・トキワの森
トキワの森

エネルギーをトラッシュに送る手段として入れても良さそうです。

「アクアパッチ」も使いやすくなりますし、エネルギーが付けられなくてワザが使えないという事故は防げるのではないかと思います。

 

 

簡単にですが『ミラクルツイン』に収録されている「ヤドン&コダックGX」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。

「ヤドン&コダックGX」を使ってみたい人が、少しでも参考にしてくれたらいいなと思います。