アリアのポケカ日記

「文章を書くのに慣れるために1日1時間、何か書こう!」と思い、始めた雑記ブログです。 主にポケカについて、思いつくままに書いていきます。

タグ:ポケカ

こんばんは、アリアです!

今回は、6/1418にポケカの公式サイトやYou Tubeで発表された『リミックスバウト』のカードを簡単にまとめてみました!既にこのブログでも紹介しているものもありますが、改めて書いていきます。

 

 

①リザードン&テールナーGX
リザードン&テールナーGX

炎タイプ HP270

たねポケモン

炎炎炎無 シャイニーフレア 180

のぞむなら、自分の山札にある好きなカードを3枚まで、手札に加える。そして山札を切る。

炎+ ぐれんのひばしらGX

自分のトラッシュにある基本エネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつける。追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンをやけどとこんらんにする。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない]

弱点 水

抵抗力 なし

にげる 3

 

『リミックスバウト』のパッケージに描かれているポケモンです。リザードンがタッグチームで出るのは2回目ですね。さすが人気ポケモン!そしてテールナーが可愛い。

「シャイニーフレア」はダメージ量もある上に好きなカードを3枚まで持ってこれますし、「ぐれんのひばしらGX」でエネルギー加速もできるので、個人的にはめちゃくちゃ使いたいカードです!

 

「リザードン&テールナーGX」については既に記事を書いているので、良かったらこちらもご覧ください。

 

 

②ローラースケーター
ローラースケーター

サポート

自分の手札を1枚トラッシュする。その後、山札を2枚引く。トラッシュしたカードがエネルギーなら、さらに2枚引く。

 

シールド戦向けのカードだなぁという印象。エネルギーをトラッシュすれば4枚引くことができます。シールド戦だとエネルギーを多めに入れてデッキを作ることが多いので、もし「ローラースケーター」があれば強力なドローサポートになりそうです。

 

 

③ポニータ
ポニータ

炎タイプ HP70

たねポケモン

無 ちいさなおつかい

自分の山札にある基本エネルギーを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

炎 ほのお 10

弱点 水

抵抗力 なし

にげる 1

 

やっポニー!!

この「ポニータ」もシールド戦向けな感じがしますね。基本エネルギーを持ってこれる「ちいさなおつかい」を持っているので、多色で組んでも欲しいエネルギーを手札に加えやすくなりますね。「ギャロップ」はどんなカードで登場するのか楽しみです。

 

 

④へラクロス
へラクロス

草タイプ HP130

たねポケモン

草 つきたおし 20

無無無 なにくそホーン 50

相手の場に「TAG TEAM」のポケモンがいるなら、70ダメージ追加。

弱点 炎

抵抗力 なし

にげる 3

 

「なにくそホーン」でタッグチーム相手に強く出れるのが良いですね。無色エネルギー3つで使えるワザなので、エネルギーを多めに入れているデッキであれば採用できそうです。今後、草弱点のタッグチームが出てきたら採用率が上がるかもしれませんね。

 

⑤ドローエネルギー
ドローエネルギー

特殊エネルギー

このカードは無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。

このカードを手札からポケモンにつけたとき、自分の山札を1枚引く。

 

このエネルギーを付けると1枚山札を引くことができます。なかなか面白い効果ですね。手札補充にも使えますし、特性「クレイジーコード」の「ポリゴンZ」が入ったデッキに採用すれば、1ターンでより多くのカードを引けそうです。

 

直近に公開された『リミックスバウト』のカードは以上となります。

この後も順次カードが公開されていくと思うので、特にシールド戦に出ようと思っている人はこまめにチェックしていきましょう!

こんばんは、アリアです!

