1.雨漏りの跡2.ルーフィングの表面が雨のほこりだらけ3.防水テープの施工無し







雨漏りのご依頼から外壁の傷み具合がひどい為、サイディング工事を提案しました。
塗装しても無駄と言える状態でした。
何故!その様な事になったのか?
2に見られる様に壁全体に雨漏りの跡(乾いた後ほこりとなる)
全て3.窓部分の手抜(防水テープ無し)が原因です。
サイディングの材質が雨水を含んで(膨脹・凍害等)発生させたものです。
スタイロ(断熱材)も隙間だらけで適当に張られていました。
4.構造体合板にて全ての家屋面積を箱型にて補強(地震)致しました。

4.構造用合板施工5.窓周りの防水テープ施工と通気シート施工6.ナチュラルレンガの光セラにて施工







雨漏りの原因である5.の窓周りの侵入口を処理し、通気性を確保しました。
外壁6.はナチュラルレンガの「光セラ」です。
吹きつける雨が常に外壁のほこりを洗い流すと言う優れものです

http://www.amamori.com (雨漏りドットコム)
ルーフドクター  佐藤隆生でした