こんばんは、アリアです!

今回は、『リミックスバウト』に収録される「カメックス&ポッチャマGX」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。

 

デッキレシピ
カメポチャ叩き台レシピ

ポケモン 12

カメックス&ポッチャマGX 3

フリーザー 4

ケルディオGX 1

ウパー 2

ヌオー 2

 

グッズ 21

ハイパーボール 4

ネストボール 3

アクアパッチ 2

エネルギー回収 2

ダッシュポーチ 3

ポケギア3.0 4

いれかえフロート 2

リセットスタンプ 1

 

サポート 13

リーリエ 4

シロナ 3

エリカのおもてなし 3

グズマ 3

 

スタジアム 2

せせらぎの丘 2

 

エネルギー 12

基本水エネルギー 12

 

 

デッキ概要
カメックス&ポッチャマGX

水エネルギーが手札にある状態で「カメックス&ポッチャマGX」の「スプラッシュメーカー」を使っていくデッキです。

 

「スプラッシュメーカー」は、手札の水エネルギーを場のポケモンに付けられる上に、付けたポケモンのHPを回復できます。最大で3枚まで付けられるので、できれば手札にエネルギーを持っている状態でワザを使いたいですよね。


ダッシュポーチ 

そこで使うのが「ダッシュポーチ」です。これを付けることによって、逃げエネ分のエネルギーが手札に戻ります。「カメックス&ポッチャマGX」の逃げエネは3。「ダッシュポーチ」を付けた状態で逃げれば、この3エネが手札に戻ってきます。

 

ベンチに「カメックス&ポッチャマGX」の準備ができていれば、バトル場の「カメックス&ポッチャマGX」と入れ替えて「スプラッシュメーカー」で再びエネルギーを付けることも可能になります。ベンチに戻した「カメックス&ポッチャマGX」がダメージを負っていたら、その回復もできますね。


エネルギー回収 

「ダッシュポーチ」が付けられなかったときの為に「エネルギー回収」も採用しています。余分にトラッシュしてしまった「基本水エネルギー」もこれで回収ができます。

 

上手くエネルギーを手札に持ってきて、「カメックス&ポッチャマGX」で回復しながら攻めていきましょう!

 

 

デッキの動かし方
フリーザー

「カメックス&ポッチャマGX」は3エネ必要になるので、準備ができるまでは「フリーザー」で戦っていきます。特性「ブリザードヴェール」があるので、特性を消されない限りは「グズマ」で呼ばれる心配はありません。「ヌオー」の特性「おしながす」も使いつつ、「コールドサイクロン」でダメージを与えていきましょう。

 

「カメックス&ポッチャマGX」が2匹ベンチに準備できたら、「フリーザー」と交代します。「スプラッシュメーカー」でベンチの「カメックス&ポッチャマGX」を育てていきましょう。

 

「ダッシュポーチ」は逃げる直前で付けた方が良いでしょう。先に付けると「フィールドブロアー」でトラッシュされる可能性があります。多めに3枚採用していますが、複数トラッシュされると結構キツイので、大事に使っていきましょう。

 

 

採用を検討しているカード

ぼうけんのカバン
ぼうけんのかばん

「ダッシュポーチ」をすぐに手札に加えられるようにするために、採用してもいいかなと思っているカード。今回はいれていませんが、「こだわりハチマキ」や「こだわりメット」など複数のポケモンの道具を入れる場合は、入れた方が良さそうですね。山札の圧縮もできます。

 

釣り人
釣り人

「ダッシュポーチ」が付けられずに3エネトラッシュを複数回してしまうと、「エネルギー回収」だけでは追いつかなくなる可能性がありそうです。サポート権を使うことにはなりますが、「釣り人」で4エネ回収できるようにするのも良さそうです。

 

 

簡単にですが『リミックスバウト』に収録される「カメックス&ポッチャマGX」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。

あくまでも叩き台なので、これを基に自分に合ったデッキにカスタマイズしてもらえたらと思います。