今回は、75日(金)に発売されるサプライを簡単に紹介していこうと思います。

 

デッキシールド プレミアム・マット アーマードミュウツー
デッキシールド アーマードミュウツー

取り扱い店舗 トイザらス・イオン・イトーヨーカドー・ユニー・アルプラザ・TSUTAYA・ビックカメラ・劇場・ポケモンセンター

希望小売価格 830円+税

 

デッキシールド プレミアム・マット 古代カードデザイン
デッキシールド 古代カードデザイン

取り扱い店舗 ポケモンセンター

希望小売価格 830円+税

 

この2つは映画に関するものですね。劇中でも見られるアーマードミュウツーと、古代カードの絵柄が登場します。今年の映画で初めてミュウツーの逆襲を観る人にとっては新鮮で、初代のミュウツーの逆襲を観たことのある人にとっては懐かしく感じるかもしれませんね!

 

 

デッキシールド 進化の系譜(フシギバナ・リザードン・カメックス)
デッキシールド フシギバナ

取り扱い店舗 ポケモンセンター

希望小売価格 720円+税

 

デッキケース 進化の系譜(フシギバナ・リザードン・カメックス)
デッキケース リザードン

取り扱い店舗 ポケモンセンター

希望小売価格 362円+税

 

ロングカードボックス 進化の系譜(フシギバナ・リザードン・カメックス)
ロングカードボックス カメックス

取り扱い店舗 ポケモンセンター

希望小売価格 600円+税

 

 

初代の相棒たちがスリーブ・デッキケース・ロングカードボックスで登場!ちなみに私の初代の相棒はゼニガメでした。どのイラストも素敵ですね♪

 

ポケモンセンターで販売されるので、お近くに店舗がある人は、当日『リミックスバウト』を買いに行きつつゲットしましょう!

 

こんにちは、アリアです!

新しい強化拡張パック『リミックスバウト』が公開されましたね!

今回は、75日(金)に発売される強化拡張パック『リミックスバウト』に収録される「リザードン&テールナーGX」と相性が良さそうなカードを考えてみました。自分用のメモも兼ねて書いてみたいと思います。

 

 

リザードン&テールナーGXはこんなカード!

リザードン&テールナーGX 

炎タイプ HP270

たねポケモン

炎炎炎無 シャイニーフレア 180

のぞむなら、自分の山札にある好きなカードを3枚まで、手札に加える。そして山札を切る。

炎+ ぐれんのひばしらGX

自分のトラッシュにある基本エネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつける。追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンをやけどとこんらんにする。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない]

弱点 水

抵抗力 なし

にげる 3

 

リザードンが新たにテールナーとタッグを組んで登場します!環境に多くいる「リザードン&レシラムGX」とはまた違った強さがありますね。

 

「シャイニーフレア」は、180ダメージを与えるだけでなく山札から好きなカードを3枚まで持ってくることができます。「こだわりハチマキ」込みで210まで出るので、「ゾロアークGX」などの1進化GXポケモンは一撃で倒せますね。山札から持ってくるカードは何でも大丈夫なので、後続の準備もしやすくなりそうです。

 

「ぐれんのひばしらGX」は、トラッシュからのエネルギー加速ワザです。基本エネルギーを5枚付けられるので、ベンチに「リザードン&テールナーGX」や「レシラム&リザードンGX」など、ワザに必要なエネルギーが多いポケモンを出しておけば、次のターンですぐに動けるようになります。追加効果で相手を特殊状態にして妨害できる点もなかなか強いですね。

 

 

相性が良さそうなカード

「リザードン&テールナーGX」と相性が良さそうなカードを考えてみました。新カードと併せて紹介します。

 

 

溶接工
溶接工

炎デッキにはお馴染みのサポートです。

手札にある炎エネルギーを2枚まで場のポケモンに付けて3枚山札を引きます。2枚付けられれば、追加効果ありの「ぐれんのひばしらGX」が使えますね。「巨大なカマド」と一緒に使っていきたいですね。

 

 

カキ
カキ

使うと自分の番が終わってしまいますが、自分のポケモン1匹に山札から炎エネルギーを4枚まで付けることができます。

「リザードン&テールナーGX」のメインのワザ「シャイニーフレア」は4エネ必要になるので、先攻1ターン目に使えると強いです。

 

