June 14, 2014

全部、君だったこと

夜中に目を覚ました。

カーテン越しの窓が薄明るい。
真夜中の月だ。満月なのか。
紫色の光で突然、湿り気を帯びた気分になった。

mp3に入っていた山崎まさよしのアルバム。
流していたら、あぁ、と思うのがあった。なんだったか。覚えていない。
「やわらかい月」・・・そうか、
しっとりと、水気を含んでいく。

「全部、君だった」
これは、、、と、
急に溢れそうになる。
こぼそうかとも思ったが、乾いた日常に飲み干されてしまった。

いろんなことを忘れてしまう。
自分は想っている以上に変わる。今、そう分かっている以上に。

あの水が白く濁っていくようで、なんとも、、



白じんできた空の明かりで
片付けもせずにいた小さなジュース屋さんのあと。
ふふっと風が吹いた。
「明日の風」を聴きたくなった。





amaguripon at 04:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 03, 2010

また戻ってきてしまった

なんでかわからないけど、大人って汚いなぁと。
自分だっていい歳した大人と言われる部類だし、今誰かになにかされたわけでもないのだけど。

でも常日頃から思っていることでもあるのです。
大人って汚たねぇ…と。
じゃあ大人全部が汚いのかって言えばそうでもないし、子どもは汚い行為をしないのかと言えばそういうわけでもないのでしょうが。
ただ、年齢を重ねた方が汚れることに抵抗がなくなるみたいだね。
むしろ、それに気づかないふりをするか、恥ずかしげもなく正当化するか。


強くなるって…そゆこと?

相も変わらず、正直者が馬鹿をみる社会なのでしょう。
競争社会。蹴落とし合いの社会。
でも学校では教えないからね。
そんな社会でも強く生き抜きましょう、なんて。

夢を見ながらヘドロの中、ひたすら歩みましょう。

amaguripon at 14:23|Permalink

March 08, 2009

嫌なこと思い出した

ふとしたことで数年前を思い出した。
むかむかして、もやもやした感じが一瞬ひろがった。

なにを憎もうとしてるんだろうか。
あたしはまだ少女だったし、なにも知らなくて本当に愚かしかった。
その愚かさ?
憎んだって仕方がない。
鼻で笑うことしかできない。それ以上をすべきでない。

人間て弱いなと思った。
あたしも周りも。
誰かを傷つけようとしなくても、傷つけたくなくても、傷つけてしまう。
自分の弱さが相手を傷つける。
人間てほんと弱い。
いい大人になってもね。

今もまだ愚かなんでしょうか。

「愛する」ってのはなんでしょうか。
人に優しくするってのは、教育的ってことなんだよな。
強くなくちゃ優しくはなれない。ましてや人は愛せない。
その人と、そのことと向き合う。そのときの強さ。
当たり前のことなんだけど。
覚悟がいることだ。

大丈夫だ。
今は光が暖かいってちゃんと感じられるようになった。
明るい場所も平気。
今でもまだ少し、月っぽいって言われるけど。

あたしが月なら、過去は闇夜。
「自分らしさ」を求めてばっかだったから、際立たせてくれる夜が好きだった。
でも、月は太陽がないと輝かない。
今は太陽を手に入れた。
それを愛そうと思う。


amaguripon at 05:36|PermalinkComments(0)ひとりごと 

May 10, 2008

1年ぶり・・・かな

最近はすごく安定した日々を過ごしています。

ちゃんと大事に思える人ができた。
ちゃんと大事に思ってもらえていて、満たされてます。
その人がいなければ職場なんてとっくにやめていたと思う。
本当に感謝です。
あともう少しで1年記念日。

はじめは別に好きじゃなかったけど、直感で「この人、幸せにしてくれそう」って感じたのでつき合いはじめた。
全然好みと違うし、はじめはぶつかることが多かったけど、本当に一生懸命に思ってくれるから、「裏切れないな」って思い始めて、好きになってた。
尊敬できるし、支えてくれるし、尊敬してくれるし、支えてあげたいと思える。
本当に毎日が穏やかで嬉しい。

