こんばんは、アリアです!

今回は、『ミラクルツイン』に収録される「ラティオスGX」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。



デッキレシピ
ラティオスGX叩き台レシピ

ポケモン 18

ラティオスGX 4

マーイーカ3

カラマネロ(サイコリチャージ) 3

ネクロズマ 2

フーパ(バンデットガード) 2

アローラベトベター(もってくる) 2

アローラベトベトン(かがくのちから) 2

 

グッズ 14

ハイパーボール 4

ミステリートレジャー 4

ポケモンいれかえ 2

こだわりハチマキ 2

レスキュータンカ 1

リセットスタンプ 1

 

サポート 12

リーリエ 4

シロナ 4

グズマ 2

フウとラン 2

 

スタジアム 3

無人発電所 2

トキワの森 1

 

エネルギー 13

基本超エネルギー 7

ダブル無色エネルギー 4

レインボーエネルギー 2

 

 

デッキ概要
ラティオスGX

「ラティオスGX」をメインで使うデッキです。

強力なタッグチームが多く出てきているので、「タッグパージ」や「クリアビジョンGX」の効果は非常に強力ですね!

 

ただ、特性「パワーバインド」があるので、自分の場にポケモンが4匹以上いないと攻撃ができません。ポケモンは多めに入れているのですが、それだけでは少し不安があります。できれば早めに攻撃したいですよね。


無人発電所 

なので「ラティオスGX」の特性を無くす手段をいくつか入れてみました。まずは「無人発電所」。GXポケモンの特性を無くせるスタジアムです。こちらは他に特性持ちのGXポケモンを入れていないので、デメリットはありません。


アローラベトベトン 

2つ目は「アローラベトベトン」。特性「かがくのちから」でたねポケモンの特性を消すことができます。「ジラーチ」や「ヤレユータン」など強力な特性を持つ非GXポケモンもいるので、それも止められますね。対してこちらは、たねポケモンで特性を持っているものは「ラティオスGX」以外いません。


カラマネロ 

「ラティオスGX」自身は「基本超エネルギー」+「ダブル無色エネルギー」でワザが使えますが、「ダブル無色エネルギー」が引けなかったときの為に「カラマネロ」を入れています。特性「サイコリチャージ」があれば、ワザのエネルギーを付けやすくなりますね。


ネクロズマ 

サブアタッカーとして入れてみたのが「ネクロズマ」。特殊エネルギーが付いていれば「スペシャルレーザー」で160ダメージ出ます。「ダブル無色エネルギー」でも「バリアアタック」が使えるので動きやすいと思います。


フーパ 

ちなみに、GXポケモンに強く出れるようにするために「フーパ」を入れました。特性「バンデットガード」でGXポケモンからダメージや効果を受けないので、GX主体のデッキに対しては使っていきたいですね。ワザが使えるように「レインボーエネルギー」も採用しています。

 

 

デッキの動かし方

「ラティオスGX」がワザを使う準備をしていきます。先攻は最初の自分の番はワザが使えないので、ベンチにポケモンを並べていきます。そのときに「アローラベトベター」は必ず出すようにしましょう。次の番で「アローラベトベトン」に進化できれば、特性「パワーバインド」を消すことができます。

 

後攻の場合は「無人発電所」が引けていれば「クリアビジョンGX」を使っていきましょう。「きとうし」を使われなければ、対戦が終わるまで相手はGXワザを使えなくなります。ただし「ケルディオGX」はGXポケモンからの効果を受けないので、GXワザが使える点は押さえておきましょう。もし「無人発電所」が引けなかった場合は「アローラベトベター」と入れ替えて「もってくる」を使って手札を補充すると良いと思います。

 

あとは「ラティオスGX」の特性が復活しないように「無人発電所」か「アローラベトベトン」が出ている、もしくは場に4匹以上ポケモンがいる状況を保ちながら戦っていきましょう。

 

 

採用を検討しているカード

スタジアムナビ
スタジアムナビ

「無人発電所」が持ってこれるかどうかが非常に重要になってくるので、スタジアムをサーチできるカードを増やした方が良さそうです。

 

 

簡単にですが『ミラクルツイン』に収録される「ラティオスGX」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。

「ラティオスGX」を使ってみたい人が、少しでも参考にしてくれたらいいなと思います。