 

ローラースケーター
ローラースケーター

『リミックスバウト』で初登場となるサポートです。

手札をトラッシュして山札を引くのですが、エネルギーをトラッシュすると4枚引くことができます。「ハイパーボール」などの他のカードとも組み合わせて炎エネルギーをトラッシュしていけば、「ぐれんのひばしらGX」でたくさんエネルギーが付けられますね。

 

 

まだまだ相性の良いカードがありそうですが、今思いつく範囲で書いてみました。今後また何か良い組み合わせが思いついたら追記していきます!

こんばんは、アリアです!

今回は、拡張パック『ミラクルツイン』に収録された「オーベム」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。



デッキレシピ
オーベム叩き台レシピ

ポケモン 16

リグレー 4

オーベム 3

ヌメラ 2

フーパ 2

シママ 2

ゼブライカ 2

ミュウ 1

 

グッズ 18

ハイパーボール 4

ネストボール 4

レスキュータンカ 2

リセットスタンプ 2

クラッシュハンマー 3

改造ハンマー 1

Uターンボード 2

 

サポート 13

リーリエ 4

シロナ 4

グズマ 2

ジャッジマン 2

スカル団のしたっぱ 1

 

スタジアム 3

戒めの祠 3

 

エネルギー 10

ユニットエネルギー闘悪妖 4

ダブル無色エネルギー 2

トリプル加速エネルギー 4

 

 

デッキ概要
オーベム

『ミラクルツイン』収録の「オーベム」の「ミステリーノイズ」で遊んでみたくなったので、ざっくりと考えてみました。

 

「ミステリーノイズ」は、自分自身と付いているカードを山札に戻して、相手をグッズロックするワザです。通常だと付けた番の終わりにトラッシュする「トリプル加速エネルギー」を付けた状態でワザを使えば、トラッシュすることなく再利用できます。

 

今回は妨害寄りで考えてみることしたので、相手を妨害できるカードを多めに入れてみました。


ヌメラ 

まずは「ヌメラ」。特性「ねばるねんまく」で、相手のポケモンのワザを使うときに必要なエネルギーを無色1個分増やすことができます。「クラッシュハンマー」や「改造ハンマー」で相手のポケモンのエネルギーを割ってから、バトル場に出したいですね。


フーパ 

次に「フーパ」。特性「バンデットガード」でGXポケモンからのワザのダメージや効果を防ぐことができます。エネルギーを割りつつ戦えば、相手は何もできなくなるかもしれませんね。「フーパ」でも攻撃ができるように「ユニットエネルギー闘悪妖」と「ダブル無色エネルギー」もデッキに入れています。

 

「オーベム」の「ミステリーノイズ」で山札に戻るときに、この2匹のポケモンのどちらかを出して、相手を上手く妨害していきましょう!

 

 

デッキの動かし方

「オーベム」に進化するまでは、「ヌメラ」を出して相手がなかなか攻撃できないようにしておきます。相手がGXメインのデッキであれば「フーパ」でも良いです。ただし、「フーパ」は逃げるためのエネルギーが2なので、「Uターンボード」を付けただけでは逃げられない点は押さえておきましょう。


クラッシュハンマー 

その間に「クラッシュハンマー」や「改造ハンマー」、「スカル団のしたっぱ」を使い、相手のエネルギーをどんどん割っていきましょう。


ゼブライカ 

「オーベム」だけでなく、「ゼブライカ」も併せて育てておきましょう。特性「はやがけ」で「トリプル加速エネルギー」を引き込む役割を担います。


トリプル加速エネルギー 

「オーベム」と「トリプル加速エネルギー」が準備できたら、バトル場に出して「ミステリーノイズ」を使います。「オーベム」が山札に戻った後は、相手がGXポケモンであれば「フーパ」を、それ以外は「ヌメラ」を出して、再び「オーベム」の準備をしていきましょう。

 

 

採用を検討しているカード

カブトプス
カブトプス

一番最初に考えたのが「カブトプス」を使ったものでしたが、エクストラと違い「かるいし」が無いので今回は諦めました。もし今後「かるいし」が再録されることがあれば、「ポケモンけんきゅうじょ」を入れてグッズロック+サポートロックができるデッキにすると思います。

 

 

簡単にですが『ミラクルツイン』に収録された「オーベム」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。あくまでも叩き台なので、これを基に自分に合ったデッキにカスタマイズしてもらえたらと思います。

こんばんは、アリアです!

