佐藤隆生IP研究所(旧・ 屋根の興研) 所長のぶろぐ

札幌の雨漏り・スガ漏り防止工事専門会社 「屋根の興研」の5年間保証を引き継ぎ、特許開発を行っている所長のブログ
これまで同様、無料にてご相談をお受けし、皆様のお宅の雨漏り緩和に少しでもお役に立てばな…と。

『スカットインシャワー』特許取得。

仕事が忙しく長きにわたりブログの更新が出来ませんでした。
今回うれしいお知らせをしたく再開いたしました。
10月18日特許庁より私の融雪工法を特許認定するとの連絡を頂きました。
20090224
20090224-3
20090224-4
20090224-5
スカットインシャワー融雪実験

エコシャワーSU(大)
進化させたエコシャワーSU150

温水を雪と衝突させ、融け出た融雪水を滞水させず即、排水させる融雪工法です。
雪を融かす熱と融け出た融雪水が交わらない接触させない融雪工法です。
3分の1の熱エネルギーで同じ重さの雪を融かします。
1時間要した時間、10分でOK。30分かけて割った氷(厚さ20臓砲
3分〜5分で融かします。(YouTube動画・秒速融雪・氷バージョン´
ほかのどんな融雪機でもこの様な事は出来ません。
更なる開発の為、専用実施権を譲渡致します。

秒速融雪「エコシャワーSU-B」

エコシャワーSU(B) 001





今回発表のエコシャワーSU(B)
間口1,020奥行き700深さ150
ノズルの数は手前に4本、左右に各2本づつの合計8本です。
材質は全てSUS304仕様で、厚みは1世ら1.2世任后
エコシャワーSU(B)の開発は、既設の設備として給湯(ボイラー)
及びポンプがある事業体を対象
としました。ガソリンスタンドの
門型洗車機からホースを取り付ける事で安価な融雪機と変貌させました。
問題は消防法でした。予防部の指導課からコンクリートを掘削しない。
電気を使わないという点が評価され、届けるだけで「OK」を頂きました。
もう一つ、下水道施設部、排水指導課からも考えられる注意点として、
ガソリンスタンド内の融雪処理時の油膜問題に対しても
その温水量を考える時、門型洗車機と融雪機を同時に使用出来ない為、
こちらの方も「OK」となりました。又、
噴射能力等の事も考慮して、ノズルの口を閉じた封印ノズルも付けています。
およそ30万円前後にてご提供できる物と考えます。

只今、このエコシャワーSU(B)の販売に関してご興味のある方を探しています。
特許は今年の5月から6月にかけて認可されるものと確信しています。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .


屋根張替え工事

前にもプログに載せた気の毒なお客様のその後ですが、
屋根を剥がさずに15ミリの断熱材(スタイロホーム)を敷いて
ルーフィング・コーキング等しっかりとし、屋根を葺き替えました。
もちろん工事費は勉強させていただきました。
屋根張替え前屋根張替え前−2屋根張替え後





天井落下後の処置天井張替え後2Fの天井はかなりひどい状態で、天井の大工工事は予定の2倍近く掛かりましたが、「お客様の暖かい心遣い」
に接し、大変恐縮した次第です。今回の工事は色々な面において、
『心こそたいせつ』である事を深く感じる事が出来ました。
本当にありがとうございました。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .


軒先簡易融雪屋根のすが漏り

軒先の鉄板を切り三角の構造体の中にヒーターを入れて
雪を受け止め、雪を融かす融雪屋根があります。
理に叶った優れものです。
しかし、今回の構造体は似ているのですが、ちょっと違いました。
水の集まってくる排水口近くで鉄板を接続していました。
10年前後はいいのですが、その後、必ずシーリングが劣化します。
それがこの写真です。






排水口を中央の1ケ所にしたので鉄板の接続位置がこのようになりました。
排水口は一番谷側に、鉄板の接続位置は山側にしなければ
後々この様な事になります。
ただし、このままシーリングしても又同じことが起きます。
紫外線の劣化からシーリングを守る工夫が大事です。
今回の写真はすが漏りの原因を特定したものです。
みぞれ等で水位が上がって上のシーリングの裂け目から融雪水が浸入したものです。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

