2009年05月11日

劉岱と王忠 やられ役コンビの真実

書き手:赤龍

今回紹介する二人は、演義でやられ役として出てくるパッとしないコンビ(笑)

徐州で独立した劉備を討つべく、曹操に命じられて派遣された両将。といっても、味方からも「あの二人じゃダメでしょ」と言われる程度の情けなさ。曹操も「袁紹を討つまで劉備を抑えてりゃいいよ」と、はなからアテにしてない模様。案の定、関羽と張飛に敗れ、張飛には乱暴者のイメージを逆手に取った計略にはめられる始末。見事に劉備軍の引き立て役として、雑魚っぷりを見せつけてくれます(笑)

この二人、演義にありがちな、引き立て役兼やられ役の架空の人物などではなく、それどころか、史実でもしっかりコンビで劉備討伐に失敗しています。

では、史実ではどのような人物だったのか?順に見ていきましょう。

まずは劉岱。

演義では、かつてのエン州刺史で、反董卓連合にも諸侯の一角として参加してたと説明されます。
実はこの劉岱、エン州刺史の劉岱とは全くの別人。エン州刺史の劉岱は、青州黄巾軍と戦い戦死したと、武帝紀にもはっきり書かれています。
同姓同名の別人というわけですが、さらにややこしいことに、字(あざな)までも同じ「公山」。字で呼んでも「劉公山」と区別できないんですね。記事書いてる私にも、厄介この上ない(笑)

この劉備に負けた方の劉岱、彼の素性は、注の『魏武故事』のわずかな記述が残るのみです。ちくま訳から全文引用しますと
「劉岱は字を公山といい沛国の人である。司空長史として(曹公の)征伐につき従い、功績があったので列侯に封ぜられた」
ホントにこれだけ。

このわずかな記述で注目したいのが、出身地。沛国といえば、曹操の出身地。同郷人。なので、結構はやくから曹操に仕えていた可能性もあり、同郷人として曹操から親愛されてたかもしれません。ただの雑魚なんかではなく、曹操の信頼する腹心だったかもしれないですね。



さて、相方の王忠。

彼は劉岱と比べると、随分史料に恵まれてます(といっても少ないですが)

注の『魏略』によると、雍州扶風郡の出身。
若い頃、亭長になりましたが、おそらく董卓死後の大乱の頃、関中は大いに乱れ、仲間を連れて荊州方面に避難しようとします。
しかし、彼らの前に、劉表と結び荊州で勢力を伸ばそうとする婁敬が、王忠一行を吸収して勢力拡大せんと現れます。王忠はそれを拒み、婁敬軍を撃退し、武器を奪い、千余の軍兵を集め、結局曹操に帰順する道を選びました。

演義では、敗れた挙句、劉備に懐柔されてのこのこ戻って、曹操を怒らせ、追放。以後作中から消えてしまう二人ですが、王忠はその後もしっかりと曹操に仕えていた記録があります。それも、かなりの地位で。

ここで、前回チョロっと触れた『三国鼎立から統一へ 史書と碑文をあわせ読む』(研文出版、2008)収録の、井波陵一「漢から魏へ −上尊号碑−」から(反省してちゃんと読んだんですよ)

曹丕が禅譲を受け即位する時に、群臣が即位を薦めた上表。それを石碑に刻んだのが「上尊号碑」なるものだそうです。本文自体は、裴松之の注に載せるものとほぼ同じそうですが、注では省略されてる、これを奉った46人の名もしっかり列記されています。

井波氏は、その序列に注目します。
まずは、華キン、賈ク、王朗の三公の三人。続いて、一門の重鎮車騎将軍曹仁。まず妥当な順序でしょう。問題はこれから。劉若、鮮于輔、王忠(軽車将軍、都亭侯)、楊秋、閻柔と続き、その後、曹洪、曹休ら一族、張コウ、徐晃ら軍の重鎮、九卿の面々、と続くわけです。文武の高官を飛ばして、王忠を含む、場違いに最初に入り込んだ五人のグループ。
これを「文帝曹丕との個人的な繋がりの深さによって前の方に置かれたのだろうか」と推測されています

かつて投稿した「曹丕悪行録」という記事で、王忠がかつて飢餓のため人肉を食ったことを、曹丕がネタにして笑いものにした事件を紹介しましたが、これも「プライベートな親密さを印象づけるもの」と好意的に(笑)解釈しておられます。

王忠の地位の高さを示す地位は他にもあります。
曹操を魏公に推挙した群臣達のメンバー。
その列挙された人々は、順に荀攸、鍾ヨウ、涼茂、毛カイ、劉勲、劉若、夏侯惇と続き、その次に見えるのが「揚武将軍、都亭侯王忠」
賈クやら、程イクやら、曹仁、曹洪など錚々たる面子は皆その後の方に出てきます。
この順序が、即地位の上下、序列に反映されるとは決めつけられませんが、曹操じだいでも、やはり王忠の名はかなり前の方に出ています。