今回は、拡張パック『ミラクルツイン』に収録された「テラキオン」を使ったデッキレシピの叩き台を紹介します。

 

デッキレシピ
テラキオン叩き台レシピ

ポケモン 12

テラキオン4

ミカルゲ 4

ディアンシー◇ 1

ミュウ 1

ルージュラ 2

 

グッズ 19

ハイパーボール 2

ネストボール 4

こだわりハチマキ 2

くろおび 2

ポケギア3.0 4

レスキュータンカ 1

リセットスタンプ 1

カウンターキャッチャー 1

エネくじ 2

 

サポート 13

リーリエ 4

シロナ 4

グズマ 2

ジャッジマン 1

エリカのおもてなし 2

 

スタジアム 4

戒めの祠 3

無人発電所 1

 

エネルギー 12

ダブル無色エネルギー 4

レインボーエネルギー 4

ユニットエネルギー闘悪妖 4

 

 

デッキ概要
テラキオン

『ミラクルツイン』収録の「テラキオン」が使いたくなったので、ざっくりと考えてみました。

 

メインで使うのが「がんくつおう」。自分のベンチポケモン全員にダメカンが乗っていれば200ダメージ出すことができます。「ディアンシー◇」や「こだわりハチマキ」でさらにダメージ量を上げることもできますね。


ミカルゲ 

ベンチポケモン全員にダメカンを乗せるために採用したカードがいくつかあります。まずは「ミカルゲ」。特性「うらみだめ」で自分自身にダメカンを1個乗せます。この特性を使えば、「がんくつおう」の条件をすぐに満たせそうです。


レインボーエネルギー 

2つ目が「レインボーエネルギー」。全タイプ1個分のエネルギーになりますが、手貼りしたポケモンにダメカンを1つ置く必要があります。ダメカンを乗せるために採用したのもありますが、これや「ユニットエネルギー闘悪妖」があることで、「ミカルゲ」も攻撃ができるようになります。


ルージュラ 

3つ目が「ルージュラ」。特性「あやしいこしつき」で自分の場のポケモンに乗っているダメカンを1個、自分の別のポケモンに乗せかえます。これでダメカンを動かすことで、もしかしたら相手の攻撃を一発耐えることができるかもしれませんね。

 

この3つのカードを使って「がんくつおう」で200ダメージ出していきましょう!

 

 

デッキの動かし方

「テラキオン」の準備ができるまでは動きにくいと思うので、まずは「テラキオン」を育てることを一番に考えましょう。


くろおび 

おそらくサイドを先行されると思うので、その場合は「くろおび」を「テラキオン」に付けましょう。これで「ダブル無色エネルギー」1枚で「がんくつおう」が使えるようになります。

 

あとは、ベンチポケモン全員にダメカンが乗っている状態を作ればOKです。

 

 

採用を検討しているカード

ハッスルベルト
ハッスルベルト

「テラキオン」よりは「ミカルゲ」に付けたいグッズ。HPの残りが30以下になっている場合、相手に与えるダメージが+60されます。「ルージュラ」でダメカンを動かせたりするので、より強力な一撃を相手に与えたいという人は採用してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

簡単にですが『ミラクルツイン』に収録された「テラキオン」を使ったデッキの叩き台を紹介しました。あくまでも叩き台なので、これを基に自分に合ったデッキにカスタマイズしてもらえたらと思います。

↑このページのトップヘ