今日の見積もり現場

今日お伺いしたすが漏りの現場は、
ダクト内の排水口の氷結による漏水事故でした。
本当に今年の冬の寒さはこうしたトラブルが
至る所でありました。
ヒーターを設置しタイマーで制御すると
維持費の電気代が三分の一に安く済ます事が出来ます。
100_3836





このような事故は前にも書きましたが、火災保険の特約事項
『給排水の凍結による漏水事故』に当たり、保険が適用されます。
知らない人が結構いらっしゃいます。
雪害とは違います。
雪害は屋根がつぶれたり柱が折れたり構造体の損害をさします。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

すが漏りで天井落下!その後の処置!

3月13日に投稿したお客様の続編です。
『天井が落ちました!』との電話がありました。
それがこの2枚の写真です。
グラスウールの露出は健康に良くないので、
室内に入らない様に、又、シートでふさいで頂いています。
本当にひどい話です。
天井落下天井落下後の処置






(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

軒先以外でのすが漏り

普通すが漏りの発生場所は(落雪する三角屋根)
外気に触れて厚く氷結する軒先がほとんどです。
今回は軒先よりかなり上の屋根面で発生しました。
原因は屋根構造にあります。
天井裏の鉄板下の木板は写真の通りぐっしょり濡れています。
何年も前から繰り返していたと思われます。
野地板が傷んで屋根の上を歩くとぶよぶよしている屋根に
出会う事があります。そうした原因となる写真です。
軒先以外のすが漏り





天井と屋根の勾配からかなり奥で、すが漏りが発生している事が
ご理解できるかと思います。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

後載せパネルヒーター「スカットヒーター」

『良いみたいですね!』
様子を見に来ましたとお伺いした時の
お客様から頂いた言葉でした。
手前の雪も融かしましょうと申し上げました。
勿論電気代は同じです。
これが「スカットヒーターの特徴」なんです。

スカットヒーター





(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

すが漏り事故!あまりにもひどい話でした。

昨年の7月に中古物件を購入したとの事でした。
今年の2月すが漏りが発生!
しだいにひどくなり、1階の台所まで漏って来る有様!それがこの写真です。
CIMG0591CIMG0592CIMG0593





屋根の雪をとりあえず降ろしました。
穴だらけでした。
購入時、すが漏りの跡を発見し、たずねたそうです。
『治しています』との返事があり、安心して購入!
ところがペンキは14〜5年以上塗った様子は皆無
鉄板は穴だらけ、屋根の先端はさびを乗り越え腐っています。
仲介の業者はテレビで華々しく宣伝している業者でした。
担当者いわく『ひどい所は天井が抜けて落ちて来ます』と、
まだ良い方だといわんばかりの言い方だったそうです。
こうした無責任な会社ぐるみの業者が純粋な消費者を食い物にしています。
けして、お客の目線に立とうとはしません。責任回避のみです。
そして、お客様より昨日「すごい音と共に天井が遂に落ちました!!」との
電話がありました。
中古物件の購入時、専門家の立会いや助言を受けていれば・・・
何とか力になれたらと思っています。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

馳(ハゼ)カバーで紫外線を防ぐ!

すが漏りの原因は?!
鉄板に穴がない限り普通、融雪水は室内に漏れてきません。
結露は別として!
問題は鉄板の接合部です。
この接合部でシーリングのひと手間を抜く為、発生しています。
表からシーリングをしても太陽光線(紫外線)で劣化します。
そこで私は馳カバーを考えました。
判りやすく馳の部分に乗せてみたのが下の写真です。
実際は馳カバーの中にコーキングを入れます。
鉄板を張り替えずに安くすが漏りを長期間防ぐことが出来ます。
ホームセンターに行って鉄板をカットしてもらい
ご自分で曲げてみたりしてされるといいと思います。
ただし、鉄板のカット部分で手を切らない様にヘラでなぞって下さい。
雨漏り・すが漏りのご相談に応じます。勿論無料です。
お役に立てればと考えています。
中には屋根の写真などメールで送っていただく方もいらっしゃいます。
馳カバー





(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

今年の雪は2階の窓まで!

