たまには違った鳥を撮りたいと、ボーズはほぼ無いであろう武田尾のヤマセミに。
6時35分に駅着。少し明るくなり始めている。赤い橋付近には居なかったので上流へ行くと電線止まり発見。でも陽が差し込まないんで暗いんですねえ。ボケボケ量産。でも50分ほど遊ばせてもらいました。
ヤマセミ
109A6300
109A6355
109A6253
109A6378
109A6396
109A6405
109A6439
下流にやってきた。
109A6507
また電線止まり
109A6512T
この後更に下流に飛んで行って、再発見するも飛んで木の中に入り込んで万事休す。
その他の鳥を探しました。
鳴きながら飛んできたアカゲラ
109A6533T
ルリビタキ♂と♀タイプ(多分若♂)
109A6545
109A6540

一つもまともに撮れない。道具(キャノン7DMk2+Σ150~600)が悪いのか、腕が悪いのか?鳥撮りに関して、この頃すざましい勢いでソニーの道具に代わってきていて、キャノンとかニコンを新規購入している人を見たことが無い。そりゃ両社のカメラ部門は凋落するわけだ。それで皆がソニーにしてるという事は、腕ではなくやはり道具という事にしておこう?