2017年07月

先週と同じ所に、ヤンマ狙いで行きました。

ネアカヨシヤンマ・・・お城のT将が見つけてくれたもの。暗い所でよく見つけることが出来るんですね。
イメージ 1
イメージ 2

相変わらずマルタンヤンマメス・・・今日は5頭ぐらいは居たと思う。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

カトリヤンマ
イメージ 6
イメージ 7

今日はクヌギ食堂のにおいプンプン(だけどクワカブ、オオムラサキは全く見ず)。虫遊びには雰囲気抜群の所ですが、結構ナラ枯れ被害が蔓延していて、数年後には厳しい環境になりそう。
今年はしばらくここに通ってみよう。行くのは楽チンで平坦な場所です。

お会いした皆さんお疲れ様でした。
どうゆう訳か今年は地元の方に一人も会わず、お城のメンバーばかりが目立つ今年です。

2017年7月22日

ここしばらくフィールドにはまあ適当に出ているんですが、ボーズ続きで貼る絵が無くブログ更新はお預け。

これではどうにもならないと、ここでのボーズはないとの実績がある、奈良の古池に電車とレンタルサイクルでとうとう行ってきました。
ここは車でなければ電車を降りてから約40分かけて歩くか、30分に一本のバスに乗るかですが、800円のレンタルサイクルの方が便利だと思います(9時からの営業ですがどうせ早く行っても居ない?)。
真夏なんかに歩くと途中で倒れるかもしれませんからねえ。最近、お城の鳥屋さんでトンボ、チョウチョもやる人の間で人気の場所ですが、くれぐれもご用心を。そして長靴もあった方が安心ですよ。

さて、何を撮ったかというと毎年と同じもの。それでも居るだけでいいんです。
そして今日もマルタンヤンマのオスはそれらしき飛び姿を見ただけで探せませんでした。

マルタンヤンマメス・・・3頭は居た。でもマクロで撮れるほどの距離ではなかった。
イメージ 1
イメージ 2

カトリヤンマ・・・今日はなぜか蚊やメマトイが少なく、そのためかカトリヤンマも一頭しか見なかった。
イメージ 3

ナニワトンボ?・・・間違いないと思うがメチャ若?
イメージ 4

以下は久しぶりにシャッターを押したんでなんでもありです。
ベニイトトンボ
イメージ 5

キイトトンボ
イメージ 7

オオアオイトトンボ?
イメージ 8

クロアゲハ
イメージ 6

ヒカゲチョウ
イメージ 9

アオカナブン
イメージ 10
まだまだあるけどここで終わり。

2017年7月15日

わざわざチョウゲンボウってなぜ?という事ですが、たまには鳥の話でもという事です。

豊里の白いチョウゲンボウの場所で二羽。
イメージ 1
イメージ 2

何が言いたいかというと、最近自宅マンション敷地内に二羽のチョウゲンボウが良く入ってくるんですが、もしかしたらこの二羽?という事。
因みに、下の絵は6月末に隣の棟の避雷針に止まっていた一羽です。
イメージ 3

久しぶりの鳥のアップですので、チョウゲンボウだけではさみしいんで適当に撮ったセッカでも。
イメージ 4

ここからトンボの話。
今日の目的は、もしかするとここでもメガネサナエ族が羽化するのでは?と思った、自宅から一番近い橋の下。
やはりここにも抜け殻がありました。これはメガネサナエと思います。
ここでは抜け殻だけだったんでいつもの場所にも行ってみましたが、抜け殻も何もなかった。メガネサナエ族の羽化はもう終わったのではないかと思います。
イメージ 5

そして何かの抜け殻もあったんで写したんですが何だろ?メガネサナエ族よりは少し小さい。シオカラトンボか?サナエ族のようにも見えますが。
イメージ 6

来年はここに通ってみよう、いつもの所とは少し環境が違うんで何が居るかしらん?

おまけのチョウトンボ
イメージ 7
イメージ 8

2017年7月7日

昨日、山の方の公園に行ったけど何も居なかったんで、今日は地元でおとなしくトンボ遊び。
この時期地元ではメガネサナエ族の羽化が見られる。この前はメガネサナエだったんで今日はオオサカサナエが居たら良いなと前と同じ所へ・・・と貼ってみたら足元が写っていませんでした。非常に足場がいい所ですよ。
イメージ 1

10時頃オオサカサナエらしきヤゴが水から上がってきて羽化が始まったが、この状態で力尽きた様子。
イメージ 2

もう1頭が11時頃に足元に上がってきて早々に羽化が始まった。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
そして翅を広げた
イメージ 6
12時頃にアッという間に高く飛びあがって消えて行った。
抜け殻・・・拾い出して写しやすいようにしてパチリ。
イメージ 7

帰り道で撮ったその他のトンボ
ウチワヤンマ
イメージ 8

タイワンウチワヤンマ
イメージ 9

チョウトンボが飛び始めた。
イメージ 10

ショウジョウトンボもいた。
イメージ 11

コフキトンボも多くなってきた。
此処の普通種の発生は通年並みかな?

2017年7月2日


今年初めて有馬富士に行ってきました。
狙いはもう遅いと思ったんですが、まだ居る事を期待してハンノキに発生するチョウチョ。

昼頃に到着したところ、お城の鳥での知り合いさんにバッタリ。
聞くと今年三回目だそうですが、今年は非常に少ないとか。二人で探しましたが結局見つけることが出来ず。

チョウチョ探しの合間に見つけた虫さんです。
アオカミキリ?・・・動き回るんでこんなんしか撮れなかった。初めて見たけどメタリックグリーンできれいですね。
イメージ 1

オオイトトンボ
イメージ 2

コオニヤンマ
イメージ 3
トンボはまじめに探せばもう少し居ると思うけど撮れたのはこれだけ。

チョウチョはというと写せたのはこれだけ。最初は居たと喜んだけど、トラフシジミでした。
イメージ 4

2017年7月1日

↑このページのトップヘ