緊急のご依頼でした。
2階の窓まで落雪で暗くなっていました。
迷惑防止の防護フエンスの上を雪が乗り越えそうでした!
均等に雪を処理!これ以上雪を投げるところがありません。
こんな事は今まで無かったそうです。
とにかく今年の雪は大変です。
2階の窓まで雪が





(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

給水管の凍結事故でした。

屋根の塗装で仕事をさせて頂いたお客様から突然の電話でした。
お風呂の水道管が凍結して水が噴出し大変なんです!!!
取り合えず伺うと混合栓の片方から噴水状態でした。
ネジ部の所から断裂していたのです。部品を交換すればOK。
ホームセンターから購入して設置しました。
屋根屋が配管工事です。でも頼られると言う事はありがたい事です。

浴槽蛇口の交換 (1)浴槽蛇口の交換





浴槽蛇口の交換 (2)





(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

私の考えた屋根融雪システム

回路ごとに秒速に即熱する屋根融雪システムです。
面積が多くなれば戻る時間が長くなるだけの融雪システムです。
つまり、電気代は面積が変わっても同じです。
これまでのルーフヒーターは屋根材の下にありました。
この融雪システムのヒーターパネルは屋根の上に載せるだけです。
戻ってくる時間の間に積もった雪を融かす『融解潜熱』があるかどうかです。
8時間に20センチの降雪に対して融雪能力を実証しました。
しかし、更に温度センサーをパネル毎に埋め込むなどして進化させます。
写真は秒速(60秒)ごとに切り替えて融雪させているものです。
鉄板で被覆されていません。蓄熱性と断熱性に特徴があります。
だから熱効率が抜群なのです。
特許出願済みです。
























(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

落雪

今年の冬は本当に『シバレマシタ』普通の寒さでは無く
かなり厳しい寒さの事を言います。
降った雪が融けません !
つまり、プラス気温が無いのです。
したがって降り積もるばかりです。
そこに急な暖気や雨が来ると雪止めの許容を超えてしまい
キケンな『落雪』が発生します。
雪国では雪はとても怖い「凶器」でもあります。
写真は伸びきった鉄の棒です。通常はフック状態です。
雪の重みで延びた鉄のフック





落雪により傾いた隣家の物置です。
幸いなことにこれ以上の事故は無く不幸中の幸いでした。
本当に怖い事故です。
傾いた隣接の物置





(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .


排水パイプの凍結で壁から水漏れ

今日は天井からの水漏れでは無く壁を伝った
水漏り事故(すが漏り)です。
壁の開口部である窓や壁まで貫通した手すりの
金具から漏水が見られます。
この原因は無落雪屋根(スノーダクト)の
排水口である自在ドレンが
今年の異常な寒波により氷結し、暖気により
融け出した融雪水が壁の中に水の通り道を作り
見える形となったのが今回の写真です。
中には表に出てこないで長年の時間を要する内に
内部から腐ってしまうこともあります。
ビフォーアフターの番組でよく見かけますネ。












(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

夜中にすが漏りの電話が !

夜の7時半頃、緊急の電話でした。
一人暮らしのおばあちゃんの寝ている天井からすが漏りが・・・
伺うと電気が消えています。
懐中電灯で迎えてくれました。
部屋に入ると6箇所に鍋や洗面器やボールが置かれて
雨漏りを受けていました。
照明器具の線を伝って次々流れ落ちていました。
漏電が心配なので照明器具をはずし、
とりあえず、水の落ちる面をビニールのゴミ袋で受け、
糸に伝わらせて、はねない様に処理しました。
それがこの写真です。
照明器具漏水集める





(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .


すが漏りではありませんでした。

すが漏りと言われてお伺いすると・・・
家の構造と生活環境などから、また私のこれまでの経験などから
今回の漏水事故の原因は
『結露』と判断させて頂きました。
『結露』は家屋内の湿度と外気の温度差から発生します。
『結露』の発生を単純に説明すると寒い外から
暖かいラーメン屋さんに入ったとします。
ネガネが瞬間に曇ります。これが『結露』です。
また、冷えたビールをコップに注いだ時、コップの外に水滴が出来ます。
これが『結露』です。
コップの中のビールは徐々にぬるくなって結露は収まりますが、
外気はそうは行きません。
また、室内のストーブが排気管のない移動式のポータブルタイプの
場合、灯油1箸鯒馨討垢襪反(湿度)1箸発生します。
窓ガラスに結露水が垂れて来ているはずです。

結露






(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

横葺き屋根の悩み

積雪の悩み





雪下ろし





この様な谷部で落雪方向がぶつかる時、(合成力)となり、
たとえ横葺き屋根であっても落雪しません。
屋根の上に載せるだけの融雪ヒーターを開発中です。
この写真の様な横葺き屋根に対して、屋根半分の面積を
融雪するランニングコスト(1カ月の電気代)を約5,000円
前後で解決出来る屋根融雪ヒーターを提供すべく努力中です。
長尺鉄板では成功しています。
近々ブログで発表しますのでご期待下さい。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .





すが漏りの被害

すが漏りの被害





すが漏りの被害





軒先を三角形状にして鉄板の中にヒーターを
設置した融雪屋根でした。
軒先の漏電により排水パイプが氷結し
横葺き鉄板から融雪水が室内に!
天井・壁に漏水したのがこの写真です。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

保険適用(火災保険)の排水パイプの凍結事故

排水パイプが凍結してひびが出来水漏れ事故となりました。
排水パイプドレンの凍結事故





左側にツララが出来ています。
屋根の上ではダクトの排水パイプが凍結して融雪水が
自在ドレンの入口で溜まっていました。
パイプのひび割れから室内に落水したのがこの写真です。
火災保険の特約事項「給排水の凍結による損害」に当たる為、
保険適用されました。
知らないお客様が結構多いです。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

屋根の雪降ろし

今年の冬は寒さが厳しく+気温が無く雪は降り積もるばかりでした。
これは札幌市に隣接する江別市大麻の1月9日の屋根の写真です。
屋根の雪





窓の下まで雪に埋もれています。
コンパネでガラスの安全処置をしてから降ろします。
安全処置





降ろした後の写真です。
勿論!このままでいい訳ありません。
屋根雪降ろし





庭の隅に雪を移動しました。
窓周りの雪撤去






(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com

冬にも雨漏り…?

こんな2月、真冬でも、
こんなに冷え込んでいても、
“雨漏り”します。
しかも今回は横葺屋根です。



屋根に雪が無いのに何処から漏るのか?

冬の雨漏り





ご覧のように乾いた屋根ですが、
トントン叩くと水が出てきます。
鉄板同士の“つかみ”に水が入り込んでいます。

でも、原因として考えられるのはココではなく…




冬の雨漏り





こういった、コーキングの劣化により
吹き付けた雪が融けてこの隙間から浸入するケースが多いのです。

実際、横葺の屋根だと原因の特定が難しいです。
ですが、そこは長年の経験が生かされる部分かと思います。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com

すが漏りです…

すが漏り4連発です。


先のブログで
雪の重みで…と書きましたが、
今回は屋根に雪が少なくても起こる
すが漏り事例です。


DSC00017





写真の様に、軒先が凍っています。

DSC00010





勿論ただ凍っているだけでは
漏れてきませんが、
軒先から約30cm位上の方では
ご覧の様にプール状態になっています。

通常屋根は雨風は防げても、
完全防水ではありませんので、
長い時間これだけの水分があれば
小さな隙間を通って浸入する事もあります。

今回は片流れで、勾配もとても緩く
より一層雪・氷が残りやすい条件のお宅でした。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com

すが漏りです…

今回もすが漏りに関する事例をご紹介します。



今回は、毎年雪が多く気温も低い
岩見沢のお客様のケースです。

DSC00006





写真の様に膝上位まで雪が積もっております。
ですが、よ〜く見ていただくと
雪の最下部、屋根の鉄板と接している面が
生活熱によって融けて、水気を含んでおります。


DSC00005





こちらの角度からの方が判り易いでしょうか?
これだけの雪が積もると、重量もかなりのモノです。
その重量によって、鉄板同士重なっている部分が重さによりわずかに開き
吊子のシーリングの手間を抜いた隙間から溜まった融雪水が浸入してきます。

