2017年09月

雨後の今日は雨前より鳥が少なかった。

比較的多かったのが神社裏と桜広場。
その中で神社裏で見つけた私には良くわからん鳥。
キビタキオスメチャ若? ムギマキ若?それとも???
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 7

全部同一個体。なぜか写りはひどいのですがご勘弁ください。
のどがうすい橙色に見えるんですねえ。私にはキビタキメスには見えませんが如何に?

これは誰でもわかるキビタキオス・・・同場所
イメージ 3
イメージ 4

桜広場のツツドリ
イメージ 5
イメージ 6

2017年9月29日

用事が終わった後の15時から淀川探鳥。

なんですかねえ、この時間てスズメさえロクに居なかった。
その中で見つけた物、「鹿に注意」の看板!
聞くと、ネットニュースで一週間前に出ていたらしい。ここ数年鹿が増えすぎているとの話はあるけど、とうとう淀川の下流近くまで現れたとは驚き。
因みに、豊里でキツネを見たとの話も聞いた。生物相が豊かになった?
イメージ 1

昨年はコミミズクもいたと言うし、三年ほど前にはトラフズクもいたらしい(どれも撮っていません)。
今年は注意して見てみよう。その前に、この鹿、大きなオスらしいんで鳥ばかり見ていると危ないかも。

今日の鳥
ふと後ろを見たら居たセッカ、3mぐらいの距離。・・・赤川
イメージ 2

チョウゲンボウ・・・豊里・・・なんか前の白いチョウゲンボウに顔が似ているような?コンデジでも飛び物が撮れた。
イメージ 3
イメージ 4

よく見るけど逃げ足が速いイソヒヨドリ・・・豊里
イメージ 5

2017年9月25日

ようやくノビタキが撮れました。

お城でも、淀川三島江でも海老江でもノビタキが出ているのに、なんでその真ん中のホームグランド毛馬~城北で撮れんの?と、今日は絶対いる筈とムキになって探すことに。

赤川~豊里までを数往復して、毎年おなじみの場所、赤川の砂利広場でようやく見つけました。2時間ほど頑張って撮っていましたが、どうやら1羽だけの様です。それでもいつもと同じ時期にいつもの場所で撮れて良かった。

すごく用心深い個体で近づくとすぐ飛んでしまいます。写真は空抜けばかりですが、証拠ですのでこれでも良し。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

おまけ:毛馬の水路で見た鳥
イメージ 4
帰宅後調べたらバンの幼鳥でした。撮っている時はもしかしたら珍鳥と思ったんだけど。

気を良くして午後からお城に行きましたが、鳥はそこそこ見れたけど写真は一枚も撮れませんでした。
撮る気になれば今日のお城はボーズはありえないぐらい鳥さんは居たけど・・・。

2017年9月24日


今日は淀川河川敷。台風後に何か入ってないかな?と。といっても11時からの探鳥ですが。

工大前に差し掛かると、ムシクイみたいな鳥がアスファルト道路上でピョンコピョンコしているのを発見。
ここは原っぱなんでフツーのムシクイにしては生息域がおかしい、もしかして珍鳥か?と撮りました。

しかし、帰ってきて図鑑とか画像を見比べると、エゾムシクイでしょうね。なんでこんな所にいるの?台風で吹き飛ばされて疲れ切ったんか?
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

ついでにチョウゲンボウも撮りました。
工大の建物の上で営巣したようです。この辺り、チョウゲンボウはやたら見る。(写真は豊里で)
イメージ 4

鳥飼の向こうまで行ったけど、一番探したかった川ではポピュラーな季節鳥は見ませんでした。

2017年9月20日

今日は神社裏が一番良かった。
良かったとは、鳥種が多い、低いから撮りやすいという事。

オオルリオス成鳥・・・神社裏
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

オオルリメス
イメージ 6
サンコウチョウ・・・桜広場下
イメージ 4
サンコウチョウ・・・神社裏
イメージ 5

キビタキオス成鳥・・・神社裏
イメージ 9
エゾビタキ・・・修道館裏
イメージ 7

コサメビタキ・・・修道館裏
イメージ 8

2017年9月18日

↑このページのトップヘ