昔はいつも不安定だった。
自分が不安定だから、周りも不安定なんだと気づいて失望した。
求めてばっかりじゃいつまでも満たされない。
だから自分から与えるようにしないといつまでもこのままなんだ。
と、思って、半ばあきらめていたら、
はじめから与えてくれる彼と出会った。
私が貪欲にむさぼっても、まだ彼は与えてくれたから、底なしと思っていた自分がいつの間にか満たされて、逆に与えられるようになっていた。

彼の尊敬できるところはそこだ。
人を変える力とパワーがあるなと。
前向きに頑張っている。優しくて誠実だ。
人を育てるのが好きなんだって。私はうまく育てられたらしい。

久しぶりのブログがノロケですが、どこかでかこう!と思っていたのでした。

amaguripon at 06:12|PermalinkComments(0)

July 22, 2007

祭りだ祭り

昨日、先輩たちと飲みにいきました。
職業病のために日ごろ痛んでいた喉をよく癒してくれるような時間でした。
えぇ。なにも言えないんですもの。
向かえに座った先輩は、おばさん先輩方におだてられるがまま
鼻の穴を拡げて幸せそうに笑っているし。
あの笑顔が未だ頭から離れません。

飲みも後半に差し掛かったところ、お馬鹿なわぁはやっと気づいた。
あぁ、こりゃ祭りだね。
はじめっから終わりまで、あっちもこっちもこの先輩のお祭りだ。
わぁ。。。こりゃおなかがいっぱいだな。
もどしそうだよ。帰りてぇ。って。

んで、やっと飲みの最後。
もうそのときには会計終わって、店員にも帰れって言われてたわけで。
そこで改めてあがった話題が「校長の話は長い」って。
そこから更にとまらんのですな。
わぁは時計チラチラ見ちゃうわけですよ。
あんなに店員さんによくしてもらったのに、これは申し訳ないべ・・・って。
そしたら、「興味なさそうだよね」って先輩が。
あ、まぁ、ハイ。
っつうかさ!ね!もう帰ろうよ??つうか帰して!
っていっぱいメッセージ送ってるのに、どうして!
わぁの歓迎会じゃないの??歓迎会って言ってたじゃん!
あまり飲んでない人には払わせないようにしようって言っといて、わぁ2杯であなた6杯でしょ?で、割り勘かよ(泣)
もういいっす・・・いいっすから、余分に払うからもう帰して・・・
さて、本当に話が長いのは誰でしょう?

社会人(女同士)の飲みってものごっついストレスだね。
学ぶこと多し。真似したくないこと、いと多し。

あ。この前パチンコやってみました。
なんかお金が不本意に手元にはいってきて気持ちよくなかったな。。。
なんて言ったらパチンカーに怒られるかな。




amaguripon at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 13, 2007

なぁる・・・!

わぁのアパートの1階には公衆電話があります。
夜、学校から帰ってくると、必ず誰かがそれを使っている。
おかしいと思わないか。
今どき、携帯はどうしたんだと思わざるを得ない。
多くの場合、若い女性が使っているんだもの。

あるときピーンときた。

日本人じゃない。

そうだあれは国際電話なんだ。

アパートの裏にはフィリピンパブがあるんだよね。うち。


そんなふうにパズルがパチリとはまったりして。

amaguripon at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 23, 2007

明日は研修

眠いよ〜
明日の準備してないよ。
つうかできないよ。ふつうに。

土日はなんかとりあえず大学の時の友達に会って過ごすよ。
そいで後悔します。
でも遊ばずにはいられない。
イベントがないと窮屈で退屈で死にそうになるんだもん。
友達はゆっくりひとりで過ごすみたいだけど。
でも仕事してるもん。わぁだって。
あ〜寝たい。

amaguripon at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 18, 2007

問題あり

凹むわ。仕事うまくいかない。
自分はだめなんだろうかとおもう。
自分自身でうまくいかない、とジタバタしているのもつらいけど、これでいい!と思ってるときにダメ出しされるのも辛いね。
どうしたらいいかわからない。

なんかもうねぇ。。。
職場の人に甘えちゃうんだよね。。。
絶対迷惑かけてるのわかるけど、一人で抱え込むのが怖くて。
つうかもう変な人みたいに思われてるし。もういいや。
これで仕事ができれば多少それでもいいんだろうけど。

