2011年07月15日

暑い(TДT)

ポイント:カセワ、オンナダ
天気:、気温:28.9〜29.6℃、風向:西南南2m/s→南東1m/s、水温:20〜23℃、波:0.5m、
透明度:↓8〜15m →8〜15m

海士も例年より早い梅雨明けを迎え、一気に夏本番といった感じです。
暑さもさることながら、遅れていた水温も徐々に上がり、魚影も少しずつ濃くなってまいりました

スズメダイ&ウミカラマツ



amads at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイビング 

2011年07月07日

2011開幕(*^_^*)


ポイント:カセワ、オンナダ
天気:、気温:23.5〜26.6℃、風向:南→西、水温:19〜21℃、波:0.5m、
透明度:↓8〜10m →8〜10m
11,7,6ブログ シロウミウシ
大変ご無沙汰しておりました(>_<)
いよいよ海士ダイビングサービス2011開幕です。
ごん年度もご愛顧賜りますよう、なにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m

amads at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月15日

ブログ( ´∀`)つ

気が緩むとこの通り・・・(;一_一)
いつしか1週間のサボりである

ただ、書きはしないのだが、周りの人たちのブログは気になる。
その中で、必ずおじゃまする方を3名ほど勝手に紹介します。

1人目:世界一周laughnote戸川良太
偶然出会った(PCの中で見つけた)方で、自分には想像の出来ない世界観から、様々な問いかけをしてくださるブログです。

2人目:NPO法人海士人のブログ
いつもユニークな観点から海士を紹介してくれるブログです。
ただ、趣味に走りすぎるところが・・・(^^ゞ
個人的には好きなのですが。

3人目:まつんのブログ
海士に移り住んだ方のブログですが、切り口がおもしろい(*^_^*)
海士人さんと比べてみるとおもしろいです。

他にも週刊AMANA
こちらに海士に関わったり、携わる方々のブログが色々ありますので、ぜひのぞいてみてください。
みなさん様々な視点で、海士を伝えられています。

最近感じるのが、広く知るにはHPで充分ですが、深く・濃く・様々な角度で知るにはブログの方がいいのかも?


 



amads at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)joe 

2011年02月08日

歴史ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

今回、島内のある人との出会いから、改めて海士(隠岐)の歴史を学ぶ機会を得た。

参考(ウィキより)
1221年には後鳥羽上皇が海部郡に流刑となり、源福寺を配所として崩御するまで19年間暮らした。1939年、上皇の700年祭を記念して隠岐神社が創建された。
江戸時代には松江藩の支配を受け町域は海士村、豊田村、崎村、宇津賀村、知々井村、福井村、太井村に分かれていた。1904年に1郡1村の海士郡海士村となり、村役場を海士に置いた。村の人口は1950年に6,986人とピークを記録したが、その後は一貫して減少している。

2時間ほど話を伺ったのだが、まだまだ伺いたい思いでいっぱいっだった。
その中で印象的だったエピソードが・・・

「交通網の発達や成長(人間としても)とともに地域が狭くなり、世界観が変わった」
昔は、車もなく道路も整備されていなかったため、隣の地区へ行くのも大がかり、また、子供であればなおさら、生まれた地域内で充分なテリトリーだっただろう。
それがいつしか、様々な交通機関の発達により、隣の地区だけでなく島内のみならず、国内および海外まで気軽に足を運べる時代がやってきた。
当然、私自身も発達後の人間である。
グローバル化など横文字が乱歩し、騒がれる昨今、すこし自分の足でゆっくりと地域を歩いてみてはどうだろうか?
小高い丘をひとつ越えただけで、見える景色が変わり、感動が待っているはず。
どんなに科学や技術が発達しても、世界の大きさはそんなに変わってないと思うのだが?



amads at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)joe 

2011年02月07日

手当て(*´ -`)(´- `*)

ここ最近、この島でも例外なくインフルエンザの猛威にさらされている(´;ω;`)
病気は、子供から高齢者まで例外なく平等に襲う。
確かに基礎体力、予防、年齢、運などにより、まのがれる場合も少なくないが、今の科学においては、特に差異はないだろう。

そういった状況の中、ふと昔話を思い出した。
「病気やケガの処置を施すことを一般的に「手当て」と呼ばれている」
ただ今回の私がいう「手当て」は、(信仰心の話なのか、霊能力的な話なのかもしれないが)痛みを伴う場所に手を当てることにより、痛みを和らげる「手当て」である。
医学的、科学的には、判断しにくいのかもしれないが、家族のぬくもりや愛情で病状が和らぐのは、誰もが経験したことがあるだろう。

このインフルエンザも愛情で早く沈静化してほしいものである。



amads at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)joe 

2011年02月04日

ことば2(*^_^*)

