2012年11月

今日、鳥ではなく紅葉狩りに行って来ました。
今年は10年に一度の鮮やかさで今日がベストの日とテレビで言っていましたが・・・。
 
橋を渡るのに一苦労(橋の上でこんな写真撮ってるからやー)
イメージ 1
 
道はこんなんでした。
イメージ 2
 
このお寺にたどり着くのにどのくらい時間を要したことか。
イメージ 3
 
あとは紅葉写真です。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 
9時に家を出てお寺一つしか廻れませんでした。
 
終わり。
 
2012年11月25日

お城にオジロビタキと青いルリビタキがいるらしいんで代休の今日見に行って来ました
・・・と言いたいんですが、どちらも見ることが出来ませんでした。
 
常連さん曰く、昨日は出勤だったらしいんですが、今日は定休日で西の丸でお休みらしい。明日からまたモデル職を勤めるとの事でした。
その代わり、尻尾だけが青いルリビタキがあちこちで出演してくれました。全体で15羽ぐらいは居たんではないかなー。うち、1羽だけ全体が青いルリ君がいるらしいんですが、見に行ってません。
 
最初に梅林外堀側のキクイタダキです。居ると挑戦したくなります。
イメージ 1
イメージ 2
 
ルリビタキ
比較的近くで撮れたのを三枚。
修道館裏
イメージ 3
 
神社裏
イメージ 4
 
太陽広場
イメージ 5
 
オマケのウグイス
イメージ 6
 
もうひとつオマケの紅葉シロハラ
イメージ 7
 
撮影日2012年11月19日
 

本来はモミジカワセミとなる予定でしたが、そうは甘くはなかった!
 
毎年紅葉の季節はここに来て、赤をバックにした青いカワセミに挑戦するんですがあきまへん。
 この日、NHKのTV「ダーウィンが来た!」で東京のカワセミを放送してましたね。なんであんなにうまく撮れるんですかねー。
 
紅葉モミジ・・・木によっては見ごろ
イメージ 1
 
この中にとまってほしかったカワ嬢
黄葉だから少しは晩秋らしい?
イメージ 2
 
モミジの木なんですが葉っぱなしでカワセミだけ
イメージ 3
 
これも貼っておこう。
開門直後の朝もやの中、青葉モミジにカワセミ!
イメージ 8
その他写した鳥さん
ボケボケのキクイタダキ
イメージ 4
 
色がないルリビタキ
イメージ 5
 
目の前に来たエナガ
イメージ 6
 
近づいても知らん顔のアオジ
イメージ 7
 
撃沈です。
 
撮影日2012年11月18日

昨日様子見で毛馬とお城にいったんですが、毛馬のほうが面白そうなんで、今日また毛馬に行きました。
今日は、午前中は無風状態で日差しも暖かかったんでそこそこ見ることが出来ました。
そして、ここの常連ブロガーさんが集結です・・・といっても6人だけですが。
皆さんお疲れ様でした。今日の鳥探しは面白かったですね。
 
最初にホオアカ・・・上にはなかなか上がってきませんが土手の真ん中を通るとあちこちから飛び出します。今日もコホオアカは探せませんでしたが、きっとどこかにいると思っています。
イメージ 1
イメージ 2
どうゆう訳か、今日はノビタキがいませんでした。
 
アリスイ
今日は鳴き声がして出てきました。
セイタカアワアリスイ
イメージ 3
 
モズと隣同士・・・お互い知らん顔
イメージ 4
 
尻尾のある方のジョビ子さん
イメージ 5
 
そして今日のハイライト、被りなしのベニマシコオス・・・今秋初登場です。
イメージ 6
 
オオジュリンも入っています。そしてnobさんはクイナも水路側で撮ったとの事、水鳥も入ってきています。探鳥が楽しみな毛馬になってきました。
 
撮影日 2012年11月10日

二週間ぶりの鳥見、地元の状況を知りたくて毛馬に行きました。
到着してすぐにホオアカとご対面です。すぐに飛ばれましたが行き先は土手。土手の方に行って観察していると、10羽ぐらいは入っているようです。但し土手は草茫々で、すぐに草の中に入ってしまうので撮れませんねえ。
 
ホオアカ
イメージ 1
 
あとでお会いしたNbさんに聞くと、コホオアカも入っているとの事で写真を見せてもらいました。一昨年と同じような状況になりそうです。
 
そしてノビタキ、これも土手の方で、4羽ぐらいはいました。
 
ノビタキ
イメージ 2
イメージ 3
 
昼からお城に行きましたが写真は撮れ(ら)ず。
人は少ないけど鳥は簡単には撮れませんでした。話題になっていたのは、アカゲラ、ルリビタキオス、ハイタカ
かなあ。飛騨の森から梅林、神社裏を通って配水池間で見たのはヒガラ、ルリビタキメスタイプ、マヒワ100羽ほど、ジョウビタキオスメス、キビタキメスだけでした。。
 
一昨年は毛馬にコホオアカが入り、お城にマヒワが大量に入った後、レンジャクが入ったんではなかったかなあ?今年も同じよう名パターンの予感です。
 
2012年11月9日

↑このページのトップヘ