こんばんは、アリアです!

今回は、『リミックスバウト』に収録される「フシギバナ&ツタージャGX」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。

 

デッキレシピ
バナツタ叩き台レシピ

ポケモン 8

フシギバナ&ツタージャGX 4

ひかるゲノセクト 1

シェイミ 3

 

グッズ 25

ネットボール 4

こだわりメット 2

クラッシュハンマー 4

改造ハンマー 1

ジャッジマンホイッスル 2

グレートポーション 3

ポケギア3.0 4

ポケモンいれかえ 1

リセットスタンプ 2

エネルギーつけかえ 2

 

サポート 12

リーリエ 4

エリカのおもてなし 2

シロナ 2

グズマ 2

ジャッジマン 2

 

スタジアム 4

ライフフォレスト◇ 1

エーテルパラダイス保護区 3

 

エネルギー 11

基本草エネルギー 7

ダブル無色エネルギー 4

 

 

デッキ概要
フシギバナ&ツタージャGX

相手を妨害しながら「フシギバナ&ツタージャGX」で攻撃していくデッキです。

「フォレストスタンプ」を使うにはエネルギーが4個必要になります。準備をしている間に相手に倒されてしまうこともありそうですよね。そこで、「フシギバナ&ツタージャGX」の準備ができるまでは、相手を妨害したり相手の攻撃に耐えられるような構築にしました。


クラッシュハンマー 

妨害カードとして「クラッシュハンマー」や「改造ハンマー」を採用しました。相手のエネルギーを剥がせれば、攻撃の手を止められるかもしれません。特殊エネルギーのみ入れているデッキが相手なら、ある程度トラッシュできれば勝てる確率は一気に上がります。


こだわりメット 

相手の攻撃に耐えるためのカードとしては「こだわりメット」と「エーテルパラダイス保護区」があります。ダメージを受けても、一撃で倒されなければ反撃のチャンスが生まれます。

シェイミ
耐えた後は特性「フローラルヒール」の「シェイミ」や「グレートポーション」、「ライフフォレスト◇」で回復できます。「フシギバナ
&ツタージャGX」にエネルギーが5個付いていれば、「ソーラープラントGX」の追加効果でも回復ができますね。

 

相手からの攻撃を耐えながら「フシギバナ&ツタージャGX」を育てていき、特性「かがやくつる」を使いながら戦っていきましょう!

 

 

デッキの動かし方

「フシギバナ&ツタージャGX」がバトル場にいるのがベストです。「こだわりメット」や「エーテルパラダイス保護区」を使って相手からのダメージを抑えていきましょう。「シェイミ」を複数並べていれば、特性「フローラルヒール」でバトル場の「フシギバナ&ツタージャGX」を回復できます。

 

それと並行して、相手の妨害を行います。「クラッシュハンマー」で相手のエネルギーをトラッシュしていきましょう。(頑張ってコインでオモテを出しましょう)また、相手の逃げエネが重いポケモンを「かがやくつる」で呼び出して縛っておくのも効果的です。

 

毎ターンエネルギーを貼れれば、早くて3ターン目には「フォレストスタンプ」を使えるようになります。「かがやくつる」で倒せそうなポケモンを呼び出して攻撃をしていきましょう。「かがやくつる」を使うために余分に付けた「基本草エネルギー」は、「エネルギーつけかえ」でベンチの「フシギバナ&ツタージャGX」に付けておくと良いです。


ひかるゲノセクト 

GXポケモンからダメージを受けないポケモンが多くいる場合は、「ひかるゲノセクト」も準備しておきましょう。特性「エナジーリロード」があるので、「エネルギーつけかえ」が無くても「ひかるゲノセクト」に「基本草エネルギー」を付けられます。

 

 

採用を検討しているカード

こだわりハチマキ
こだわりハチマキ

今回は耐久・妨害寄りで考えてみましたが、「こだわりハチマキ」を1枚入れても良いかもしれません。「フシギバナ&ツタージャGX」に付けることで「カプ・テテフGX」が倒せるようになります。


 

タッグスイッチ
タッグスイッチ

「フシギバナ&ツタージャGX」がメインのデッキなので、頻繁に「かがやくつる」を使うのであれば「エネルギーつけかえ」よりも「タッグスイッチ」の方が良いかもしれません。

 

 

簡単にですが『リミックスバウト』に収録される「フシギバナ&ツタージャGX」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。

あくまでも叩き台なので、これを基に自分に合ったデッキにカスタマイズしてもらえたらと思います。