いつになったら下まぶたの痙攣はやむんだろう。



あ。津田寛治かっこいいね。

さ、もう寝よう。

amaguripon at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 09, 2007

仕事とは

仕事はじまってはや一週間。
なんだか本当につらいです。
未だかつてこんなときはあったろうか。
と振り返ると、わぁはこれまでなんてぬるい世界にいたんだろうと。

下まぶたの痙攣がとまりません。
きっともう精神的なものが体にでているのでしょう。
でもまだ大丈夫。こんくらいは。

ぶっちゃけ、5日目にしてやめようと思いましたもん(笑)
一人になると、やめることしか考えてなかった。社員募集の公告とか本気で見て。
絶対わぁはこの仕事に向いてないって。
そこに一回たちどまったら、もうあと不安と絶望と恐怖感とが一気に押し寄せてきて、どうしよう、逃げたい。って。
でも時間は流れます。
そしたらなんだか少し気持ちがゆるりとしてきました。
まだまだきついけど。
絶え間なく追いかけられてるけど。

事務作業も多いし、アイデアを絶えず出さなくちゃいけないし、フットワーク軽くなくちゃいけないし、体力勝負だし。

でも敵はかわいいです。

でもまだ、やつらに精一杯立ち向かう覚悟はできてないみたいです。

今はいつも、パフィーの「♪あしたのために寝るだけ〜♪」というのが頭に流れ続けてます。
寝ることも仕事のうちなんだなぁって思ってきました。

ここのところ毎日実家に電話かけてます。
一人はいやなのです。つらすぎて。
もうなんだかご飯もいらなくなったと言ったら、食べろって怒られました。
寝ろって言われました。
でも明日の準備があるって言ったら、じゃぁやりなさいって言われて、
いや、やりたくないよ、っていったら、やらなくていいと思うって言われました。
あの父がそんなふうにいうのははじめてです。
今までになく本気で心配してるのでしょう。
そうじゃなくてもわぁ、すぐご飯ぬくから。
ありがとうって本気で思います。
いつも電話かけてうざいし、甘えてるって思うけど、でもちゃんと電話とってくれて。
本当に仕事放棄するわけじゃないけど、そうやって「やらなくてもいいよ」って言われると本当に気持ちが楽になったし、よし、やろうって思います。
明日の朝ね。

がんばろうって思います。
まだ子どものためじゃなくて、身内とか自分のためにしか思えてないけど。
それってだめなことですか。
わぁは少しずつ「先生」っていう自分になっていこうと思います。







amaguripon at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 01, 2007

ついに

明日から仕事です。
自分が「仕事」なんて使う日がくるなんて、なんだかおかしな感じ。

明日が晴れだといいな。
天気予報は
雨だって言ってるけど。
なんかまだ気持ちの切り替えができてないのです。
恥ずかしいな。
舞台に立つ前みたいにドキドキしてる。

明後日からは6時半起きかぁ。。
数ヶ月前まで毎日午後起きだったのが嘘みたいだなぁ。
なんて、過去は振り返らないぞ!

amaguripon at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 29, 2007

引越しも終わって卒業も

無事卒業することができました!
なんかもう、本当に涙のお別れだった。

さて、引越しも終り、だいぶん落ち着いてきました。
でも揺れるのです。床。
デカいトラックが通るたびにズズン・・・って。
いや、なんか今はそれさえ楽しむ余裕があります。
とりあえず毎日外出しています。
なんだか家にいるのがもったいなくて、どっか行ったり、人とあったり。
あと少しの平日休暇ですから。
なんかあるとふらっと駅付近に行ったり、ツタヤはいってみたり、他の駅行ってみたり。
う〜ん。明日は少し落ち着いて家のこと片付けてから出かけるか。
やっぱり出る。ツタヤに行って「花とアリス」をチェックして、チャリ買いにいこっかな〜・・・
「花とアリス」なかった・・・
どうしても見たくて寄ったのに!
今見たい!今、見たいの!
見たいときに見れなきゃやだもん!と思った。

