どこかの支社長に触発されて書き上げました。一京3話の解説です。
あらゆる意味で非常に大きく話が動いた回でしたね。
以下ネタバレ注意。





<サブタイトル「ひと目で、尋常でないライバルだと見抜いたよ」>
言わずと知れた? 「ご注文はうさぎですか?」1期1羽のタイトルから。
あまりに長くてタイトルの制限字数を軽く突き破っているため、ニコ動では大幅に略していますが
正式なものは21字のやつです。 


<冒頭>
新規株主という名の新規視聴者を取り込むため、軽く今までのあらすじを導入しています。
BGM尺の都合で、子会社設立などの細かい説明は大分端折ってしまっていますが(

<OP>
前回と基本的には同様ですが、ビジョンでは1話を使った前回と対になるように11話のものを採用しています。
タイトルの画面が赤くなっていますが、これは何となく不穏な空気にしたかっただけです。
それ以外の意味は特にありません。

<工事(ニコ鉄サイド)>
(駅名の補足)
明神・・・ライバーが大挙して訪れる例の神社ですね。
一京港・・・現実で言う東京駅ですね。今後ネックになることが見え見えですが大丈夫でしょうか......
(駅構造について)
元ネタ通りにいくなら、御千夜水は本来緩行線と快速線が対面接続するはずなのですが、緩行線の延伸を考慮すると明神寄りに立体交差させるスペースが全く取れなかったため、仕方なく路線別ホームにしています。
え、平面交差? なんのことやらさっぱり(ry

<解説・就航関連>
201系が導入されたのは、恵友電鉄の方から偶然譲渡話を持ちかけられたためです。
今後の増発により、絶賛車庫でニート中の103系を投入する可能性は十分に高いです。
(就航先について)
大津と恵友に関しては、文芳社設立の時点で交渉しようと心に決めていました。
折角筆が立つ人がいるわけですから、ネタとして活用しないのは勿体無いわけです。
鯉川については、夏休みに錦糸町のがっこうぐらし!の聖地でお会いした際にCARPCONの件含め
約束していたという裏があったりします。
大橋は最後に選んだところですが、まんがタイムきらら関連で親和性が高そうだったというのが理由です。
本数については、「こんくらいでええやろ」と恵友のケイナ氏に提案された内容を全都市に反映させたというのが本当のところであります。なにぶん港を作るのは初めてでしたから。
なお、今後の都市規模の拡大次第増便することを念頭に置いていますことを記しておきます。

<ライバル登場>
ニコ鉄とライバル会社の2社体制、およびライバルの登場を3話にすることはシリーズ構想時から決めていました。
対照的に会社名とキャラクター選定は後の方まで悩んだ記憶があります。ただし、男性縛りにすることは早い段階から確定していましたが。
(社名について)
「京道」という名前を思いついたのは、「『○×鉄道』を略す時に『○鉄』ではなく『○道』にするという発想があってもいいのではないか」という思いつきです。丁度元ネタの京王に近い響きになったので良しとしています。
(キャラクターについて)
どんなに破茶目茶な事をしても不自然でなく、かつ頭が切れる男性という条件で頭の中をこねくり回した結果弾き出されたのが、両津勘吉というキャラクターです。
また彼のような漢の中の漢の象徴ともいえる人間は、ニコ鉄サイドの美少女達と非常にいい対比になっていると自分としては満足しているのですが、いかがでしょうか?
なお、部長や中川・麗子といった他の派出所メンバーは、今後物語にも登場するでしょうが(既に部長は登場済)、会社に直接関わる立場にはならないでしょう。
本田を連れてきたのは常識性を期待してのことです。

<敷設(京道サイド)>
併用軌道の採用は、これまたシリーズ構想時から決定していたことです。
当動画の目標の1つに「A9LandOperationToolで遊ぶ」ということがあり、今回の併用軌道はその第一弾といえます。
やり方は簡単、線路を引いた後に土地を0.8m上げるだけです。
なお参考先である京王線はその昔新宿~幡ヶ谷間が軌道であり、さらに京王新宿駅は戦前は国鉄新宿より東にあったそうです。
というわけで、#2のEDで出てきた三車線道路は拙い伏線だったのでした。
(駅名の補足)
代打橋・・・主は野球ファンなので時々こうして野球用語が入ったりします。

<車窓>
前回の土下座案件に対し、「なら区間を短くすりゃいい」というある種逃げのような回答が今回の車窓です。
(LEDについて)
無料で配布されているドットフォントと、Aviutlのモザイク機能の組み合わせで車内LEDはある程度それっぽくなります。

<ED>
コメント返しの度に新曲にすると言ったな、あれは嘘だ。
歌詞を思いついたそもそものきっかけは、初めて城下町のダンデライオンを見た時に "Pick me Pleeeeease!" が 「三上プリーズ!」にしか聞こえなかったことです。
その後9月終わりに阪神戦で横浜が見事なサヨナラ☆ベイスボールをやらかし、その時のピッチャーがあの三上であったので正式に歌詞を作りました。ちなみにその試合はリアルタイムでラジオで聞いていたりします。

BGMテーマ
ごちうさ1期のサントラを入手したので、今回より使用を開始しています。
そういえばごちうさのBGMの作曲者って、きんモザと同じ川田瑠夏さんなんですね。よく似てると言われるこの2作品ですが、この辺も理由の1つなのかなと思います。
また同時に、両津登場に従いこち亀BGMも導入しています。こちらは羽音の方でもよく流していたので馴染みはあるのではないでしょうか。


今回は以上です。
いよいよ面白い展開になってきたと皆様が思ってくれたなら本望です。
これからもココア達のかわいさ、及び両津の破茶目茶さにご期待ください。

次回は早くて11月ですね。
ごちうさ2期も始まったことですし、OPを一新しようと思います。
そうそう、10月19日のニコ鉄8周年動画も順調に制作していますので、お楽しみに。
それではごきげんよう!