6月24日(月) 
ピアノ指導者による
第2回「発達障碍ピアノレッスン勉強会」を開催しました。


「発達障碍ピアノレッスン勉強会」は、

発達障碍を持つ生徒さんに、どのようにアプローチしていけばいいのだろう。

というような
漠然とした悩みを抱えたピアノの先生が、
悩みを相談し合い、
情報交換出来る場「寺子屋」のようでありたい。

と、発足した、勉強会です。


千葉地区は、
島村楽器コルトンプラザ店にバックアップ頂き、開催しております。


第2回目となる勉強会は、
15名のピアノの先生方と共に、
学び合いました。




場面緘黙症
自閉症スペクトラム
の、生徒への接し方、レッスンへのアプローチ、

または、
グレーソーンかな、と思われる生徒を
どこまで許容し、どこから律するか、
保護者とのコミュニケーションなどなど、、、

日々のレッスンにおいての悩みを
座談会のように、どんどん発言していただき、
実り多い会になりました。


みなさん、真面目なピアノの先生。

どのようにしたら、
目の前にいる生徒が、楽しんでくれるのだろう

という一心で、指導していらっしゃる先生ばかりです。

これかれも、
ご一緒に学び合っていきましょう。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


私は、、、


〝ピアノを弾けるようにすればいい〟


というような、乱暴な考え方ではなく、

目の前の生徒に合ったアプローチを模索する上で、
時には、
幼稚園(学校)、ご家庭での様子を知ることも必要と考えています。


生徒も、親御さんも、先生も

明るく
楽しく
そして真剣に
音楽が楽しめるように。


発達障碍の子
グレーゾーン、もしくはそう思われる子
定型発達の子、関係なく
その子に寄り添い、
三位一体となって成長を喜ぶ。

そんな形が、わたしの理想です。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


~レッスングッズ紹介~


♪ビーズカウンター♪


きれいなビーズを触りたがる(笑)

これはね、
遊ぶものじゃないのよ。
ピアノを弾く人〝だけ〟触れるの。
ピアノ弾いてみる?

これまで、この作戦で
100%の生徒が、まんまとイスに座ってくれます(笑)



♪順番カード♪


にやることがわかっていたり、
終わりが見えていた方が
不安なくレッスンに取り組める、
自閉症スペクトラムの子や、幼児にはバッチリ

その子に必要なレッスン内容を
カードに書かせて(または私が書いて)
その日にやりたい、内容を

本人に、チョイスさせます。

本人が選んでいるようで
すべてこちらがやりたい内容なので、

実は、主導権は、私にあるのです。




♪書籍紹介♪





こちらは、大人の発達障害の本です。
勉強会にいらした、中村先生のご紹介


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


「発達障碍ピアノレッスン京浜地区」

中嶋恵美子先生
が、発起人となり立ち上がった勉強会。
池上のスター楽器さんに於いて、行われています。








あまーびれおんがく教室