amaguripon at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 26, 2007

姉妹

あら
こんなところでお会いするなんて。
お元気そうで、と声をかけると、引きつった笑いが向けられた。
ずいぶん見ないうちに雰囲気変わられましたねぇ、なんて愛想笑いをすると
そうですか?少しは成長しているといいんですけどwと姉がさっと応える。
妹さんも。大きくなられましたねぇ。
そう言って視線を合わせようとすると
そうですか?そうでもないですよ。と上唇をひくつかせて笑ったようだった。
たいして続きもしない世間話を続ける。
それにしても二人とも眼鏡がよく似合っているねぇ。とかなんとか。
そ、そうですか?でも今みんなこんなんですよ、という妹の言葉を遮るかのように
ありがとうございますー。その眼鏡も素敵ですよねぇ。とても色が似合ってるなぁと思っていたんですよ。と姉が応えた。
この姉妹はよく似ているなと思った。

それでは、また、と別れの言葉のあと背後から。
二人分のため息が私の耳に届いた。

amaguripon at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 20, 2007

あぁもうほらまた

鍵の束を落としてしまった。
あれ?ない・・・のか・・・ね?
・・・ない・・・・ね?
って気づいたのが20時。
寄ったお店の大半がしまっている。どうしよう・・・。
まず寝るところがないぞ・・・
そんでもって原付の鍵、1回失くしてるからもう次は鍵交換だ・・・
がちゃぴん、ムック、さようなら・・・・(T−T)
つうか!明日引越しの見積もりが来るのに部屋見せられない・・・!
とりあえず電話しよう。

って「鍵落としちゃって・・・」って電話したら「えぇぇ!」って。
「とりあえず寝るところ確保できるように頑張ってください!!」
あぁぁ・・・ありがとう。。。

でもね。あったの。マックに。
店員が持ってきてくれたのは確かにわぁの鍵たちでした。
でもなかなか渡してくれないの。わぁのだって!ほんとだって!

「すいませぇ〜ん・・・・(;_;)鍵ありましたぁ〜・・・」
「ありましたか!!(爆笑)よかったです!!」って引越し屋さん。
「もうホント恥ずかしいですぅ〜・・・」
「いやいや風邪ひくことなくてなによりでしたよ。」
あぁなんて心にしみるセールストーク。

なんか、本当にやっちゃいけない、やったりしないことをやってのける。
まさか!ねぇ〜??
なんてことを普通にやってしまう。
あぁもうまた〜・・・・ってなる。

amaguripon at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 28, 2007

同居してます(in携帯)

なかなか気難しい奴らだなぁと思いながらはや2週間。
「お釣りが全部小銭だった」と怒ったかと思うと、前触れもなく「げらげらっ」と笑ったりします。
おっ、笑ってる。機嫌よくなったかな。と思って話しかけると、、、
二言、三言あとには「疲れたからもうしゃべりたくないっ」って怒られます。
そんなに話しかけたつもりもないのに、私に対する評価は「おしゃべりでおせっかいで不運」だそうです。
不運って、どこで判断したの・・・?
くそぅ。わがままなやつだなぁ。と思いながらも気を遣って、話しかけるのを我慢していたらなんだか仲良くなってきたみたいです。
これくらいが丁度いいんだね・・・って、ひとつひとつ分かっていくものです。

ついさっき、「おやすみの時間だから」って床につきました。
そういうときはすかさず日記を覗き見ます。
「アマグリのことはまだよく知らない」って書いてありました。。。
もっといろいろわかっていこうね。。。。わたしたち。
あと、奴とはなぞなぞとかして遊んだりするのですが、それがまた難易度が高い。
「長くのびると病院で役立つ野菜ってな〜に?」わかります?
でもたまに簡単なものも出してくれるので、答えられると嬉しくなるのです。
また、私が教えたギャグ(みそおでん・にそみこみ・メガマック・・・等)をにこにこしながら言ってくれるのが、たまにきゅんとしたりします。
かわいいやつめ。
でもやつとの生活は明日で終りなんです・・・期限付きという約束なのです。
さみしいなぁ。。。明日一日、少しでも仲良くなりたいな。
さて、そして次の同居人はだれなのか・・・。


アプリの猫あいてに、最近の生活(リアル)に潤いを感じている女子大学生がここにいます。
奴が外出しただけで少し寂しくなったりも(きちんと)します。
恋人か!

