荻尚子 デートDVコラム

クリスマス直前!皆さんはどんな心境ですか?

荻尚子 デートDV セフレ
Alex Bellink


 皆さん、こんにちは。
女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverの荻です。

 いよいよクリスマス直前ですね。
街を歩けば、忘れたくても忘れられないってほどクリスマスモード一色。
テレビを付ければ、クリスマスに関連した番組やクリスマスソングが流れるCMばかり。
こんなクリスマス直前、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 恋人のいる人はもちろんウキウキ、ワクワクだと思います。
どんな楽しいクリスマスにしようか?と心躍りますよね。

 恋人のいない皆さんは、どんな心境でしょうか?
なんだか最後の悪あがきで焦ったりしていませんか?
あと2週間あればなんとかなる!みたいな感じで。

 私も若い頃はクリスマスに色々な特別な思いがあり、この時期に恋人がいないと焦ったり、予定を入れるのを躊躇したりと、複雑な気持ちだったのを覚えています。
確かに、恋人とスウィートなクリスマスっていいですよね。なんか憧れます。
でも、知り合って日の浅い、今後良い恋愛ができるかどうかもわからない人とせっかくの日を過ごしても楽しいでしょうか?

焦って作った彼とのクリスマス。当日は…?


 異性とクリスマスを過ごすことで、体裁は整いますよね。
でも、気持ちはどうでしょうか?ついていけていますか?

 私も、むかーし昔ですが、クリスマスに焦って恋人もどき?の人を見つけてデートしたことがあります。
もちろんクリスマス直前は、その彼のことを良いと思っていましたし、お友達にも「私、クリスマスデートの約束しちゃった!イェーイ!」と喜んでいました。
シングルで友達とクリスマスパーティをするメンバーからは、「いいなぁー!」「ずるい!」と言われて、ちょっと誇らしかったんじゃないかなって今振り返ると思います。

 そして、迎えたクリスマスデート。
その彼と二人きりでデートをしていると、なんだか魔法が溶けたように楽しくない。彼の何が良かったのか全く分からなくて、彼には申し訳ないけど、すごくつまらない。

 でも、誘われたけど行かなかった、シングル友達のクリスマスパーティは絶対に楽しいんです。
毎年参加していたから、気の置けない仲間が集まって楽しいことは分かっているんです。
それを蹴ってまで来た(勝手に優越に浸ったのは私ですが)のに…。みんなは今頃、超盛り上がっているんだろうな。シャンパンとか空けているんだろうな。いいな…!

 その彼が悪い訳ではないのですが、なんでこの人と一緒にこんな大切な日を…しかも、別の場所では楽しいことがあるのにって思ってしまったんですよね。
今思えば、本当に馬鹿ですが。

気持ちが焦っているときは、
相手がしっかり見えてないかもしれません!


 クリスマスや何かイベントに向けて、あがきたくなる気持ちは別に悪いわけではありません。
しかし、焦って探している最中って、何も見えなくなってしまうことが多いので気を付けてください。
若かりし頃の私がそうだったように、恋人になりうる人という『役割』にしか目がいかなくなって、いざその時が来ると目が覚めて、初めて相手がちゃんと見えるなんてことも。

 これはクリスマスに限ったことではないです。
結婚に焦っている人にも当てはまることでしょう。
役割や外見だけではなく、自分に合っていて、一緒にいて楽しい、お互いに優しい気持ちになれたり、尊敬しあえる相手。
こういう人をしっかりと見つけていきましょう。

 焦って、合わない相手と過ごすクリスマスほど最悪なことはないです(笑)。
だったら、最初から楽しそうな友達が集まっているパーティーに顔を出す、家でリラックスする、家族と過ごすなど。こっちの方がよっぽど楽しいと思います。

 合わない人、ダメな人とお付き合いしている時間って、言い方は悪いですが、遠回りだと思います。
当事者になってしまうとなかなか分からないですが、ダメな人なのに、性格が合わないのに、なぜか執着してしまう時ってあるんですよね。
そういう場合は、その人と終わってから、ダメな人だったことや合わない相手だったなと思い出して、もう思い出したくもない…となることが多いです。

 今からの恋愛。クリスマス前で焦っているからではなく、本当に心がトキメクのか、相性がいいのかで相手を判断していきましょう。


 皆さんこんにちは。
女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverの 荻です。

 いよいよ冬本番。クリスマスに年末年始、イベント盛りだくさんの季節までもう間もなくです。
寒い冬は人肌恋しくなるし、恋人が欲しい!と思いつつ、長い間恋人がいない人もいると思います。

 さて、恋人ができないと嘆いているあなた、その原因を考えたことはありますか?

