2014年11月

山に鳥を探しに行こうということで大阪府北部の山に行ってきました。
 
この山は鳥カメラマンがあまり来ないらしい本来は静かな場所の様です(今日は合宿?の学生?がうるさかった)。冬は雪が積もるところらしい。
 
鳥は少なかったと言うよりグチャグチャの中ばかりで写せなかった。
 
ウソ ・・・全部かぶっていた。このカメラ(SX50HS)ではピン合わせが無理です(マニュアルもできるんですが実戦上はほぼ使えない)。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 
その他の写せた鳥さん
 
カシラダカ
イメージ 5
 
ホオジロ
イメージ 6
 
ミヤマホオジロ、ルリビタキ、アカゲラも居たんですがピン合わせ前に飛ばれた。
 
2014年11月30日

辛うじて・・・とは、危うく丸ボーズになるところだったという意味。
 
家で何処に行こうかもたもたしていて結局毛馬。着いたのは9時半。
それから12時までシャッターを切ることはありませんでした。
 
昼飯を食べて再挑戦。
 
もう何でもいいからシャッターを押しました。
 
ベニマシコメス
イメージ 1
 
最近はあまり見かけないジョビタ君
イメージ 2
 
たまには水鳥も。カイツブリ・・・毛馬では少ないかな?
イメージ 3
 
それもずさんが写していた変なカモ。マガモ×カルガモ???
イメージ 4
 
無理やり撮ったカワセミ
 
イメージ 5
 
2014年11月24日

今日はポカポカ陽気なんでたまには川の上流にでも行ってみるかと行きました。
今季まだ撮っていないベニマシコぐらい撮れるやろと思ったんですが・・・。
 
最初に毛馬。飛んでいるのは見ました。けど上流に行く予定だったんでパス。
フラフラと上流へ出発。あちこちのポイントで声は聞くんですがねえ。とうとう鳥飼まで来てしまった。
それならと、橋を渡って過去のベストポイントへ行くことにしました。
 
到着するとカメラマンが10人ほど固まっている。カメラの先は刈り上げた土手。何も聞きませんでしたが、多分あれやろな。 ここに居たじっとしているチョウゲンボウではありません。
 
暇なんでチョウゲンボウを撮りました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 
3時間ぐらい粘ってみましたがそれらしき鳥はなし。
あとで聞きましたが朝は2羽いたそうです。
 
その他はタヒバリのみ
イメージ 4
ここでもベニマシコはボーズ。居るには居るんですが数が少ないようです。
 
毛馬に帰ってベニマシコを探しましたが鳥の声すら聞こえない。しまった、朝に撮っておけばよかった。
居たのはイソシギでした。
イメージ 5
2014年11月22日

この時期毎年恒例の植物園に行ってきました。
今年は紅葉が少し早いような気がします。
イメージ 1
イメージ 2
 
で、鳥はどうだったん?ということですがおなじみカワセミです。モミジは縁がまったくありませんでした。
イメージ 3
 
本来はこうなる筈だった。
イメージ 4
 
仕方がないのでモミジ以外の紅葉絡みです。
イカル
イメージ 5
 
エナガ
イメージ 6
 
ジョビ太君
イメージ 7
イメージ 8
 
猛禽らしく見えたタダノモズ
イメージ 9
 
ついでに歩いて15分もかからない池に行ってきました。
でも見つけたのはまたカワセミだけでした。黄色いトンボはいるんかしらん?
イメージ 10
 
2014年11月16日

家の用事でゴタゴタしていて暇になったのは午後3時。この時間から行くのは毛馬しかない。行くのをやめようかとも思ったんですが、この頃ロクに鳥見をしていないんでベニマシコでもと行ってきました。
でもやっぱり声はすれど出てきません。しかも暗くなって写らない。
 
辛うじてカワセミが居ました。
イメージ 1
 
毛馬の夕陽
イメージ 2
 
2014年11月15日

↑このページのトップヘ