あまみどころ:Re

絵描いたりボドゲしたりしてるブログ

osina

hyoshi

001

002

003

004

005

006

007

今日(10/8)開催の歌姫庭園17で出す新刊とお品書きです!
前々からTwitterでちょこちょこ上げてた「幸子とオネエP」まとめ本です。
内容自体は近日中にアップすると思うので「本媒体で欲しい」って方は
是非お立ち寄りください!(※オネエPメモは本にしか載ってません)

hyousi2
010
022
038
049
051
057
059
DjzjKwGUcAAhAa0-orig


C94サークル参加します!
新刊は「オチがすべて幸子のドヤ顔で終わる4コマ本 総集編」になります。
今までのドヤ幸本(1~3冊)と新規書き下ろし(実質4冊目)を含んだ内容です。
+幸子アクキーあります。

3日目「あまみどころ」リ-17b

新刊64P・・・1000円
アクキー・・・500円

当日はよろしくお願いします!

最近すごく好きなボードゲーム、というかカードゲーム。

第2回目「ドラゴンクエスト 銀のタロット」3~4人用。
紹介します。
通称、ライアン(※個人的な通称です)
20180611_142323
ちなみにドラクエ未プレイなのでキャラは分からず。
ただし緑の7に描かれてるキャラはすぐに覚えました...
....ライアン...てめぇ...もう名前と面忘れないからな...

ゲームシステムは「トリックテイキング」。
赤・青・紫・緑のカードがあって、それぞれに1~9の数字がある。

簡単にルールを説明すると、プレイヤーは全員手札を持っていて、
親(初めにカードを出す人)が最初に1枚カードを出す。そうしたら次の人は

「親が出した色のカードを持っていたら絶対にその色を出さなければいけない」

例えば親が緑のカードを出したら、自分は所持している緑のカードの中から
何かを出さなくちゃならない。もし緑のカードがなければどんな色のカード
でも出していい。

全員が1枚出し終わると、一旦清算が入って
親が出した色で1番大きい数字のカードを出した人」が場のカードを全部もらえる。
引き取ったカードは数字に関係なく1枚10点
これを繰り返し手札が全員なくなれば、最終的に点数が高いプレイヤーが勝ち!

「じゃあカードいっぱい取ればいいのね、はーん理解した」

ところがどっこい。
タイトル通り、このゲームには「銀のタロット」と呼ばれるカードが存在する。

89a64bb1
↑この畜生ども

プレイヤーの手札とは別に1枚ランダムで表になってるのだが、
例えば右端の「塔のタロット」が表になっている場合だと、

「あっ、今回"ライアン(緑の7)"を取ると-360点なんでヨロシク」

ホゲェェェェェェ!!??マイナスサンビャクロクジュウ!!?????

このゲーム
うふふ、よーし!頑張っていっぱい点取るぞ♪
あーっ、取られちゃった...残念♪次がんばろっ♪
「あーん、取れると思ったのになぁ...」じゃねーんですよ...

「うわぁぁぁぁ!!!!ライアン来んなァァァァァァ!!!!!!!!!」
「オラッ!しねぇぇぇぇぇい!!!!!!(マイナスカードを叩きつける」
「借金(マイナス点)つらい...ヒィ...ヒィ...」

...という押しつけ、読み合いの阿鼻叫喚ゲー。

他にも、
・紫のカード1枚取るごとに-40点
・各色の「5」を1枚取るごとに-90点
・最初の1周目とラストの周でカードを取るとそれぞれ-180点

ニンニク全増し(上記のマイナス全部)
の銀のタロットがあり、毎回マイナスカードが変化する。

いい感じに点数取っていても一気にマイナス極貧生活になるこのスリル、
どうぞみなさん体験してみてください...

普通に超面白いです。

最近プレイしたボドゲを紹介。
唐突に始まるよ~

第1回目は「ピーパー」。

20180619_095259
※ケースはカタンのやつ。元々の箱はデカくて持ち運び不便だったので写し替え。
1~15、そしてX(ジョーカー)がそれぞれ4個ずつで全部、64個
目が見えない人でも遊べるように点字が打ってある。(白の部分)
20180618_192440

どんなゲームかというと、簡単に言えば麻雀大富豪(大貧民)。

このゲームの良いところを先に一つ言うと、麻雀は4人専用なのに対して
このピーパーは3~6人まで遊べる。人数調整しなくていいのでポイント高い。


それなりに違う部分はあるがルールはだいたい大富豪と思ってもらえればいい。
じゃあ大富豪すればいいじゃん。と思うかもれないが

このゲームが特に面白いのが「ボム」と「マイン」というシステム。

まずピーパーは、「④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫!はいドーン!!」みたいな
連番(階段)の出し方が出来る。大富豪と同じくX(ジョーカー)はどんな数字にもなるので
余計に出やすい。これを出されると通常は「いや、もう無理やん...」となるのだが、

「ククク、悪いね...ボムだ。パタッ...」

このゲーム、同じ数字3枚(ジョーカー無し)で"ボム"が発動するのだ...!

...................???????????

つまりどういうことかというと、
どんな役よりもボムの方が強い。

たとえ、「④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫」みたいな超強い役を出しても「①①①」のボムには
負けるのである...!
加えて、大富豪なら②②(2のペア)が出されたなら、次の人は3以上のペアで出さないと
いけない役の縛りが存在するが、ボムには関係ない。ボムりたい時にボムる。
ボムに勝つためにはより数字強いボムを...
「ボムにはボムをぶつけんだよ!」しかない。

まぁ、ボムをさらに超えたボム、ボム2(ボムツー)というのもあるが説明が長くなるので割愛。

このボムというシステムのおかげで
うかつに強い手を出せない」というドキドキ感が大富豪には無い楽しさ。


そして最後に説明する「マイン」。
これがボム以上に曲者で、例えば誰かが①を1枚出したとする
この時、もし自分が手牌に①①(1のペア)を持っていたとしたら

「マイン」と宣言し、

①を1枚出したプレイヤーからその①を略奪し、

自分の持ってる①①と一緒に①①①(ボム)として出せるのである。

そう、自分の手番関係なく。(※麻雀のポンみたいな感じ)

相手からしてみれば自分の出した牌を略奪され、勝手にそいつの手駒として
利用されてしまう...しかも手順は吹っ飛ぶ...まさに悪魔(ディアボロ)...

まぁこれも「マイン返し(リターン)」という
説明が長くなるので省くが、承太郎VSDIO戦のような

......お前がマインした時点で逆に俺がマインし返した...覚悟しなドドドドド

的な超熱い展開が起こったりするので超盛り上がります

ハマるとずっと遊びたくなる中毒性があるのでオススメです。

↑このページのトップヘ