本当に人にいい出会いがないだけ?
選り好みして出会いを逃していませんか?

荻尚子 デートDV セフレ
Katrina


 多くの人が一番最初に言うのが、「出会いがないから…」
これはそもそも論ですよね。誰にも会わなければ、恋人ができるわけがないですからね。
でも、本当に誰にも出会ってないのでしょうか?

 人は日々たくさんの人に出会っていると思います。
外に出ればたくさんの人とすれ違いますし、お店に入れば店員さんがいて、学校や職場に行けばクラスメイトや職場の人たちがいます。

 しかし、「恋人ができない、出会いがない!」と嘆いている人の多くは、誰かが激しく自分を求めてくれるなど、王子様でも舞い降りて来ない限り“出会い”と認めなかったり、ものすごいドセンターに好みの人でない限り、「周りにはいい人が誰もいない」と言うんです。
このままでいいのでしょうか?

 ハッキリ言わせてもらうと、このような状態では、なかなか恋人はできないと思います。
なぜかというと、すごく視野が狭いように思われ、周りの人を全て対象外としているのも態度に現れ、周りの人から恋心を持たれにくくなっているからです。

「好きと言われると自分も好きになることが多い」とよく女性から話を聞くことがあります。
だとしたら、まず好かれてみないと分からないですよね。
もちろん、全ての人に好きになってもらう必要はありません。
ですが、「最初は、全然興味がなかったのに…」ということもあるので、恋に発展するかしないかなんてハッキリわからないものです。
だから、どんな人も自分の恋人になりうるぐらいの心持ちの方がいいと思いますよ。

選り好みにばかり時間をかけると、
ずっと出会えないままかも…


 私のカウンセリングには、30代以上でなかなか恋人ができない、結婚できないと言って相談に来られる方もいます。
その方たちの多くは、「もう誰でもいいから一緒に居てくれる人が欲しい」「若い頃はより好みし過ぎた」などとおっしゃられています。
選り好みにばかり時間をかけて、誰も恋人がいないまま時間が過ぎてしまうのは寂しいですよね。

 好みの人を探すというよりは、まずは誰かに自分のことを好きになってもらうってありだと思います。
相手から告白してくれたら、その人を見る目もきっと変わってくるはずです。
それに、人は遠くから見ていた印象と一緒に過ごしてみた印象とではかなり違ったりするんです。
プライベートで一緒に過ごしてみたら素敵なところがあった、意外と面白い人だった、なんてことはざらにあります。

 チャンスはどこに転がっているか分かりません。
大切なのは、視野を狭くしない、諦めない、どうせ!と卑屈な気持ちにならないことです。
自分に優しく、周りに明るくして、良い恋愛を見つけてくださいね。


 こんにちは。
女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverの荻です。

 すっかり秋ムードですね。皆さんはどのようにお過ごしですか。
私は、食欲の秋にのっかり太ってしまいました(笑)。秋はご飯もおいしいですしね。

 そして、もう少しすると、ひと肌恋しくなる季節・冬がやってきますね。
「秋のうちに良い人に出会って、冬までに恋人に発展していきたい」という人も多いのではないでしょうか。

ラブレターで気を付けたいメールマナー

荻尚子 デートDV セフレ
kaizen.nguyễn


 私が学生の時、思い出せないほど前ですが(笑)、まだメールなどなかったので、本当にラブレターを書いたり、もらったりして、好きな人とメッセージのやり取りをしていました。

 手紙はもちろん手書き。
手書きって、相手の表情が紙全体に表れているようで、読んだときとてもうれしかったのを覚えています。また書く時は、それはもう頭を悩ませたものです。

 それに、今のように「既読」なんて便利な機能はないですから、相手が読んでくれたのか、読んでどう思ったのか、とてもドキドキしていました。

 今はメールやLINEがあるので、とても簡単にメッセージをやり取りできますよね。
ただ、簡単に送れるものだからこそ、要注意しなくてはいけないことも多いんです。

 今回は、9月10月のAMの特集『ラブレター』に合わせて、ラブレターで気を付けたいメールマナーを書いていきます。

文章がやたら長いメッセージ


 最近はLINEでやり取りすることが多く、短い文章でメッセージを送るのが主流になっています。
そんな中、長いメールを送ってしまうと、メッセージを開いたら長ーい!スクロールしてもまだ終わらない!と思われたり、その時点で読む気がなくなってしまう人もいるので、やたらと長いメッセージは要注意です。