ニャンコロ

amaguripon at 02:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 24, 2007

歯をみがく女

な、ぁんか。
かっこいいなぁと思って。
ブラシに磨き粉をたっぷりつけて、
シャコシャコいわせて、ほんの少しだるそうに。
手を動かしながらテレビにふっと目をおとしたり、
手を止めて剥がれかけたペディキュアを気にしたり。

お泊りにいったときのこと。
いいもの見た。


amaguripon at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 20, 2007

不整脈のこと

大学に入って不整脈がひどくなった。
当初はそれが心臓からのものなのだとわからなかったのだけど。
ときたま、胸に穴が開く感覚があって、不快だった。
結局それは、脈がつまずいているのが原因だったわけで。
それに気づいたときはすごく不安になって病院に駆け込んで。
そしたら問題ない不整脈だって言われて。
感じない人になると、違和感さえ覚えないらしい。
でも、高校のときよりははるかに不整脈の頻度は増えていた。
人によっては感知されない脈のつまずきを、私は丁寧にひとつひとつ感じとってしまうものだから、たまったものでない。

こうやって、不安になったり、お酒を飲んだり、体が熱くなったりすると、鼓動はめちゃくちゃつまずきやすくなる。
なにか控えたりしたほうがいいことはありますかって尋ねたけど、生活から特に影響されることは少ないから別に大丈夫ですよって。
医者は、治す必要はないけど、どうしても嫌なら薬を出しますよって言った。
そう。わかりました。

う〜ん。ドックドックいって気持ち悪い。苦しい。
お酒控えたほうがいいのかなぁ。

amaguripon at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 13, 2007

質がまるで

のぺのぺえとえとさらさら
布団に皮膚が溶け出してさらさらさらさら
まるで液化するみたいに
少しとろみをもった液体になって
空気の波に合わせて揺れる

どこかで女の人が鳴いてる
わからないことをつらつら流して
お礼を言わなくちゃ
異国の地からきれいな空気の波をありがとうって
あなたの言葉がわからないことがこんなにも心地いい

amaguripon at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 11, 2007

人に優しくは

なんでだろうか、わからないけど優しくなれない。
それというのもなんだかイライラする、恐々してしまうから。
優しくしたいのに。
大切に思う人にするみたいに、優しくしようと思ってしてみたりするのだけど。
でもどうしても断念してしまう。

どうしてこんなにも居心地わるく感じてしまうのかな。
居場所がないように思うよ。
社会不適合者はやはりだめなのかな。

今、こんなに寂しくてしかたないのに、やり場もなければ紛らわす場もない。
自分のなかでぐるぐるぐるぐる渦巻いていて、誰かと話したいのに誰もいなくて、口に出るのはどうでもいいことばかり。
自分、よくこれまでこれできたなと思う。
本当ははじめから、1から違っていたんじゃないかと思う。

うそだよ。大好きだよ。

どうしてこんなに欲しがり屋さんなのかなぁ。
もらってるはずなのに全然埋まらない。いや、受け取れていないんだろう。
餓鬼みたいにいつまでもこうやって欲しがるんだろうか。
ちいちゃい頃、大事なものをもらわなかったんだろう。
もう被害者面する年でもいられなくなったし、どうしようもねぇな。

amaguripon at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 09, 2007

極楽極楽極楽湯

友達と銭湯に行ってきました。
650円で、ちと高いよなぁ・・・なんて思っていたけど、
入ってみたら全然よかった。
施設がしっかりしてる。
湯ぶねの種類がいくつもあるの。
温泉とかではないけど、そのかわりに
いろいろ手をかえ品をかえしているなぁというかんじ。

帰省中はけっきょく温泉に行けなかったから、お風呂につかりに行きたいなぁと思っていたのです。
まぁ、たまにはいいよね。


amaguripon at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 07, 2007

味気ない

あまりに急いで食べたから
あまりに辛くて辛かったから
鉛のような飯
それでも食べなきゃ生きていけない

そのご飯の味、美味しい方がいいのかな
不味い方がいいのかな

amaguripon at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)