ここ2日ほど久々に暖かい日か続いた
窓越しに青い空を眺めながら、「小春日和やなぁ」って、呟くと・・・
「小春日和って言葉は、秋から冬にかけて使う言葉やでぇ・・・」
えっ(;一_一)

参考
小春日和(こはるびより)とは、
晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。
小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、この頃の陽気がに似ているため、こう呼ばれるようになった。
俳句における「小春日和」・「小春」は季語となる。(陰暦の冬は10月〜12月)

らしいです( ..)φメモメモ
これって、皆さん知ってました。けっこう常識なのかなぁ(^^ゞ

これで、また、1つ大人になりました。
教えてくださった先輩に感謝ですm(__)m

amads at 19:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)joe 

2011年02月02日

ことば(*^_^*)

 ある学校の広報のコラム欄に『ことば』という表題で記事が載っていた。
ことば・・・特に日本語を人から人へ、相手に伝えるときの難しさや怖さについて書かれていた。
怖さ・・・「声にのせて思いを伝えるのは怖い。」まるで、先日出会った、アナウンサーの言った一言みたいな感じがした。そして、たしかに「一瞬の出来事、ことばが相手の気持ちを左右してしまう。」そんなことも時にはあるのかもしれない。
こうやって、ブログを書きながらもそういった気持ちが生まれることがある。
なので、『気まぐれJOEブログ第1話は「季節感」』で、『誹謗中傷は、一切無視しますし、余り深く考えず上げることもあると思いますので、無責任なこともあると思いますが、ご了承下さい。』
と、申し上げております。かなり勝手ですが(;一_一)

それぐらい、ことばや文字は、相手に様々な影響を与える。

「後悔しないようなことばを選ぼう」「ことばに責任を持つことだはあきらめず向かい合っていきたい」
といった言葉で締めくくられていた。

普段から勢いだけで話してる自分には、心に響くコラムでした。
ごちそうさまでしたm(__)m

amads at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)joe 

2011年02月01日

禁煙(-。-)y-゜゜゜

2010年10月1日から税率を引き上げにより、値上げ幅は過去最大で1箱110円〜140円程度となった。。。

1タバコ1

















ヘビースモーカではなかったが、手放すことができなくなっていた自分にとって、この上ない禁煙の機会が舞い降りた(>_<)
ここで!と思ったのもつかの間、明日から値上げとなった2010年9月30日・・・3カートン買いだめ(;一_一)

そんなこんなであれから3ヶ月ほどたった2011年1月10日ついに、買いだめたタバコも最後の1本を迎えた(>_<)

ここで決断2回目、ついに禁煙開始!!!
只今、雄たけびを上げながら、禁煙継続中\(◎o◎)/!

1タバコ2


あまり、やさしさからタバコを勧めないでください(;一_一)

amads at 21:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)joe 

2011年01月31日

かまくら(●^o^●)

サムッ(*_*;
TVや様々な天気予報で、ここ2,3日の日本海側の荒れ模様が報道される中、海士も例外なく降り積もりました。
すると、色々考える(;一_一)
普段、周りに無く、心踊らされるモノが、あたり一面に広がっている☆彡

そうなると、アーティストの魂が踊る\(◎o◎)/!
そして完成した作品がこれだ1.2.3

31かまくら





amads at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)joe 

2011年01月29日

マナー( ..)φメモメモ

 

 今日は、お昼から地元のホテルで開催された「ビジネスマナー講座」に参加してきた

 「今さら…」と思う気持ちと「今だからこそ…」と思う気持ちが混ざり合いながら、個人的にはとても楽しみにしていた。

講師は、元BSSアナウンサーの和田季子氏、ゲストにBSSアナウンサーの宇田川修一氏が来られた。

 普段の生活の中でアナウンサーの話を聞くという機会が無いうえに、「アナウンサーが伝えるビジネスマナー」ただでさえ興味をそそられる講演会である。

 

 初めの切り出しは、ゲストの宇田川アナが来島の際、利用した飛行機が吹雪のためかなり揺れたのだが、そんな中でも落ち着いてプロとしての対応をする、CA(キャビン・アテンダント)さんの話から和やかに進んだ。

 その他いろいろとおもしろい話やためになる話もあったのだが、そんな中、僕自身が1番心に残った言葉を残します。


 「自分が言っていること(話していること)を相手にメモなどにとってもらえる」

→「自分が言っていること(話していること)が相手に伝わっている気がして嬉しく、楽しく感じる」

 
 人と人との会話の中で、どの程度相手に伝わったのか?気になる時がある。あえて聞けないし、先生みたいにテストをするわけでもない。だから、反対に聞く側が上手く表現してあげられると良いんだね 

 今日は、デジカメを持って行ったものの電池切れ
想像でお楽しみください。



amads at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)joe