2019年08月

今朝起きたら晴れてたんで、雨が降る前にチョイ見に行こうとお城へ8時頃到着。
そろそろキビタキ、オオルリの♂成鳥が見れないかなあと会う人毎に話が出るが、今日も見たという人はいなかった。しかし帰宅間際にキビタキ♂の証拠写真が撮れました。

最初にいつもの飛騨の森から。
キビタキ♀の若?をすぐ発見。胸が汚い。
P1060200

配水池にエゾビタキが居るらしいんで探したんですが撮れたのはコサメビタキ。ヒタキ類と思われる三羽ほどが曇天かつ高いところばかりを飛び交ってるんで、双眼鏡で見ても何かわからない。あきらめです。
下に降りて来たコサメビタキ
P1060218

そうこうしているうちに天気が怪しくなってきて、帰る前にも一度飛騨の森に寄った。最早誰もいない。ユキヤナギの所で見たエゾビタキを撮ろうとしていると、キビタキ♂発見。今シーズン自己初物です。すぐにどこかに行ってしまった。
P1060249

キビタキを撮ってる時に雨が降ってきて、今日はこれまでと帰宅したらまた晴れてきた。雨雲予報では昼から雨になっていたんですけどね。

その他耳に残った話。オオタカ♀?を西の丸から飛ばしたとY野さん。桜広場では多分ご新規到着と思われるコルリ♀をチラ見。なお、エサの虫が購入できないとの事で餌付け写真は無理なようです。ムシクイ、キビタキ♀は各所でチラホラ。トケンも最近数名が見てるとの事。常連さんとの話では明日に期待となった。

まだ夏なんですが秋の渡りが順調に始まってるんで今日もお城へ。
飛騨の森から配水地をざっと見て神社裏に行くと、今日は此処が鳥の活性が高い。そしてお会いした山男さんがサンコウチョウが居るでとの事。更に進むと数人が探していて、一緒に探すとすぐに見つかった。
背中の色が茶色で♀と思われる。しばらく撮ってると更にもう一羽。撮りやすい位置ですがうまく撮れません。
サンコウチョウ(見た範囲では二羽とも♀,、上の写真の個体はホイホイと一回鳴いた:秋に鳴き声を初めて聞いた)
P1060074T
P1060154T

そうこうしているうちに修道館裏で撮ったという鳥の確認依頼があり、モニターを見せてもらうとオオルリ若。すぐに撮りに行きましたが出てこない。ずーと待ってようやく証拠写真。
P1060143T

その他
さくら広場のコルリ若
P1060029T

神社裏のエゾムシクイ
P1060166T

神社裏のセンダイムシクイ
P1060176T

それにしても最近酷い写真ばかり。どんなカメラで撮ってるん?という事ですが、ルミックスのDMC-FZ300.大阪城で一番人気のコンデジです。暗い所でもコンデジにしてはピントがかなり早いことが売りのカメラ。それにしても使いきれてないためか?こんなのしか撮れてません。

高校野球が終わるともう秋の走りですね。実際あれほど酷暑だった気温がここ数日グッと下がってきてます。
M山さんなどのブログ情報と天気予報から、そろそろコルリ♂が撮れる筈とお城へ行ってきました(実際は甲子園の準決勝と決勝を見に行っててお城に来なかっただけ)。
8時半ごろからいつものように飛騨の森から廻り始めると、T将とNちゃんにバッタリ。鳥を探しもせずダベッてるとコルリ♂二羽の情報。探しやすそうな梅林のほうで探していると、女性バーダーがコルリ♂を発見。お陰様でやはり今日撮ることが出来ました。
さくら広場から石垣下・・・尾羽を広げてる。
P1050769T
梅林石垣から
P1050783T
さくら広場・・・午後には皆が撮れるようになってました。
P1050868T

コルリ♀・・・飛騨の森・・・ずっと前から居る個体?
P1050835

コルリ♂が居るというが撮れない神社裏で
コサメビタキ
P1050811T
ムシクイ・・・三羽以上は居た。
P1050822T

例年通りのパターンで、あと数日でコルリのピークを迎えるように思います。




関係ないけど盆休みが終わったんで、今日はコルリが撮れる筈と決めて9時半に久しぶりにお城へ登城。
飛騨の森を廻ってから桜広場に行くとM山さんにバッタリ。お城の秋の渡りが始まったでと。コルリは桜広場に♂♀各一羽、その他センダイムシクイとか数種お聞きしたが忘れました。
魚屋さん、Y田さんが居る場所でコルリが出て来るのを待ってると、T将、Y野さん、Iさんなど常連の面々がやってきて久しぶりの挨拶。話を合わせると、コルリは桜広場に♂1、♀2、飛騨の森で♀1、配水池に若♂1となった。今日でもう5羽!。秋の渡りが始まりましたね。

で、どんなのが撮れたん?という事ですが、あまりにも酷い。まあ超証拠写真という事で。
P1050587
P1050582

きれいなコルリ♂も見たんですが、チラ見だけで以降全然姿を現さない。他所のコルリも同じようなもんらしいです。此処ではセンダイムシクイも見たんですがこれも見ただけ。皆さんもオオルリらしき鳥、ムシクイなどを見ただけでほとんど撮れてないようです。そして雨が心配で昼過ぎに帰宅。お城の秋の渡り第一日目でしたが、予想が当たりそれなりに満足としよう。


伊吹山に行ってその表題はなんや?となりそうですが、そうするしかない結果に終わった。
本来、伊吹山の鳥と言ったらイヌワシの筈ですねえ。皆さんの記事を読むと、撮った!と嬉しそうに書いてますが、今回のようなみじめな話も見て笑い飛ばしてください。

ここ数年、夏になると鳥の撮影には行く気が無くなるんで、今年は思い切ってツアーに参加してみました。行先は涼しい筈の伊吹山で、8月5,6日の一泊二日の撮影旅行。自分で行くより2倍強の資金投入で、これなら行かざるを得ないですからこれで良し。

撮った鳥さん
ホオジロ
109A1765

霧の中のマミジロ
109A1853

来たーと思ったらトビ
109A1789T

遠ーいカケス
109A1812T

薄霧で良くわからないけど白く見えたのでハイタカとした。本命ではありません。
109A1866T

そして本命はどうだった?という事ですが、2日共1回だけ1km?以上先をスーと飛び去るそれらしき鳥を見た。大トリミングしてコレ・・・本命に間違いないようですが・・・。
109A1895tt

その他、鳥待ちの間に見たトンボなど
ミヤマサナエ
109A1805

アキアカネ
109A1820

シカ・・・お花畑の花を相当食い散らしているという。
109A1785

ネットを見ていたらこの山に特有のチョウチョもいるとの事で期待していたが、鳥の本命がサッパリでそのチョウチョを探しに行けずに終わった。


↑このページのトップヘ