こんばんは、アリアです!

今回は、拡張パック『ミラクルツイン』に収録された「オーベム」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。



デッキレシピ
オーベム叩き台レシピ

ポケモン 16

リグレー 4

オーベム 3

ヌメラ 2

フーパ 2

シママ 2

ゼブライカ 2

ミュウ 1

 

グッズ 18

ハイパーボール 4

ネストボール 4

レスキュータンカ 2

リセットスタンプ 2

クラッシュハンマー 3

改造ハンマー 1

Uターンボード 2

 

サポート 13

リーリエ 4

シロナ 4

グズマ 2

ジャッジマン 2

スカル団のしたっぱ 1

 

スタジアム 3

戒めの祠 3

 

エネルギー 10

ユニットエネルギー闘悪妖 4

ダブル無色エネルギー 2

トリプル加速エネルギー 4

 

 

デッキ概要
オーベム

『ミラクルツイン』収録の「オーベム」の「ミステリーノイズ」で遊んでみたくなったので、ざっくりと考えてみました。

 

「ミステリーノイズ」は、自分自身と付いているカードを山札に戻して、相手をグッズロックするワザです。通常だと付けた番の終わりにトラッシュする「トリプル加速エネルギー」を付けた状態でワザを使えば、トラッシュすることなく再利用できます。

 

今回は妨害寄りで考えてみることしたので、相手を妨害できるカードを多めに入れてみました。


ヌメラ 

まずは「ヌメラ」。特性「ねばるねんまく」で、相手のポケモンのワザを使うときに必要なエネルギーを無色1個分増やすことができます。「クラッシュハンマー」や「改造ハンマー」で相手のポケモンのエネルギーを割ってから、バトル場に出したいですね。


フーパ 

次に「フーパ」。特性「バンデットガード」でGXポケモンからのワザのダメージや効果を防ぐことができます。エネルギーを割りつつ戦えば、相手は何もできなくなるかもしれませんね。「フーパ」でも攻撃ができるように「ユニットエネルギー闘悪妖」と「ダブル無色エネルギー」もデッキに入れています。

 

「オーベム」の「ミステリーノイズ」で山札に戻るときに、この2匹のポケモンのどちらかを出して、相手を上手く妨害していきましょう!

 

 

デッキの動かし方

「オーベム」に進化するまでは、「ヌメラ」を出して相手がなかなか攻撃できないようにしておきます。相手がGXメインのデッキであれば「フーパ」でも良いです。ただし、「フーパ」は逃げるためのエネルギーが2なので、「Uターンボード」を付けただけでは逃げられない点は押さえておきましょう。


クラッシュハンマー 

その間に「クラッシュハンマー」や「改造ハンマー」、「スカル団のしたっぱ」を使い、相手のエネルギーをどんどん割っていきましょう。


ゼブライカ 

「オーベム」だけでなく、「ゼブライカ」も併せて育てておきましょう。特性「はやがけ」で「トリプル加速エネルギー」を引き込む役割を担います。


トリプル加速エネルギー 

「オーベム」と「トリプル加速エネルギー」が準備できたら、バトル場に出して「ミステリーノイズ」を使います。「オーベム」が山札に戻った後は、相手がGXポケモンであれば「フーパ」を、それ以外は「ヌメラ」を出して、再び「オーベム」の準備をしていきましょう。

 

 

採用を検討しているカード

カブトプス
カブトプス

一番最初に考えたのが「カブトプス」を使ったものでしたが、エクストラと違い「かるいし」が無いので今回は諦めました。もし今後「かるいし」が再録されることがあれば、「ポケモンけんきゅうじょ」を入れてグッズロック+サポートロックができるデッキにすると思います。

 

 

簡単にですが『ミラクルツイン』に収録された「オーベム」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。あくまでも叩き台なので、これを基に自分に合ったデッキにカスタマイズしてもらえたらと思います。