2016年09月

昨日ノビタキを地元で見たんで、毎年行っている(昨年は行っていないけど)北嵯峨野の彼岸花ノビタキに行ってきました。

結論を先にいうと、ノビタキはせいぜい2羽だけで、彼岸花には乗らなかった。その彼岸花はまだ枯れかかっていないので、例年より遅れているようです。従ってカメラマンも少なく、9時ごろに到着した時は誰もいなかった。その後パラパラと人は増えたものの昼頃でも10人はいなかった。もう流行はすたれたんでしょう。

ノビタキ
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

今日は買ってから四か月ほど寝かしてしまったシグマの150〜600mmの初陣。ここ4年ほどはコンデジばかり使用しているんでクソ重い。三脚も持って行ったもんね。600mmで2kgなら手持ちでも使えるかな?と思って買い替えたんだけど、微妙。日頃2000mm相当を多用しているコンデジと比べると小さくしか写らん。これでも全部トリミングしてるんです。
お城とか淀川だったらお散歩コンデジで十分かな?

2016年9月24日

休みを入れた今日、昼飯がてら午後から1時間ほどの鳥見です。場所はいちばん近い鳥見場、数か月ぶりの淀川河川敷。ノビタキでも入っていないかナ?と。

毛馬からブラブラと見回って、この数年実績があるジャリ広場に到着。
しばらく様子を見ていると、ノビタキ発見。
やはり居ました。だけど、ほとんど出てこない。しかも一羽だけの様です。
どうにか撮れた証拠写真です。この後30分ほど待ってみましたが出てこず。

ノビタキ
イメージ 1
イメージ 2

2016年9月23日


今日は午後から雨というので12時までとし、太陽広場に出ていた屋台村で昼飯を食べてから帰宅しました。

桜広場のツツドリ・・・人慣れしたんか、逃げない。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

神社裏のコサメビタキ
イメージ 5

神社東のキビタキ
イメージ 7
修道館西のエゾビタキ
イメージ 6

オオルリオスが桜広場の梅林側に居たというけどわからなかった(メスは居た)。
その他はキビメス、コサメがあちこちでパラパラ。
オオタカは西の丸の天満橋側に朝は居たそうです。

2016年9月22日

キビタキオスが撮れていないんで昨日見た神社裏へ

で、ここで見たのはまたしてもサンコウチョウ。ご新規さんか居残りなのかわかりませんが、これで三日連続サンコウチョウ。撮った場所は毎日違います。
本来撮りたいのはキビタキオスなんですが、こちらの方が先に見つかってしまう。

サンコウチョウ
アブみたいな虫を食べて居る。
イメージ 1
食べ終わり
イメージ 2

神社裏でキビタキを何度か見るんですが、落ち着きのない個体で全然撮れない。
今日の狙いはキビタキオスです。サンコウチョウはそこそこにして、居るというサクラ広場へ。

で、探すとヘリポート側にあっさりと居ました。
最初は枝被り、次に被りがないのをと再度探してもう一枚。
イメージ 3
イメージ 4

何とか撮れました。
おまけは、キビタキを探している時に、生垣に飛んできたヤブサメ
一応居たということで・・・。
イメージ 5

2016年9月11日

今日は良い筈とまたまたお城

一言でいえばオオルリが多い日だったかな?あちこちで成鳥、若、メス全部で8羽見たからもっと居た筈。
コサメもキビ若も多くなって来たけど、キビオス成鳥を撮ったという人はあまりいないんじゃないかな?
そう言う私目も撮れませんでした。

オオルリ・・・サクラ広場・・・今日はここが一番安定して見れたと思います。
イメージ 1
イメージ 2

太陽広場で。若含めて3羽ほど。高いところばかり
イメージ 3

サンコウチョウ・・・音楽堂上・・・昨日のサクラ広場の個体?
イメージ 4

太陽広場の個体。オオルリ、コサメビタキと飛び交っていた。
イメージ 5

神社裏のコサメビタキ
多分昨日の個体だろうが、光加減で胸部はかなり白い。
イメージ 6

2016年9月10日

↑このページのトップヘ