こんばんは、アリアです!

今回は、『ミラクルツイン』に収録される「プテラGX」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。

 

デッキレシピ
プテラGX叩き台レシピ

ポケモン 15

プテラGX 4

ジラーチ 4

ディアンシー◇ 1

メタモン◇ 1

アーケン 2

アーケオス 2

カプ・テテフGX 1

 

グッズ 18

なぞの化石 2

ハイパーボール 4

ネストボール 1

エスケープボード 3

エネくじ 2

くろおび 2

こだわりハチマキ 2

あなぬけのヒモ 2

 

サポート 11

リーリエ 4

シロナ 4

グズマ 3

 

スタジアム 4

ポケモンけんきゅうじょ 4

 

エネルギー 12

基本闘エネルギー 8

ダブル無色エネルギー 4

 

 

デッキ概要
プテラGX

「ポケモンけんきゅうじょ」を使ってメインポケモンである「プテラGX」を場に出していくデッキです。


ポケモンけんきゅうじょ

「プテラGX」は「なぞの化石」から進化するポケモンなので、「ポケモンけんきゅうじょ」の効果を使えばすぐにベンチに並べることができます。ただし、効果を使うと自分の番が終わってしまうので、使うタイミングに注意しましょう。


ジラーチ 

「ポケモンけんきゅうじょ」やサポートを引くために「ジラーチ」を採用しました。バトル場でスタートさせたいので、4枚入れてみました。「エスケープボード」や「あなぬけのヒモ」を使って、複数回「ねがいぼし」が使えると展開しやすくなります。


アーケオス 

今回は、個人的に使ってみたいと思った『ミラクルツイン』収録の「アーケオス」を入れました。無色エネルギー1個で動けるサブアタッカーですね。たねポケモン相手に「とんぼがえり」を使って「プテラGX」を入れ替えて妨害したり、特殊エネルギーがメインのデッキに対しては「はかいこうせん」でエネルギーをトラッシュします。「プテラGX」が立つまでの中継ぎ役として活躍できそうです。

 

 

デッキの動かし方

「プテラGX」を場に出すための方法としては、「ポケモンけんきゅうじょ」の効果と「なぞの化石」からの進化の2パターンあります。どちらかが無いと「プテラGX」が立たないので、まずは「ジラーチ」の特性「ねがいぼし」を使い必要なパーツを集めていきましょう。「エスケープボード」や「あなぬけのヒモ」で入れ替えて、複数回「ねがいぼし」を使えると良いです。「なぞの化石」が来たらベンチに出しておきましょう。

 

「ポケモンけんきゅうじょ」が出せたら、やり残したことがないかを確認した上で効果を使います。手札の状況にもよると思いますが、ベンチに「なぞの化石」があるなら「プテラGX」と「アーケン」を出しておくと、次の自分の番で2匹目の「プテラGX」と「アーケオス」を立てやすくなるかもしれません。


くろおび 

おそらくサイドを先行されると思うので、この場合は「プテラGX」に「くろおび」と「ダブル無色エネルギー」を付けて攻撃していきましょう。もしエネルギーが多く必要なタッグチームが相手なら、「くろおび」ではなく「こだわりハチマキ」を付けて、「基本闘エネルギー」を貼って「ワイルドダイブGX」を使うのも有効でしょう。

 

「ダブル無色エネルギー」や「くろおび」が無く、「プテラGX」が攻撃できないようなら、「アーケオス」で戦いつつ「プテラGX」の準備をしていきましょう。

 


採用を検討しているカード

レッドの挑戦
レッドの挑戦

「ジラーチ」でトレーナーズを、「エネくじ」でエネルギーをサーチできるようにしていますが、今欲しいものが必ず来るとは限りません。確定で持ってこれる「レッドの挑戦」を入れた方が、場を整えやすくなるかもしれません。

 

 

簡単にですが『ミラクルツイン』に収録される「プテラGX」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。

「プテラGX」を使ってみたい人が、少しでも参考にしてくれたらいいなと思います。