官位剥奪の上追放どころか、実はしっかりと出世し、かなりの地位の将軍だったんですね。

こうして二人の限られた経歴から推測すると、劉備討伐に彼等が選ばれたのも、信頼すべき同郷人と、これまた信頼厚い武将。身内的存在の譜代の将に、私兵団を率いてた実績のある外様の軍人をつける。間に合わせの雑魚どころか、それなりに考えられた編成だったと思われます。そして、それを見事防いだ劉備も、また軍事的手腕を評価するべきでしょう。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 飛燕   2009年05月14日 00:35
コーエーの三国志シリーズでも使えん武将の二人ですけど、こうして見ると意外にそれなりに評価されてた人物だったんですね。やっぱり注意深く史書は読まないといかんですね。反省します…

それにしても三国時代の碑文とかあったんですね。そういう出土史料系は少ないもんだと思ってました。長沙の走馬楼簡とかそん位だと思ってました。

近年では魏晋・隋唐代では出土史料の解読研究が盛んで、これらの新史料から旧説を見直そうとする傾向にありますけど、まだそこまで本格的じゃないです。
昨年度のゼミでは唐の藩鎮時代の墓誌文読みましたけど、『舊唐書』などの編纂史料に記されてない事がたくさん記録されてて、面白かったです。すごい大変でしたが(汗)

だからその赤龍さんの本、碑文から『三国志』を検討するんですよね!すごく面白そうです!!ウチの先生は走馬楼簡の解読を試みてるんですが、時々授業中でその話をして、やっぱりそこには『三国志』等には記されていない、意味不明の行政用語が出てくるみたいです。
出土史料って大変ですけど、色んな事実がわかって面白いですよね!
2. Posted by 劉   2009年05月15日 23:47
5
覚えていらっしゃらないと思いますが、昔三国志博物館でお世話になりました劉です。

陰ながら応援しておりました!

今回コメントをした理由が、是非読んで欲しい本があります。『三国志男』という本をご存知でしょうか?

赤龍さんが読むような本ではないと思いますが、是非一度目を通して頂くと嬉しいです。

内容的にはあまりよろしくないのですが、中国にある三国志の遺跡や石碑についてコミュカルに書いてあります。

3. Posted by 赤龍   2009年05月18日 00:31
飛燕さん、いつもコメントありがとうございます。
やはり、大学での講義や研究なんかも、最近は出土史料なんかをふんだんに使うような流れになってるんですね。
私の大学時代の先生も、飛燕さんのとことは逆方向、三国志より前の秦漢の簡牘を研究されてましたが、史書なんかには出てこないような、行政の末端、当時の生活に密着したような内容で、特有の面白さがある反面、理解するのがとっても大変でした。

ちなみに、私は自分の研究では全部文献史料のみを用いて、出土史料には一切手を出しませんでした(笑)
4. Posted by 赤龍   2009年05月18日 00:44
劉さん、ちゃんと覚えてますよ。

『三国志男』の話ですね。そこら辺は、私も抜かりはないですよ(笑)
既にチェック済みどころか、ちゃんと購入して、ここでも記事にしてますから。
http://blog.livedoor.jp/amakusa3594/archives/50565353.html

記事の方でも書きましたが、私はあの内容を「よろしくない」なんて思ってないですよ。むしろ、相当楽しめ、そして感心しました。三国志は、楽しむことが何より大事と考えてる私には、作者の三国志への愛が伝わってくるのが、特によかったですね。
5. Posted by 諏訪   2009年05月19日 01:09
ブログ更新していたのですね。しばらく覗いていなかったので、気付きませんでした。

私は、王忠らは客将扱いだったと考えています。
劉若は経歴不明ですが、鮮于輔・閻柔は幽州の有力者ですし、楊秋は韓遂・馬超らとともに乱を起こした関中の群雄、劉勲は元袁術配下で、袁術死後は自立して群雄となっています。
彼らの立場は、かつては一方の群雄であり、後に曹操に降った張繍・張燕・張魯らと同じで、曹氏の純然な家臣ではなく協力者という立場だったために、前の方に名が置かれていたのだと思います。

劉備を漢中王に推挙する上表文の筆頭に馬超の名があるのも、同様なことではないでしょうか。
6. Posted by  ミラ   2009年06月05日 11:00
5 こんにちは
レベル上げのお手伝いいたします。

三国志のレベル上げについて
詳細はi-ikusei@live.jpまでメールお願いいたします。

お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
〜*〜♪ 〜*〜♪ 〜*〜♪ 〜*〜♪ 〜*〜♪ 〜*〜♪ 〜*〜
ご質問などがございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先:i-ikusei@live.jp
7. Posted by 出会い系サイト   2009年11月25日 12:44
5 お疲れ様です♪
おちゅかれ^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事内容
月別記事