屋根の傾斜が緩い屋根に多い、すが漏りの一つです。

応急処置として、アルミテープや馳テープを貼る業者さんもおりますが…
当社では紫外線に強いシリコンコーキングにて対処しており、更に、
紫外線の劣化を防ぐ一工夫の施工も考案し五年間保障を付けて
自信を持って作業しております。



(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com

すが漏りです…

今回は「すが漏り」に関する事例を。

通常、三角/片流れ屋根以外には
ダクトがありますが、このダクトに
ゴミが詰まったり、排水パイプが凍ってしまい
雪解け水が溢れ、すが漏り(夏は雨漏り)の原因になることが多いのです。


DSC00018





いつも通り屋根に上がり、
雪を掻き分けダクトを探し出します。


DSC00013





ゴミの浸入を防ぐ為に置かれた木製のスノコが腐り、
排水口(呑み口)にダムを作ってます。

DSC00037






こうなってしまうと、
常に呑み口の周りには水がある状態に。
腐食の原因になり、いずれ穴が開き
水が浸入してくるケースが多いです。

こういったケースの場合当社では
呑み口付近のコーキング打ち直しを中心に
屋根全体の腐食具合などを確認します。

そして、再度スノコ設置による雨漏り/すが漏りを防ぐ為にも
当社商品の「つまらないものですが」をお勧めしております。

tumaranaimono-3



(商品詳細はココをクリックして下さい)


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com

すが漏りです…

ブログの更新は休めても、

すが漏りは待ってくれません。


連絡を頂き、お客様の所へ向かうと

すが漏り




ご覧の状況です。
隣接する部屋にも、天井を伝わり大変な状況に。
屋根に上ってみると,,,

すが漏り





ダクトがオーバーフローしておりました。
呑み口を探し、氷を割り水を流してみると

すが漏り 007





呑み口の周りは、パイプを伝う生活熱により融けていましたが周りが凍り、水を塞き止めていました。
こういう場合には、排水ヒーターがあると防げたかも知れません。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com

移動式 エコシャワーの全景?5

100_2073


写真の奥のほうにある、

光り輝いた箱状の物。


これが、移動式エコシャワーです。

その奥にボイラー庫と、タンクがあります。

100_2047





実際の使用風景も非常にコンパクトです。

100_2058100_2072





これで、動画の様に融けるんです。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

移動式エコシャワーSU5

先のブログにも書きましたが、

雪害の一つに除排雪の問題があると思います。

そんな除排雪の問題を少しでも解消できればと考えた一つに
「エコシャワー」があります。

今までの融雪機の概念を覆す画期的な商品をと、
研究・開発し、その様子は過去のブログ等でも
お見せ出来たかと思いますが、

設置場所等の問題でなかなかご購入に踏み切れなかった方もいらっしゃるのでは…







そんな皆様、お待たせ致しました。

“移動式 エコシャワー”です。









動画は既にご購入された方にお願いして撮影しました。



今までの移動式の融雪機と

「移動式融雪器 エコシャワー」

その融け方、比べてみてください。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

ご無沙汰しております。

多忙と体調不良の為、
半年近く更新が滞っておりました‥
申し訳ありません。

そんな中、毎日多数のアクセスありがとうございます。

書きたい事は色々あるのですが、
それは順を追って更新したいと思います。


北海道は例年に増して

雪の量が多く、色々な所で雪害が発生しております。
DSCF4637





これは、当社事務所前の様子です。
札幌市内に限りませんが、
ちょっと路地に入るとこの状況です。

この様な除排雪の問題や、

落雪、雪屁の落下、すが漏りもその一つ。
そんな雪害を少しでも解消できればと
日々頑張っております。


次回更新で、その頑張りの一部を
お伝え出来ればと、思います(笑)

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .

青森市でツララカット工事。

青森ツララカット工事青森ツララカット工事青森ツララカット工事





お客様の強いご要望から
津軽海峡を渡りました
,慮従譴亘廟礇侫┘鵐垢
境界でした。

△慮従譴話鷦崗譴卜拈椶靴討り、軒先下が境界でした。
本当にお困りだったと思います。
お手伝い出来た事を社員ともども喜んでいます。

(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com
QRコード
QRコード
訪問者数

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