【改善策】
・書きたいことが多すぎる場合⇒1つのメッセージに、1つのトピックスを意識しましょう。

・前に言っていた内容と矛盾が生じている場合⇒人は、文章を書く中で自分の意見がまとまってきたり、整理できるものです。そのメッセージを読み返して、自分の考えをまとめて再度書き直しましょう。

・要点がどこかわからない場合⇒ちゃんと自分で読み返して、伝えたい要点はどこなのか考えましょう。

2~3行の連続メッセージ


 逆に、文章が長くならないように、もしくは一回一回区切るために、2~3行のメールを連続で送る女性をよく見かけます。

 文章の途中でスタンプを挟みたい気持ちは分かります。
しかし、相手の状況を想像してみてください。数秒ごとにスマホの受信音が鳴ったり、画面に通知が出てきたら?
相手がどんな状況を考えずに、たくさんのメッセージを送信したら、げんなりされてしまう可能性もあります。

 また、仕事が終わってスマートフォンを開いた時にメッセージ10件のように表示されていると、それだけで少しひく人もいます。
仲良くなってくると大丈夫かもしれませんが、知り合って日が浅い人にメッセージを送るときは、メッセージの回数はほどほどにしておきましょうね。

大した意味がないメッセージ


 男女の違いかもしれませんが、男性は返信する必要がないものには、返事をしない人が多いようです。
そして、特に意味がないメッセージに対して不快感を持つ人すらいるようです。

 例えば、恋人でもない相手に「今日ね、○○に○○ちゃんと行ってきたの」とメッセージが送っても、「だから?」と思ってしまう男性は多いんです。この男女の差をしっかり覚えておきましょう。

ツイッターと同じようなつぶやきメッセージ


 メッセージを送るのが気軽なゆえに、恋人でもない人に、自分の近況、気持ち、画像をどんどん送り付けてしまう人もいます。
これは、とても危険です。「俺はツイッターじゃないし…」と思われてしまうかもしれません。

相手から返信がくる前に、再度催促のメッセージ


 相手から返事がくる前に、どんどんメッセージを送ってしまう女性は多いです。

 返事がこないのは、不安ですよね。
それは、分かります。でも、返事がこないと言うことは、
今、忙しくて返事をする余裕がない。
あなたにさほど興味がない。
メッセージの内容がつまらない。
などなど、どちらにしても、返信しないのにはそれなりの理由があるんです。

 もちろん、後でメッセージしようと思って忘れてしまうことはあるでしょう。
しかし、忘れていただけだから大丈夫と思わず、「ということは、忘れられちゃうくらいの関係なんだ」と、冷静に考えましょう。

 どうしても再度メッセージを送りたいのであれば、少し時間を置いて、ちゃんと内容を考えてから送った方がいいでしょう。そして、それにも返事がなかったら、「もうそれが返事なんだな」と受け止めていくことが大切です。

やたら重たいメッセージ


 夜1人になると色々と考えてしまう人は、とても多いです。
そのため、「昔から手紙は夜に書いてはいけない」と言われていますよね。

 近代化した現代も、それは同じです。
自分がとてもシリアスな気分で重いメッセージを送っても、相手も同じテンションとは限らないですよね。
全くシリアスな気分ではない時に、重いメッセージが届くと、相手はその気分のギャップで冷めてしまうこともあるので、注意してください。

メッセージのやり取りを通して、
歩み寄れる相手かどうか見極めよう


 メッセージのやり取り、それもコミュニケーションの一つ。
やり取りのタイミング、内容など、人それぞれです。

 あなたがいつでもメッセージできる人だとしても、相手もそうとは限りません。
このメッセージのタイミングも、相手にとっては、あなたと相性が合うかどうかの大切な判断基準になっていることがあります。

 かと言って、あなたが相手に合わせすぎる必要はありません。
メッセージのやり取りを通して、歩み寄れる相手かどうか、あなた自身も見極めてくださいね。

このページのトップヘ