2016年01月

何も言うことなし
6時間かけて撮れたのはヒコーキだけでした。目的の鳥さんは朝に撮った人が居たとか。
粘れば撮れると思ったんですが甘かった。皆さんの言う通りですね。
うん、撮れなかったけどここでもキツネを見ました。コミミのところのキツネもそうだし増えている?

で、今日撮った飛び物。名前はようわからん。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

鳥さんです。
イメージ 4
イメージ 5
2016年1月31日

オオタカ公園のギンムクドリがまだいるか知らんと思って行ってきました。

オオタカ公園のどこかよくわからんですが、最初にオオタカを見たいと、一番奥に行くとカメラマン発見。
でもオオタカではなさそう。ギンムクはここやなと探しますが、ツグミがメチャクチャ多くて何が何だかわかりません。

最初に撮ったのがこれ。なんや、マミチャジナイかと思ったんですが一応撮りました。もちろん誰もカメラを向ててません。
イメージ 1

ギンムクを撮りたいんでそのあたりを探すとタダムクに混じってそれらしき鳥発見
イメージ 2

そのうち降りてきて実を食べ始めたんですが葉っぱの中にもぐりこんで撮れない。ツグミの集団がやってきて撮れずじまい。
これが三回繰り返された。すぐにツグミに飛ばされてしまうんですねえ。

みんなが固まっている方へ行くと、オオアカハラがいるらしい。
探すといました。
イメージ 3

池の方にみんながカメラを向けてるんで聞くとカラアカハラメスとの事。
必死になって撮ったんがこれ。どうにもならん。
イメージ 4

あきらめて帰路につきました。
水流でボーズなしのカワセミ
イメージ 5

オオタカの島で見たタヌキのおまけ。
イメージ 6

あ、オオタカは上空を飛んでいったのを見たきりです。

で、家に帰って最初に撮ったんがマミチャジナイかを確認すると、あれ、カラアカハラメスじゃないの?となった次第であります。

2016年1月30日

天気予報によればこの土日、雪が降るっていうんで、雪絡みのコミミが撮れると期待していたんですが・・・、
全然降らんやんか。しびれを切らして今日の午後からお城に行きました。
メチャ寒いんで人も居ないだろから、あの撮れないキマユムシクイがいたら独占やろと思いこみです。

到着して大将に聞くと、今日は見降ろす位置で撮れるらしい。いつもの場所(神社裏から修道館裏)に行ってしばらく探すといました。
こんな低い位置で撮るのは初めてです。一番近い時は2mぐらいまで寄ってきた。しかし動きが早すぎてそれは撮れませんでした。
今日撮れたんはこんなんですわ。

キマユムシクイ
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 7
イメージ 4

コンデジでこれですから今日はいちばんマシですね。

次はハイタカ
規則正しいハイタカの様です。今日は4時に戻ってきた。
イメージ 5

最後にウメ
今年の咲き出しは早かったんですが、この寒波の影響かまだ一分咲き程度です。ウメジロはまだ先でしょう。
イメージ 6

2016年1月25日

マイフィールド定例観察。

毛馬〜赤川
特にこれといった鳥さんは無し

ベニマシコ・・・次第に群れが大きくなってきてオスも出やすくなってきた。
イメージ 1

最近移動が多くなってきたとのメジロガモ
イメージ 2

この後お城に転進

目的はこれ、神社裏のキマユムシクイ。相変わらずまともに撮れない。
イメージ 3

こちらは簡単に撮れる同所のコサメビタキ
イメージ 4

そしてお城で一番人気のハイタカ
今日は午前中が良かったそうですが、これは午後二時半に撮った写真。
イメージ 5

2016年1月17日

お誘いを受けて三重の河口廻りに行ってきました。

本日行った一番北の河口

ユキホオジロ・・・今日午前中で延べ100人ぐらいかな?雪の中にいる鳥とばかり思っていました。
磯場の方のポイントはエサだらけとか。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 8

次からはコンデジの威力発揮です。近くても100m以上!干潮を待てば近くで撮れるでしょうが証拠写真派はこれで良し。ただしどれも目が出てません。おまけに三脚に乗せるのもメンドウだったんで全部手持ち。

今日行った一番南の河口:雲出川河口
コクガン
イメージ 5

今日行った中ほどの河口・・・名前忘れた。
ミヤコドリ・・・こちらではポピュラーな鳥なんかなあ。雲出川河口にもいました。
イメージ 6

ウミアイサ
イメージ 7


一番見てみたいカモは居なかった。

2016年1月16日

↑このページのトップヘ